Inspurバーチャル化デスクトップクラウド解決方案-弾力的かつ高効率の企業事務プラットフォームを構築

事業背景

企業ネットワーク規模の拡大と応用の不断の豊富化に伴い、IT基盤施設はすでに企業発展に影響をもたらす重要要因の一つとなっている。企業自身の運営及び多くの関連情報の収集、処理、運用はますます情報技術の応用に頼るようになってきている。企業はますます目標性を持ち個性化してきている製品とサービスを不断に提供することを目指し、顧客はますます多くの顧客を中心とする製品とサービス体験を得ることを期待している。

企業が直面する試練:

数量が非常に多い端末設備

管理コストが高い

効率管理が低い

安全脅威

低資源利用率

解決方案

Inspurデスクトップクラウド方案はユーザーが日常事務を行うデスクトップをバーチャル化技術を通してクラウド端末に移動する。ユーザーは時間と場所を限らず、任意の設備を通してユーザーのデスクトップにアクセス可能で、それによりユーザーの事務効率を高め、またユーザーのデスクトップをクラウド端末に統一的に移動させ、管理職員はユーザーのデスクトップに対して集中的に管理、分配、メンテナンスを行うことができ、それにより管理職員のユーザーに対するIT管理制御を高めた。

スリム端末

スリム端末は私たちが使用するデスクトップクラウドの設備で、一般的には独立性を組み込んだ組み込みOSであり、各種認証を通して運行するサーバー上のデスクトップ設備に接続することが可能で、すでに有する資源を存分に利用するために、IT資産の最大化応用を実現し、アーキテクチャにおいて従来のデスクトップに対する一部改造もサポートし、一部プラグインをインストールし、それによりそれらも運行するサーバー上のデスクトップに接続する能力を持つ。

ネットワークのアクセス

デスクトップクラウドは各種アクセス方式を提供し、ユーザーリンクを提供した。ユーザーは有線または無線ネットワークを通して接続可能で、これらのネットワークはLANであることも可能で、WANであることも可能であり、接続時には普通の接続方式を使用可能であるだけでなく、また安全接続方式を使用することも可能。

クラウドコンピューティング管理サーバー

クラウドコンピューティング管理サーバーは運行中のバーチャル化デスクトップのサーバーに対して配置(例.ネットワーク接続配置、ストレージ設備配置等)を行うことが可能。クラウドコンピューティング管理サーバーはさらに運行時におけるサーバーの一部基礎的性能指標(例.メモリの使用状況、CPUの使用率等)を監視制御することが可能。

身分認証

企業レベル応用解決方案は安全性制御の解決方案を必ず有しており、セキュリティ方案において比較的重要なのはユーザーの認証と授権である。デスクトップクラウドにおいて一般的にはActive DirectoryまたはLDAPのこれら製品を通してユーザーの認証と授権を行い、またこれらの製品はユーザーに対して添加、削除、パスワード設置、役割設定、異なる役割と権限の授与、ユーザー権限の変更等の操作を行うことに便宜を図ることができる。

OSまたは応用プログラム

一部の特定応用状況(例.使用するユーザーがコールセンターの操作員)において、彼らは一般的に同一の標準デスクトップと基準を使用しており、基本的には変更は不必要なはずである。このような状況において、クラウドデスクトップアーキテクチャは共有サービスの方式を提供することによりデスクトップと応用を提供した。このように行うことで特定のサーバー上においてさらに多くのサービスを提供することができる。

応用サーバー

デスクトップクラウド解決方案において、さらに多くの応用方式は各種応用をバーチャル化デスクトップに移動することができ、このようにすれば、顧客はデスクトップに接続するだけで、全ての応用が使用可能となり、まるでこれらの応用をデスクトップにインストールしたかのよで、このようなアーキテクチャの下でユーザーに提供する体験は従来のデスクトップを使用することと完全に同じことである。

顧客価値

デスクトップクラウドの業務価値は非常に大きく、上述した時間と場所を限らないデスクトップへのアクセスを除き、さらに一部の重要な業務価値を以下に述べる。

1、全体のコスト(TCO)をカット

資源を存分に利用していない独立的物理サーバーにおいて、多くの応用は全て運行されており、投資の無駄をもたらしている。Inspurデスクトップクラウドを採用し、ユーザーは自己の多数の応用システムを一つのハードウェアプラットフォーム中に整合することが可能で、投資が必要なソフトウェア、ハードウェア、メンテナンス等のコストを大幅にカットした。

集中管理と資源また遠隔事務室を無くすIT基盤アーキテクチャを通して、デスクトップハードウェアの基準化を実現し、デスクトップコンピューティングの全体コストを45%以上カットする。

2、作業効率の向上

Inspurデスクトップクラウドは開発職員と品質保証職員の作業効率を高めることが可能。システム開発職員は隔離したバーチャル機上で実行する測定試験を通して、ダウンタイムとターンアラウンドタイムを短縮することができる。

3、セキュリティ性の向上

デスクトップクラウド技術の実施前において、もしデスクトップ端末にハードウェアの故障が発生した場合、通常は1-2日間ダウンさせて、ハードウェアの交換を行う。もしバーチャルシステムのサーバーにハードウェアの故障が発生した場合、クラウドコンピューティングのシステム保護構造によって、ユーザー環境を素早く回復し、システム信頼性を高めることが可能。

4、システムレベルアップ、移転、スムーズ移行

デスクトップバーチャル化解決方案を使用して、新時代サーバーハードウェアの優越性を体感できると同時に、低コストかつ高効率で大量のデスクトップシステム配置と応用整合を行うことができ、また元々有するシステムと応用システムの新システム体系へのスムーズな移転を実現する。

5、管理と制御の改善、業務弾力性とユーザー弾力性の向上

デスクトップクラウドは不断に変化する応用ニーズに適応することができ、デスクトップクラウド管理を通して、データセンターの全てのデスクトップを管理することが可能で、また新ユーザーや部門または事務室へデスクトップを即座に配置することも可能。新デスクトップユーザーまたはユーザーグループ等を添加する場合のように、ユーザーは単独のクライアントから多数のデスクトップ環境にアクセスすることが可能であり、また同時にネットワークのいかなる場所から来た全てのユーザーに対しても共通の体験を提供することもでき、管理職員は非アクティブデスクトップの瞬間的な保存や削除が可能な環境の下において、資源の回収や即座の分配を行い、その他用途に利用する。

6、データ保護能力の向上

管理職員は現在のデータセンターが使用するバックアップ策略を遵守するだけで、信頼性のあるデスクトップバックアップを確保することができる。バーチャル機のハードウェア独立性はデスクトップの回復作業を最大限簡潔化した。その他、全てのデータがデータセンターに残るため、これによりデータセキュリティの保護業務も簡潔化された。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务