Inspur電子政務ネット方案は未来に向かうスマート政府を生む

事業背景

情報化は今日の世界経済と社会発展における大きな流れであり、国家または地域の総合実力と国際競争力における重要な指標ともなり、情報化プロセスを加速することはすでに各国が競争力を高める上における必然的な選択肢となっている。電子政務は経済と社会情報化発展の先決条件であり、中国の現行政務体系をカバーしているだけでなく、さらに国民経済と社会発展の各領域にまで及んでおり、代替不可の作用を生んでいる。情報技術の幅広い応用は既に経済管理に対してさらに高い要求も突きつけ、また政府管理に対して新しい技術手段も提供した。

2002年7月国家情報化リーダーグループが承認した『中国電子政務建設に関する指導意見』(中共中央事務局発布[2002]17号ファイル)は電子政務建設の指導思想、遵守原則を明示し、2ネット、1ステーション、12業務システム、4基礎データベースの計画枠組み建設を明確にし、電子政務建設を現在とこれからの一つの時期における中国情報化業務の重点とし、政府を先行させて、国民経済と社会の情報化発展を推進する。

ニーズ分析

事業建設目標:

『中国共産党中央事務局国務院事務局の〈国家情報化リーダーグループの中国電子政務建設に関する指導意見〉配布に関する通知』の指導思想に基づき、現在の実際の状況を結合し、政府電子政務プラットフォーム建設は以下の建設目標を明確にした。

(1)省、市、区、県政務システム相互構造を建設し、スムーズな上下の意思伝達を保証し、政府部門の素早い対応を実現

(2)政府各部門情報システム建設を規範化

(3)統一的情報セキュリティ管理を実現

(4)総合リソースライブラリを統一し、情報資源の十分な利用を保証

健全な情報セキュリティ保障体系を構築し、一度登録するだけで全ネット授権にアクセスできるように実現し、政務情報ネットにおける情報伝達のセキュリティ性問題を解決し、データ暗号化、権限管理、CA認証等の手段を通して、情報の伝達過程における窃取、改竄、のぞき見、越権等の問題を防止し、同時に偽名使用、否認を防止する。

この他、端末セキュリティ監視制御システムを構築し、バックドアが開いたことにより、ネットワーク全体のセキュリティホール発生に至ることを防ぐ。

解決方案

政府電子政務システム、その政府ウェブサイトは市民政府が特別ネットワークにおいて建設した政府ウェブサイトであり、市政府各部門や直属機関の情報発布の総合プラットフォームであり、また市政府の対外宣伝と市民に対するサービスの総合窓口でもあり、毎日大量のデータアクセスに直面すると見込まれる。

全体的に述べると、上述した解決方案には以下の特徴がある。

1、データベース並列応用のシステムを本当の意味で実現

データベースは電子政務の核心であり、マクロ経済、企業誘致投資投入、農業発展、社会全体検査等の核心データを含み、政府職員意思決定サポート、分析システムは全てこれらの基本情報に基づき決定され、十分に利用されることが必要で、これによりシステムの性能と安定性はどちらも特に重要となっている。私たちはロードバランシングと故障切替機能のデータベースクラスターシステムを採用することを勧めている。

2、高コストパフォーマンスのWEBロードバランシングシステム

Inspurは国内で唯一、サーバー、ストレージ設備及びハードウェアロードバランサーを生産するメーカーであり、政府ユーザーに対して極めて高いコストパフォーマンスかつ専門性のWEBロードバランスシステムを提供することが可能。

3、高拡張性

今回の建設を十分保護する投資により、将来的な拡張をサポートすることができ、また将来的には世界先進レベルのInfiniband技術にまでレベルアップすることをサポートすることさえも可能で、それにより「三ネット一体」を実現する。

4、核心セキュリティに対する配慮

セキュリティは政府情報化建設中における主な問題であり、Inspurは長年のサーバーセキュリティ領域における技術蓄積を結合し、サーバーセキュリティ自身の特徴から出発して、マザーボード、セキュリティ専用チップ等の基本ハードウェアからOSや高度な応用ソフトウェアに至るまで、三級基準の要求に適合するソフト・ハードウェア一体化セキュリティサーバー製品を集積化かつ建設し、またInspurセキュリティサーバーはサーバー運行状態の監視制御、ネットワーク状態の監視制御、強制アクセスの制御、セキュリティ管理、セキュリティ会計等の多数の情報セキュリティ技術を有機的に整合し、設備セキュリティ、運行セキュリティ、データセキュリティの三つの方面から、政府ユーザーに全方位のセキュリティ機能を提供し、サーバーが直面する日に日に厳しくなるセキュリティ脅威を解決し、さらにInspur独自のサーバーセキュリティ技術枠組みを形成した。

5、ストレージに対する配慮

各地に建設する内部外部ネットシステムの特徴に基づき、一般的にはハードウェア投資上においては内部と外部ネットの投資はさほど変わりないが、ストレージシステムに関しては一般的に三種類の方案が顧客に選択肢を与える。

①外部ネットにはiSCSIディスクアレイを採用し、投資を節約し、また内部ネットにはSAN光ファイバーストレージを採用し、性能を追求する。

②内部外部ネットに同一のハイエンド光ファイバーストレージを採用し、同時に内外ネットニーズを満たし、またLUN技術を通して、内外ネットストレージ情報を隔離する。

③内外ネットどちらにも光ファイバーストレージを採用する。

顧客価値

全国産化全体解決方案:方案全体はInspurが自主的に生産したサーバー、ストレージ、及びロードバランサーを採用し、中国電子政務発展過程において、核心設備及び技術が二度と人的制限を受けることはなくなり、国家の情報セキュリティを保証した。

高アベイラビリティ:クラスターシステムを採用することで、フロントエンドのwebサーバークラスターであろうと、バックエンドのデータベースクラスターであろうと、サーバー一台に故障が発生した際には、応用は継続して運行することが可能で、単独の故障は存在せず、システムのアベイラビリティを有効的に向上した。

高成熟度及び安定性:業界最先端の八ウェイ、四ウェイ、二ウェイサーバー、及び高性能光ファイバーシステムを採用することで、システム全体の高度な統一、システムのセキュリティ安定を確保する。

拡張性:拡張性はクラスターシステムアーキテクチャの最も目立った特徴であり、応用規模の増加に伴い、非常に便利にクラスター中にサーバーノードを加えることが可能で、また直線に近い性能成長を有する。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务