Inspurイン・クラウド2.0は国家水利部がスマートのシステムを構築することをサポート

事業背景

業務試練:情報化の不断な発展に伴い、過去数年間において、水利部水分局は各種応用システムに大量の独立サーバーを配置し、それにより不断に増加する情報化ニーズを満たした。しかし、業務の発展及び応用レベルの向上に伴い、元々有する独立サーバー応用モデルは一定の試練に直面した。このような従来モデルの下において応用を単位として建設したシステムプラットフォームは徐々に数多くの問題を露呈し、全体的にまとめると、設備増加による利用難、情報孤立化による共有難、プラットフォーム増加による同期難、システム分散による整合難、高い複雑性、低いサービスレベルが挙げられる。

設備増加による利用難

水利部水文局は7つのマシンルーム、200台を超えるサーバーを有しており、ブランド型番号、規格及び使用期限はそれぞれ異なっている。

100平方メートルの1号マシンルームにすでに20台近いキャビネットを配置し、現在のネットワークマシンルームスペースの問題に直面し、最大であとキャビネット2台を配置できる。

マシンルーム電源出力は最大100千ワットで、現在は最高15千ワットを提供可能。

サーバー中の資源の80%は利用率が低く、不使用率が高く、これらの設備を最大限に利用することもますます困難となっている。

情報孤立化による共有難

水利部水文局がすでに有するシステムとシステム間の相互孤立、システム内データの共有難

従来建設モデル中の水利部各業務部門間の設備は完全に独立しており、各業務部門の低重複性建設現象は深刻化している。

情報資源の分散、低い開発利用効率

システム分散による整合難

これから毎年、不断に一部の新しい応用システムを運行するには不断に増加する物理サーバーが必要である。

情報センター責任区別は厳格で、全段階の操作には多数部門を調整する管理職員の協同執行が必要で、新たに増加したシステム時間周期は非常に長い。

各業務応用は自己のデータ取得システム、データ交換システム、応用システム、データベースシステム等を有しており、一つも欠けることはできず、システムが多くなり、科学的整合を行いにくいという問題を生んだ。

高い複雑性、低いサービスレベル

水利部水文局は多種類のOS(Windows、LinuxとUNIX)を有しており、サーバーは多くの異なるソフトウェアメーカーの多種類で異なるタイプとバージョンを設置する必要があり、必要な応用サービスを加えることは相当高い複雑性を有する。

各業務部門の不断に増加する情報化ニーズに関して、安定的で高性能のサービスサポートを提供することができる。

ハードウェアが故障すると、反応周期は少し長くなる。

管理が複雑で、すでに10名近いマシンルーム管理職員を配置したが、依然として管理は困難である。

ニーズ分析

クラウドコンピューティングは新型の情報化建設モデルであり、クラウドコンピューティングを通して、データセンターの資源を有効的に整合利用し、管理を統一する。今回の事業において顧客はクラウドコンピューティングが流域機関、省(自治区、直轄市)レベルの水行政機関を請負、連結させることを通して、各レベルの水利管理機関の間におけるデータ、画像等の各種情報に対して高速で信頼可能な伝達チャネル業務を提供することを求めている。プラットフォーム構築後、第一期では国家水資源監視制御管理中央情報プラットフォームを新たに構築する予定で、第二期では国家防洪水防旱魃指令システム及びダム移民システムを移転する予定である。

解決方案

今回の事業において、Inspurは4台の八ウェイサーバーTS850、イン・クラウドOS2.0及びVMware5.0企業増強版を提供している。そのうちTS850はユーザー業務の高性能サーバーを請け負っておりVmwwareはユーザーの基盤に対してバーチャル化プラットフォームとネットワークの安全性を提供し、イン-クラウド2.0がクラウドコンピューティング全体の管理プラットフォームを提供する。プラットフォーム構築完成後、システムサービスの方式を以って、水利部各業務システムの物理ハードウェアに対する需要を満たし、従来のハードウェア設備が有するべきシステムの増加に伴い増加するモデルと取って代わり、現在有する応用システムに対して整合を行い、ITサービスの素早い提供を実現する。

Inspurが採用するハイエンド八ウェイサーバーTS850、VMware vSphere5.0企業増強版及びクラウド管理プラットフォームInspurイン・クラウドOS V2.0の解決方案が水利部クラウドコンピューティングプラットフォームを構築し、性能が業務システムの要求とシステム信頼性を完全に満たすと同時に、サーバーの数量、全体消費電力及び管理コストを大幅に下げ、現有の情報基盤施設設備の直接電力消費を有効的に下げ、マシンルームスペースの問題を緩和した。

クラウド管理プラットフォーム Inspurイン・クラウドOS V2.0はクラウドデータセンター資源管理、調整、多資源プール融合等の多項目核心技術を開発し、技術方面から水利情報化従来建設モデルにおける情報孤立化による共有難、プラットフォーム増加による同期難、システム増加による管理難、システム分散による整合難、設備増加による利用難という難題を解決し、システムの弾力性、高いアベイラビリティ、システムの利用率と全体サービス能力を極大に向上させた。システム全体を統一する計画と配置や有効的サーバーを通して、サーバーの遠隔管理、故障事前警告と状態監視制御を実現し、管理作業強度を下げ、管理効率を高めることで完全かつ高効率で水利業務システム運行をサポートする状況の下、本当の意味でのセキュリティ制御可能を実現する。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务