Inspurクラウドコンテナデータセンターは天津がデジタルエコスマート都市を生み出すことをサポート

事業背景

ここ数年、社会情報化建設の不断の発展に伴い、中新天津エコ都市の情報化建設も不断に高まりつつあり、システム応用プラットフォームの規模もこれに伴い拡大し、中新天津エコ都市デジタルエコスマート都市建設が不断に整備、深化するのに伴い、ITハードウェア設備のニーズ及び各部門のシステム応用サポートプラットフォームのニーズも急激に増加、拡大しており、エコ都市管理委員会が現有するデータセンターマシンルームはこれに伴った新設備または新システム応用プラットフォームの容量拡大をすでにサポートすることが困難になっており、また情報ビルは2014年になってようやく投入、使用されると見込んでおり、エコ都市の2年近い不断な成長を満足させることができる情報化応用はプラットフォームが必要とする過渡期のデータセンターの差し迫った建設をサポートする。

ニーズ分析

データセンター基盤施設の長期計画と応用システム規模の成長を満足させることが目標の天津中新エコ都市クラウドコンピューティングサポートプラットフォームは、天津エコ都市管理委員会の各部門に対して、全面的、合理的、快速のクラウドコンピューティングサービスを提供し、Inspurは完全な解決方案を提供し、方案は二つの部分に分けることができ、一つ目はクラウドコンテナの計画及び設計で、二つ目は全体システム応用ハードウェア、ソフトウェアプラットフォーム設計であり、二つの部分の計画を通った後に形成したクラウドコンテナデータセンターが天津エコ都市に政務、監視制御応用を提供する。

クラウドコンテナの計画及び設計

クラウドコンテナ建設計画設計思想はつまり、天津エコ都市が現有するプラットフォームの構築状況を考慮し、また将来の発展状況の後に発表されるものを考慮する。コンテナ式データセンターはデータセンターのホストルームエリア、補助エリア、サポートエリア、行政管理エリアをコンテナデータセンターの中に集中的に配置することで、従来のデータセンターマシンルームが達成困難であった高密度が達成可能となる。さらに有限なスペースにおいて、この先2年間におけるデータセンターの応用発展を達成する。

基盤ハードウェアプラットフォーム設計

中新エコ都市の業務応用ニーズに基づき、ハードウェアプラットフォームを二つのエリアプラットフォーム、監視制御クラウドプラットフォーム、政務クラウドプラットフォームに区分する。監視制御クラウドプラットフォームの主な機能は天津エコ都市におけるネットワーク監視制御システムに対してハードウェアプラットフォーム基盤を提供することで、さらに顧客の未来の発展ニーズを満たすために、弾力性のある拡張を行うことができる。政務クラウドプラットフォームの主な機能は天津生態年管理委員会の各部門に対して基礎応用を提供することであり、それには事務システム、応用測定試験システム、核心業務プラットフォームシステム、特殊応用システムを含む。

解決方案

システムプラットフォーム全体は二つの応用システムであり、それぞれは政務クラウドプラットフォームシステムと監視制御クラウドプラットフォームシステムを含んでおり、エコ都市に対して応用プラットフォームサポートサービスを提供する。政務クラウドシステムサポートプラットフォームにおいて、10台の2Uサーバーをシステムプラットフォームの基礎物理サーバーバーチャル化資源プールとして計画し、さらにハイエンドのInspur AS1000G3ハイエンドストレージ製品を政務クラウドプラットフォームのストレージ資源プールとして配置し、両者は光ファイバースイッチを通して連結し、また資源プール全体の安全を保障するために、ストレージのミラーリング設計を行い、ストレージ間のデータミラーリングを形成し、メインストレージがダウンした際にミラーリングストレージに切り替えることが可能で、依然としてサーバー資源プールに対して応用を提供できる。

監視制御クラウドシステムサポートプラットフォームにおいて、同様に10台の2Uサーバーを基盤のサーバーバーチャル化資源プールとして計画し、さらにAS1000G3一台をストレージ資源プールとして配置し、またイン・クラウドOS2.0を配置することを通して、監視制御端末のシステム資源プールを形成し、監視制御システムの安全信頼性を保証した。

顧客価値

クラウドコンピューティングの方式を利用して、モジュール化データセンターを建設することは徐々にデータセンター建設の主流となりつつあり、またクラウドコンテナはデータセンターの基盤として、徐々に私たちの生活に溶け込んでもいる。

クラウドコンテナデータセンターがもたらす顧客収益:

1、経済性:同等のデータセンターのスペース内において、従来のマシンルーム基盤ハードウェアの6倍の数量を配置し、スペース利用率を最大限に高める。

2、省エネ型:シャーシは最新のマシンルーム最適化技術を採用し、消費電力は従来のデータセンターに比べ大きく下がり、天津エコ都市が計画した建設方式とInspurのクラウドコンテナ建設方式に基き対比を行うと、クラウドコンテナデータセンターが毎年、節約できる電力費用は30万元余りに達する。

3、敏捷性:システム応用プラットフォームは素早い配置の特性を持っており、顧客の現地における実際の状況によって、メーカーはプラットフォームシステムを3-4ヶ月以内に完成させることが可能。

4、従来資源利用性:クラウドコンテナデータセンターの移動可能性により、プラットフォームの融合センター建設または人材育成センター建設上において、大きな便宜性を有する。

クラウドコンピューティングプラットフォームが顧客にもたらす収益:

1、資源利用率の向上。単独の物理サーバーが運行する多数バーチャルマシンは多数の業務システムに対応し、サーバーコンピューティング、ストレージ等の資源を有効的に利用する。

2、システムのセキュリティリスクを有効的に解決大量の古いサーバーを淘汰し、ハードウェアの信頼性を保証し、また「バーチャル化基盤アーキテクチャ解決方案」と「バックアップ解決方案」を採用してデータのセキュリティ性を有効的に保証し、さらにプラットフォーム業務はデータセンターにおいて整合し、専門技術職員によって管理を行い、人的リスクを解決する。

3、有効にスペースを節約可能。

4、有効的に消費電力を下げ、マシンルーム運行コストを下げる。二ウェイサーバーに基くバーチャル化整合を通して、運営コスト(データセンターキャビネット、ネットケーブル、電力消費量、冷房や人材コストを含む)を70-80%下げる。

5、管理が便利で、効率を向上。マシンルームの新しい応用のために配置が必要な際、新しいサーバーを再び購入する必要はなく、データセンターが短時間のうちに関連応用に対して即座にサーバーコンピューティング資源を提供することができ、また配置も簡単である。

サーバーの配置時間は一時間から数分間レベルまであり、サーバーの再建と応用ロード時間は20-40時間から15-30分間であり、以前のハードウエアメンテナンスは数日、数週間の変更管理準備と1-3時間のウィンドウメンテナンスが必要であったが、現在はダウン時間無しのハードウェアメンテナンスとレベルアップを行うことができるようになった。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务