Inspurは連雲港市徐圩新区クラウドコンピューティングセンターの建設に力を注ぐ

事業背景

連雲港市の一心三極都市構造の重要構成部分として、徐圩新区は港湾総合サービス機能開拓や新たな戦略成長ポイント開発の重要キャリアである。2009年6月10日、国務院常務会議は『江蘇沿海地区発展計画』を承認し、それは連雲港市を先頭とする江蘇沿海開発が国家戦略レベルに達したことを意味している。そのうち、徐圩は陸橋経済ベルトを頼りに、北東アジアと向き合い、長江デルタと混じり合い、中西部と淮海経済区にサービスを提供し、国家中西区域協力モデル区、循環経済モデル区、江蘇沿海新型工業基地を建設し、江蘇沿海の新しい経済成長ポイントを生み出す。

クラウドコンピューティングのブームの下で、徐圩区政府はクラウドコンピューティングモデルを採用することで新開放地区にもたらした巨大な価値を目の当たりにしており、そのためクラウドコンピューティングのモデルを以って、徐圩区全体のデータセンターを建設した。

ニーズ分析

クラウドコンピューティングセンターの建設は非常に複雑で巨大なシステムプロジェクトであり、それはコンピューティング、ストレージ、ネットワーク、セキュリティに関わるだけでなく、さらにクラウドセンター全体の管理にまで及んでいる。今回の徐圩新解放地区建設は全区ないし連雲港市のクラウドコンピューティングセンター、区政府関連の政務事務、全区のスマートプロジェクト等にまでサービスを提供する。そのうち、高効率のコンピューティング及びストレージ資源プールを建設することは今回の建設の重点である。

コンピューティング資源プール建設

コンピューティング資源プールは主に全区に対してバーチャルコンピューティング資源を提供することにより、素早く新解放地区の応用配置を実現する。フロントエンドアクセスのWebバーチャルクラスター資源プール、中間応用層のクラスター資源プールに分け、同時に全ての業務システムに対して業務HAの保護を提供した。

ストレージ資源プールシステム

ストレージ資源プールは主にクラウドセンターのコンピューティング資源プール及び核心データベースに対して統一的なストレージスペースを提供する。バックエンドストレージの統一管理及び将来の弾力的な拡張性を考慮して、統一的なストレージバーチャル化プラットフォームによりこれらのニーズを満たすことが必要である。

解決方案

方案は当初、顧客がIBMのブレードバーチャル化方案を受け入れていたため、多数回に及ぶ交流を通して、私たちは顧客に対してクラウドセンター応用にはブレードバーチャル化の建設モデルが適当なわけではないということを説得してきた。また多数回に及ぶ交流と理解の後、私たちはユーザーに対して実際のニーズに符合する方案を作り、最終的にはユーザーの認可を得た。

方案中では、業務の異なる種類に基き、サーバーは以下の数種類に分類することができる。

データベースサーバー

応用サーバー(バーチャル化サーバー)

その他サーバー

データベースサーバーは比較的優れたCPUとメモリ資源を使用すること、また比較的優れた業務連続性の保護が必要であり、Inspurはハイエンドサーバーを使用することを提案し、一方では高性能のコンピューティング能力を、もう一方ではハイエンドサーバーの高いアベイラビリティのフォールトトレラント能力を有する。データベース応用について、ここでは物理ハイエンドサーバーを使用してクラスターシステムを構築することによりデータベースの高性能コンピューティングとフォールトトレラント能力を満たすことを提案する。

応用サーバーは主にミドルウェア応用とWeb応用(例. Weblogic、WebSphere、Tomcat、IIS、Apache等)を運行しており、それはバックグラウンドデータベースサーバーやフロントエンドWebサーバーとインタラクティブに連結しており、応用ソフトウェアが設計したインターフェース、プロセス、機能に基き、ユーザーに対して相応のサービスを提供する。方案中ではサーバーの計算資源プールを使用するようにアドバイスしており、クラスターシステムの構築によって、応用ミドルウェアの多数のユーザーのアクセスニーズを満たす。

その他サーバー、主に一部の補助機能サーバーやファイルサーバー、DNSサーバー、ネットワーク管理サーバー等の一部の非主力サーバー、しかしシステム全体にとっても非常に重要な補助サーバー。この種の応用に関してユーザーが元々有する物理サーバーを一時的に利用することができるとアドバイスしており、従来の資源を利用するという目的をすでに達成している。

浪潮倾力打造连云港徐圩新区云计算中心

核心データベースシステムはInspur企業レベル四ウェイサーバーを採用し、デュアルクラスターの方式を採用することで、統一的データベースプラットフォームを構築し、途切れることのないデータサービスを提供する。外部ネットコンピューティング資源プールには企業レベル四ウェイサーバーを4台採用し、高効率、安定的、安全な請負プラットフォームを構築した。

バックエンドストレージ資源プールはバーチャル化管理プラットフォームを通して、ストレージに対してプール化と有効管理を行い、データセンター全体に対してニーズに合わせて得ることができ、また即座に取り出すことのできるストレージ資源を提供する。ストレージ資源の総合監視制御、管理を実現し、ストレージセンターに対して基礎ストレージ資源を提供し、それによりストレージ利用率、運行メンテナンス効率、業務システム信頼性を高め、建設と整合の全体コストを下げる。

私たちは現場における理解を通して、顧客フロントエンド応用にはバーチャルホスト資源プールの形式を計画する予定で、クライアントが多く、データ量が大きく、異なるプラットフォーム応用は複雑であるため、システム全体の性能に対して厳しい要求が存在し、総合顧客の各方面の要求に対して、顧客の計画内の大規模データが集中するストレージのストレスとストレージ資源プールの将来における拡張性のニーズを満たさなければならないだけでなく、またバーチャル化プラットフォームの統一管理、ハイレベルデータ保護機能及び業務持続運行のニーズを融合させなければならず、多方面での分析を通して、私たちは顧客の複雑な応用を整合でき、データが集中するストレージの安定的業務運行維持を保証することができるInspurマスストレージ統一システムプラットフォームAS1200とバーチャル化クラウドストレージシステムAS8000の二つの製品の共同によりストレージ資源プールを構築することを勧めた。

顧客価値

以下は顧客のInspurに対する評価である。

Inspurは私たちの応用ニーズを最も早くに理解したメーカーではないけれども、最も合理的な解決方案を提案したメーカーである。クラウド計算モデルの建設を通して、私たちの新開放地区全体の情報化レベルを向上させただけでなく、同時にデータセンター全体の資源利用率を向上させた。クラウドコンピューティングモデルを採用することは各新応用の設置速度も加速し、新開放地区の現代化サービス業発展を促進し、新開放地区のイメージを高めた。Inspurは先進的かつ成熟した方案及び製品を採用し、私たちが「高い成熟度、安全信頼性、経済合理性、素早い対応」という先進的なクラウドセンターを建設することをサポートした。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务