上海交通大学クラウドスーパーコンピューティングセンター建設方案

事業背景

上海交通大学は教育部直属で、教育部が上海市と共同で建設した全国重点大学であり、また国家「七五重点建設」、「八五重点建設」、全国初の七ヶ所ある「211エンジニアリング」と全国初の9ヶ所ある「985エンジニアリング」建設の大学の一つでもあり、上海交通大学「985エンジニアリング」第三期高性能コンピューティングイノベーション能力とデジタル大学サポート環境事業建設のニーズに基づき、校内各院や学部の科学研究と人材育成作業中において日に日に増えるコンピューティングニーズを満たすために、大型高性能クラウドコンピューティングクラスターシステムを1セット購入し設置することと計画した。同時に、デジタル大学サポート環境データセンターの建設を結合し、高性能サーバーを集中的に購入し、クラウドコンピューティングデータセンタークラスターを建設し、高性能かつ高アベイラビリティのクラウドサービス基盤アーキテクチャを少しずつ構築、完成させる。

応用分析

今回、学校が設計建設する高性能コンピューティングシステムはこれらの重点学科と重点実験室をサポートする基盤プラットフォームであり、使用する応用ソフトウェアも各領域(例、コンピューティング化学領域のGaussian、ADF、Materials Studio、 VASP、Molpro、Molcas、Amber、Grom等、分子動力学領域のAMBER、HyperChem、ChemLab、CHARMM等、CAD/CAE領域のLS-DYNA、FLUENT、Ansys、MATLAB等)をカバーしている。応用ソフトウェアは種類が豊富で、異なるソフトウェアの応用特徴は千差万別である。

解決方案

今の高性能事業ニーズに対して、またInspurの長年の科学コンピューティング領域の高性能応用に対する深い理解を結合して、Inspurは今回の事業ニーズに対するIntel最新発売の32nmプロセス技術全新インテルマイクロアーキテクチャ(コードSandybridge)のインテルXeon E5-2600シリーズに基づく高性能天梭TS10000クラスターシステムを特別に発売し、本クラスターには優れたコンピューティング性能、トップクラスの電力消費制御、便利で操作が簡単な監視制御管理システム、拡張しやすい開放的システム、完璧なサービス体系等の特徴を有する。これを除いて、多くのユーザーからの認可を受けるInspur高性能クラスター育成サービス体系は今回の事業に華を添え、ユーザーの購入後における面倒なことを解決した。

顧客ニーズを深く理解する条件の下、Inspurは今回の方案を発表した。高密度コンピューティングノード332個、高性能並列ストレージシステム1セット(高性能ディスクアレイ、容量720TB)、高密度ラックマウント式サーバー8台をシステム管理、登録、作業の管理サーバーとして、その他にはGPUコンピューティングノード55個、FATノード20個、FDR Infinibandフルワイヤスピードコンピューティングネットワーク1セット、ギガビットをメインとする管理ネットワーク1セット、及びクラスターシステムに配置するソフトウェアシステムにより構成される。

上海交通大学云超算中心

顧客収益

本スーパーコンピューティングセンター設立後、上海交通大学全校の教師と生徒に向けて科学研究のサポートを提供し、さらに上海交通大学校内のクラウドプラットフォーム建設に向けて、強力かつ有力な技術とハードウェアアーキテクチャサポートを提供し、この他に、Inspur専門の応用プログラム開発とクラスター管理プラットフォーム建設を結合することで、本クラウドスーパーコンピューティングセンターの運行メンテナスと管理は今まで以上に簡潔化、快速化される。

最新の一期の世界Top500(2013年6月)ランキングにおいて、上海交通大学クラウドスーパーコンピューティングシステムは一挙に世界で第158位の速さのスーパーコンピューティングシステムとなった!

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务