ホーム > サービス > 運営サービス > AI公用車管理 > システムアーキテクチャ

車輌管理情報システム全体はInspurクラウドコンピューティングセンターに架設され、ユビキタスネット、クラウドコンピューティング、モバイル通信、北斗GPS等の先進的技術理念を融合し、強大なTSPデータ処理プラットフォーム及び車輌管理情報システムの資産管理モジュール、費用管理モジュール、運行管理モジュール、監督管理モジュールと統計報告表モジュールを通して、車輌の動態的監視管理と静態的管理等の一連の機能が実現可能となるシステムは車載端末を通して、リアルタイムに車輌の各種静態と動態のデータを取得し、車輌に対して相応の管理を行い、データはVPN無線ネットワークを通して、リアルタイムに車輌管理データプラットフォームにアップロードされ、その後、データに対して相応の処理を行った後、車輌管理に対して相応のサービスを提供する。

システムアーキテクチャ図:

  

システムアーキテクチャはクラウドコンピューティングとユビキタスネット技術に基づき相互結合した技術アーキテクチャであり、Inspurの先進的TSPプラットフォーム技術を採用し、コンポーネント式の認証設計モデルを利用し、動態的認証拡張の便宜を図り、上層応用から独立しており、また統一的ポート基準に従い、多種類の端末や多種類の認証のアクセスと互換性を持っているプラットフォームはビックデータ処理構造を採用しており、メモリデータベース、関係データベース及び分布式データベース技術設計を結合し、異なるデータの差別化ストレージを満たし、プラットフォームのデータ処理速度を高め、百万レベルの端末数量アクセスレベルにまで達することが可能である。

システムトポロジー図:

  

以上のネットワークはシステムがInspurクラウドコンピューティングセンターに配置されているシステムトポロジー図であり、管理が必要な車輌上に取り付けた北斗/GPS互換性型の車載端末を通して、リアルタイムに車輌の運行データを取得し、またVPNネットワークを利用してアップロードして、Inspurクラウドコンピューティングセンターに配置する車輌管理情報システムでもあり、各企業・機関のユーザーは各自のユーザー番号パスワードにより自分が管轄する車輌を管理し、その他ユーザーは権利がないとその管轄範囲外の車輌情報を調べることができなくなっている。