ネットゲーム業界応用のサーバーセレクト方案

業界背景

ゲーム業界はインターネット文化産業における重要市場の一つとして、2005年からネットゲームブームが突然起こり、第三者機関の統計データによると、2013年上半期において、中国ネットゲーム市場規模はすでに2.79億人に達しており、前年比は36.0%増で、ネットゲームは依然として高速に成長する環境にある。ネットゲーム(WebGame):オンラインゲームとも呼ばれ、一部の人々にはオンゲと略されて呼ばれることもあり、それはウェブページに基づいたオンライン状態のゲームであり、クライアントをダウンロードする必要はなく、ウェブページを開けるだけで遊ぶことができるネットワークゲームである。

ニーズ分析

オンゲが運営するプラットフォームアーキテクチャはプラットフォームアクセス層とゲームサーバー群から構成される。プラットフォームアクセス層は主にプラットフォームのために提供運営するプラットフォーム公式ホームページユーザー登録とユーザー数データベース及びプレイヤー行為分析である。ゲームサーバー群によりプレイヤーは登録を行い、ゲームを遊ぶことができる。ゲームサーバー側は一般的に7種類のアプリケーションが存在する。その内、運営メンテナンス、地域、ログイン、チャット、メイン城、競技場とサブ等を含み、以下の図ではウエブページゲームプラットフォームの典型的なアーキテクチャの特徴を簡単に列挙する:

ネット系ゲームのアーキテクチャはクライアントゲーム設計と比較すると、相対的には簡単であり、麻雀は規模は小さいけれども、コンテンツが豊富で、サーバーセレクトにおいて、インターネットゲーム会社は往々にして、以下のような問題に出くわす。

1、サーバー選択の苦悩

現在、ネットゲームサーバーはマルチスレッドソフトウェアプログラミング技術を採用している。しかしながら、クライアントゲームと比較すると、それが運算するロジック複雑度はそれほど高くなく、サーバー処理に対する負担要求も相対的に比較的低い。それより、ネット系ゲーム会社は大量の測定試験と価格分析を経て、コストパフォーマンスにおいてより優勢のあるIntel ENプラットフォームプロセッサー(E5-24シリーズ)または特殊省エネ最適化特注設計を施したEPプラットフォームプロセッサー(E5-26シリーズ)を考える人が多い傾向にあり、第三者であるspeccpuのデータからも、E5シリーズプロセッサーを前代の製品と比較した場合、平均的に性能が16%以上向上したことがわかり、プロセッサーはすでにネットゲームサーバーセレクトにおけるボトルネックが存在する点ではなくなった。

2、ディスクI/O能力の苦悩

ウェブページが運営するプラットフォームは主にMysqlデータベースを使用しており、ゲームのメイン情報を保存するのに用いられ、同時に大部分のオンゲ研究開発メーカーはゲームアーキテクチャ設計上にゲームロジックサーバー(ソフトウェアサーバー)とgameDBも集中管理する習慣がついている。ゲームロジックサーバー及びGameDBを対象としたスモールデータは比較的高いランダムI/O読み書き要求を持っている。。いかにして混合モデルの下で、さらに一歩、I/O性能を向上するかがゲームアーキテクチャ設計において、重点的に考慮しなければならないポイントとなっている。ここでよく見られるやり方はメモリ容量を増やして、メモリを利用して、データのバッファ層を生み出す。しかし、メモリのボラティリティの特徴のために、ネットゲームは信頼性のある高速ストレージサブシステムも必要であり、これによりランダム読み書き速度はさらに速く、かつ故障率もさらに低いSASハードディスクがネットゲーム会社が基本的にサーバーをセレクトする際の基準配置となった。

オンゲアーキテクチャにおいて、大量のスモールピクチャーページの要素が存在しており、従来の高速SASハードディスクがこの種のスループットの高いニーズを応用するスモールI/Oファイルにおいては少し苦労し、この種の静態ファイルの一部をCDN方式を通すことで加速することはできるけれども、ゲーム制御に対する主動性と弾力性はまた喪失してしまう。幸いSSD固体ハードディスク技術が現われたことにより、非常に気軽にこの種の問題に対応することができるようになった。

3、サーバー統合と管理の苦悩

ネットゲームが端末ゲームと異なることは、単体ゲームの生命周期は相対的に短く、これにより、サーバー統合の頻度は端末ゲームに比べて明らかに高くなる。これにより運営メンテナンス管理は複雑度を増し、運営メンテナンス管理の難しさに直面した。オンゲ研究開発技術の向上に伴い、インターネットゲーム会社も主動的に一部のゲームサービスエリアを集合させた。この時、初期のバーチャル化技術はゲーム運営管理にとって、その配置の弾力性とパッケージの隔離性は非常に適していた。しかしサーバー統合後、ネットワークカードの性能に対する要求はさらに高くなり、Intelのチップレベルサポートバーチャル化加速技術における企業レベルネットワークカード(例、82576/I350)の性能と安定性はその他のブランドの型番号のネットワークカードを超える。

4、配置と委託管理の苦悩

ネットゲーム会社にとって、素早く安定的な始動、配置とサーバー製品のIDCマシンルームでの開梱後合格率はネットゲーム会社にとって、非常に注目する点である。 同時に一つのキャビネットが配置することのできるサーバー密度の高低は、IDC委託管理費用とも直接関係があり、国内の単独キャビネットが電力を制限する前提の下、電力消費設計がさらに素晴らしい高密度サーバー製品を採用することは、疑いなくインターネットゲーム会社にとってはコストの節約となっている。

解決方案

Inspurは2010年にインターネット業界部を特別に設立し、インターネット業界の顧客に対してさらに特別にサービスを提供し、インターネット企業との深い協力の下、少しずつ業界応用の特徴とニーズを理解していき、Inspurのサーバーメーカーとしてのインターネット細分業界応用に対する理解を不断に深め、またInspurが専心しているサーバー領域から、インターネット業界の顧客に対してさらに素晴らしい製品とサービスを提供する。

信頼性のある製品品質保証:Inspurは厳格なサーバー品質管理体系を有しており、出荷する全てのサーバーは組立終了後、必ず長時間の老朽化機械互換性安定性ストレス測定試験を経る必要があり、出荷する全ての設備が厳格な試験を受けることを保証し、同時に包装箱の設計上、中国物流運輸の特徴も十分に考慮して、落下や衝撃に対する耐性は非常に強くなっている。長年以来、ゲーム顧客の使用において、IDCマシンルーム開梱合格率は常に99.9%以上を保っている。

ゲーム応用最適化に向けたサーバー設計: Inspurがゲーム業界の特徴に向けて設計した1UサーバーNF5140M3は高転換効率電源を採用しており、双方向のベクトルが冷却用ダクトを改善し、電力消費カットを改善し、配置密度を高め、ハードディスクストレージにおいてモジュール化設計を使用し、3.5寸ハードディスクと2.5寸ハードディスクが完璧に結合、混合しており、同時に組込み式のSSDがデータキャッシュメモリとシステムに使用されることをサポートできる。設計を最適化した2U四ノードサーバーSA5248シリーズ製品はさらに低い電力消費、さらに高い密度、さらにシンプルで素早いメンテナンス方式を以て、数多くのインターネットユーザーの認可を獲得した。

弾力的なオンデマンド化サービス:インターネットの一瞬で変化する市場に向き合い、Inspurインターネット業界部は常に、最前線のインターネット顧客に一番近い位置でいることを保っており、顧客のオンデマンド化生産の実現、資産情報管理の構築、業務の素早い配置の実現、インターネット専属サービスチームの提供等により素晴らしく、素早い保障を提供する。

顧客価値

数年間のインターネット業界における経験を経て、Inspurサーバーはインターネット業界で成長が最も速いブランドとなり、中国インターネットの顧客の70%以上がInspurをその専門サービスプロバイダーとして選んでおり、中国インターネット事業の発展に対してさらに多くの価値を創造していく。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务