Inspurは山西の「スマート鉄道」情報化建設をサポート

事業背景

今回の太原鉄道局は中国華北地区にあり、元太原鉄道分局と大同鉄道分局が合併して設立されており、南北同蒲、大秦、太中銀、京包、京原、石太、太焦、候月、移曹等の主軸と寧苛、太古嵐等の10本の支軸を管轄しており、東のエネルギー大港秦皇島から西の黄河禹門口まで、北は煤都大同まで、南は古跡風陵渡まで、路線ネットワークは山西の南北を貫いており、横には尼西・河北・北京・天津の二省二市を貫いており、路線は総延長は7561.3キロで、鉄道営業距離は2951キロで、次には37ヶ所の運輸生産ステーションを建設する。

太原鉄道局は鉄道全体の18カ所の鉄道局において、貨物運輸量が最大で、運輸収入が最多の鉄道局であり、主に国家新型エネルギー源工業基地―山西省の貨客運輸任務を負担している。鉄道局貨物発送量は全鉄道貨物運輸量の1/6以上を占めており、石炭運輸量は全鉄道運輸量の1/3ほどを占めている。国内観光資源が豊富で、観光客、学生、出稼ぎ労働者等で構成される旅客運搬業務量も年々増加しており、鉄道局は総合交通運輸体系において中堅の地位に位置しており、国民経済と社会発展のために代替不可の作用を発揮した。

ニーズ分析

国家鉄道部の鉄道非運輸企業データに対する業務によりよく対応するために、同時に170以上の分散している非運輸企業財務決算部門を集中して統一管理を行い、業務の全体計画、協調、資源管理能力及び業務に有益な科学的意思決定を高め、太原鉄道局は元々有する分散している財務V5.0応用データと管理において一つのデータセンターに統一することを決定した。しかし、具体的業務計画において、太原鉄道局情報化システム計画職員は以下の点に気付いた。太原鉄道局非運輸企業構造地域は幅広く、かつ支店や子会社等の各業務部門情報化レベルやITシステムとネットワーク建設はそれぞれ異なっており、多くの財務応用はマイクロコンピューター上でまだ運行されてさえもおり、極大なリスクを抱えていること。またデータセンター建設後、全ての四半期、年末において、170ある業務部門が財務、給与決算、固定資産等のデータ統一アップロード、処理を集中して行うため、大量の同時アクセスが新たに建設したデータセンターサーバーシステムに非常に大きな作業ストレスを与えること。同時に各部門の前期にスタンドアローンの財務応用ソフトウェアを採用していたため、財務システム、設備のデータベース計画、設備番号建設等を統一的に行っておらず、将来のデータ大集中システム建設において莫大な作業量に直面するであろうということ。さらにIT計画職員は同時に現在の業務発展ニーズ、IT技術チームの経験と能力を考慮して、未来の財務ITシステム建設が良好な拡張性、保守性、管理可能性を有することを期待し、それにより、現在の投資がまさにIT情報システムの価値を発揮することができることを保証する。

解決方案

太原鉄道局関連部門は財務システム、ITの共同ニーズと計画に基づき、特別事業の考察と多方面の交流を組織し、篩にかけて選別し、厳格な技術交流、方案折衝、応用調査研究、システム設計を経た後、最終的にInspurのTS850に基づくInspur TS30000高性能商用データベースクラスター方案を採用した。

浪潮助力山西“智慧铁路”信息化建设

四半期、年末前の財務、給与、固定資産等のアップロード、検索、処理等の業務ニーズに関して、顧客はInspur TS850 八ウェイサーバー、Inspur光ファイバーストレージを選択し、デュアルシステムのTS30000データベースクラスターシステムを構築し、また光ファイバースイッチを通して、サーバーとストレージ間の高速データ伝達を実現し、それによりフロントエンドからのマスデータ保存、取り出し、コンピューティングのニーズを満たす。重要システムは多重冗長性バックアップを採用し、バックグラウンドデータベースシステムの信頼性とアベイラビリティを高める。Inspur TS850の重要部品はすべて冗長性を実現しており、この基盤において、データベースデュアルシステムを通して、システムの信頼性、安定性を99.999%にまで高めた。またさらに速く、さらに正確にフロントエンドからのアクセスニーズに対応するために、アクセス効率を高め、バックグラウンドデータベースセンターマシンルームの応用サーバーフロントエンドにInspur TS8650 G3ロードバランサーを設置し、それはデータベースシステムの唯一の入り口として12フルワイヤスピードギガビットインターフェイスを提供し、スイッチを外部に設置する必要はなく、業務ニーズに基づき、異なるバランシングアルゴリズムを設置することを通して、応用中の処理モジュールロードの比重の調整を簡単にし、異なる処理性能の処理モジュールが最高の性能を発揮できるようにし、それにより異なる応用ニーズを満足させ、Inspur TS8650 G3はウィルスに侵入されることはなくなり、DOS攻撃を防ぐことができ、それにより応用サーバーのセキュリティを有効的に保護し、また具体的運行においては、それはクラスターノードの運行状態に基づいて、リアルタイム監視制御と管理を行うことができ、またシステム管理職員に統一的、集中的、可視的なプラットフォームを越えた管理環境を提供することができる。また各企業は内部分類に基づいて、鉄道総合事務ネット、鉄道資源ネット等の財務専用ネットアクセスを別々に分けて採用すし、データ伝達のセキュリティ性を高めた。

太原鉄道局が今回、建設と運営を行う財務データベース大集中応用システムには以下のような特性がある。

1.システムは素晴らしい信頼性、アベイラビリティ、安定性を有し、フロントエンド業務部分から来たマスデータ同時アクセスニーズを満たすことができ、またInspur TS850はすでに金融、プロバイダー、省級電子政務インターネットにおいて応用に成功しており、大容量同時アクセスの実践経験も経ており、多重製品、システム冗長性がシステム業務全体の安定性、信頼性、アベイラビリティを有効的に高める。

2.良好なシステム拡張性、保守性:採用開放する技術アーキテクチャと製品により、データベース応用システム、ミドルウェア応用システムは全てサーバーの拡張をサポートしており、将来の3-5年における応用拡張ニーズを満たすことができ、同時にシステムは主流の製品、設備と良好な互換性を持っており、将来のシステムレベルアップ、メンテナンス中における現在の投資の保護を確保し、Inspurはシステム建設においてInspur TSHABCP、Inspur睿捷サーバー管理セット等の全て中国語のシステム管理ツールを提供したことにより、データセンターの運行メンテナンス職員がシステムに対して行うオンライン管理とメンテナンスをより便利化することができた。

3.素晴らしいデータ伝達セキュリティ保障:元々のシステム設備基盤上において、内部財務専用ネット、鉄道資源ネットを採用して、内部専用ネットにアクセスし、データ伝達セキュリティを極大に高め、またバックグラウンドデータセンターにおいて、光ファイバーの保存、取り出し環境を採用し、システムの大容量同時アクセスのデータベースシステムI/Oに対するニーズを十分に満たす。

顧客価値

太原鉄道局非運輸企業データセンターシステム建設は既定のシステム建設予測状態に達しており、現在、安定的かつ安全に運行中であり、すでに内部財の務情報共有、業務意思決定、財務業務に対する効率は積極的に作用を推進する程度にまで向上しており、情報化建設は太原鉄道局業務の高速発展に舞い上がる翼を与えた。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务