Inspurクラウドサービスが住宅と都市農村建設部で応用

事業背景紹介

中華人民共和国住宅と都市農村建設部は2008年の中央大部門体制改革の背景の下、新たに成立した中央部委員会である。また中華人民共和国において行政管理の建設を請け負う国務院の構成部門である。都市農村の低収入過程住宅の保障、住宅制度改革の推進、科学的規範事業建設の標準体系の構築、不動産秩序の規範化、建築市場の監督管理、市場における各主体の行為の規範化、自宅公共積立金監督管理の請負、農村建設規範化の請負、全国農村建設の指導等の責任を主に請け負っている。

現在、建設部情報センターIT基盤アーキテクチャは典型的な分散式アーキテクチャである。つまり、各応用は独立サーバーを使用しているため、各応用間は相互的に独立しており、同時に今後においてその他応用をさらに一歩開発し、運行していく。このため、現在に基礎を置き、未来に向かって、弾力的かつ強いシステムアーキテクチャの計画と構築が必要である。

現在、建設部のWEBプラットフォーム群、公共積立金報告システム、輿論監視制御システム、建築エネルギー消費データ分析中央レベルプラットフォーム等の応用システムは従来のモデル建設と単独サーバー、単独OS、単独応用のアーキテクチャを採用しており、複数サーバーを採用することにより、大型応用システムを負担する。

顧客の困惑

困惑1:業務分散、統一管理の欠乏

応用を一単位とする建設システム、異なる業務間の統一管理手段の欠乏、応用システムにおける高アベイラビリティ保護の欠乏、データ分散ストレージ、異なる応用間の欠乏が必要な情報共有。ホスト、ストレージ等のシステム構造は異なり、使用する応用ソフトウェアは全て異なるプラットフォームに基づき開発されているため、管理上において各自が異なる単独のツールを有しており、少し複雑であること。

困惑2:マシンルームの重負担

マシンルームのサーバーは数が非常に多く、マシンルームのスペースやマシンルームの電力はフルに近づいており、CPUを代表とするハードウェア資源利用率は比較的低く、より高効率の基盤アーキテクチャモデルを提供することが切迫して必要となっている。

困惑3:業務の単独故障時、データセキュリティリスクが存在

現在、大部分のサーバーは単独運行のモデルを採用しており、単独故障のリスクが存在している。同時にデータは各サーバーが分散・保存する方式を採用しており、有効的な統一ストレージとバックアップ管理が欠乏しており、データセキュリティリスクが存在している。

困惑4:計画管理問題の露呈

プラットフォームに統一的計画が欠けているため、サーバー数量の増加に伴い、いかにして複数同時管理、統一管理を行うかが、急いで解決する必要のある問題になっており、同時にいかにして管理業務の強度と管理リスクを下げるかが、急いで行わなければならない課題となっている。

試練に向き合う

試練1:いかにして応用モデル統一計画を実現するか

応用モデル統一計画は各業務間の連動処理にメリットがあり、また分級授権の実現、制御と監督の強化、集約化管理レベルの向上にもメリットがある。いかにして応用サービス品質を高め、応用管理コストを下げるか。

試練2:いかにして効率を高め、コストを下げるか

情報化技術の不断な発展、特にマルチコアプロセッサーを代表とする新しいソフト・ハードウェア技術の不断な出現に伴い、サーバーハードウェアの処理能力は大幅に向上した。しかし、従来の単独サーバー、単独応用システムのモデルの制限を受け、マルチコアサーバーの応用性能は未だ十分に発揮することができていない。ユーザーはいかにしてサーバーの性能を十分に発揮することができるか、応用効率を大幅に向上することができるかに注目しており、それゆえ根本的に情報化の高性能と収入増加・支出減少という目的を達成する。

試練3:いかにしてデータセキュリティ性と高アベイラビリティを保証するか

ユーザーデータが集中するシステムとして、データのセキュリティは一番重要である。必ずネットワーク、OS、データベース、ストレージ設備等の方面から厳密な保証措置を行う必要があり、ユーザーと業務データの100%アベイラビリティを保証する。従来のデータは比較的に分散していたため、管理とバックアップは相当困難であり、データの損傷や紛失が容易に発生し、セキュリティ性が非常に低かった。集中ストレージの方式を採用することで、データ集中度を高め、バックアップとデータ管理過程を簡潔化し、データのセキュリティ保証を大幅に向上させることを期待している。

試練4:いかにして管理性を高めるか

高性能データセンタープラットフォームは応用システムと技術アーキテクチャを分析し、根本的にIT管理の効率を高める。遠隔管理技術とデータセンター性能管理を通して、管理コストと管理リスクを大幅に下げ、管理効率を大幅に向上させる。いかにしてクラウドコンピューティングのモデルを利用して、業務プロセスや資源の統一計画と管理を実現するか。

解決方案

第一期建設方案

バーチャル化整合、資源動態管理

住宅建築部ネットワーク中のインターネット一時サービスエリア内にクラウドコンピューティング測定試験プラットフォームを構築する。

8台のInspur NF8560M2サーバーとInspur AS500G3光ファイバーストレージを採用してクラウドコンピューティング資源プールを構築する。

住宅建築部バーチャル化プラットフォーム第一期建設は二つの業務クラスターを有しており、クラスター第一建設部のクラスターには四ウェイサーバー4台と以前のIPストレージ2台があり、クラスター第二水専門事業のクラスターには四ウェイサーバー2台とFCストレージAS500G3が2台ある。

現在、住宅建築部が応用しているパッチ分配プラットフォーム、公共積立金報告システム、建築業界監督管理プラットフォーム、住宅建築部ホームページシステム、住宅建築部水専門事業、輿論監視測定システム等の多数の住宅建築部の核心応用を運行している。

システムアベイラビリティの向上

計画ダウン時間を無くす。バーチャル化プラットフォームの整合を通して、バーチャル熱移動技術により計画ダウン時間を無くすことが可能。

非計画ダウン時間を減少する。バーチャル化プラットフォームの整合を通して、バーチャル高アベイラビリティHA技術により非計画ダウン時間を減少することが可能。

応用の素早い配置、素早い対応、効率の向上。

第二期建設方案

2010年11月から、住宅建築部バーチャル化プラットフォームが正式に運行し、常に安全に運行している。住宅と都市農村建設部はすでにクラウドコンピューティングプラットフォームの初期配置を終えており、またすでに一部の業務をクラウドコンピューティングプラットフォームにまで移転している。2012年11月、Inspur技術エンジニアが住宅建設部バーチャル化プラットフォームに対して深い調査研究と評価を行い、第二期の計画と建設を行い、全体の住宅建設部クラウドコンピューティング解決方案を形成した。

調査研究評価段階において以下の問題を発見した。

建設部クラスターと水専門事業クラスターホスト使用率の負荷はどちらも高くない。CPU資源使用30%、メモリ資源使用50%で、コンピューティング性能が有効的に業務の増加を保証し、資源が十分な状況の下で、継続的に応用を新しく増やすことを可能とする。しかしメモリ消費がやや多い。

IP sanストレージアレイスペースはすでに使い切り、ストレージスペース不足の警報が鳴り、バーチャルマシンを二度と新しく建設することができなくなっている。IP SANストレージアレイ性能は比較的悪く、ホストがストレージにアクセスする遅れも大きく、また比較的多い応用を負担しており、応用全体の性能が悪くなることを容易に引き起こしてしまう。

計画方案アドバイス

メモリはバーチャルプラットフォームの消耗品であり、プラットフォームホストには高メモリを採用して配置することを勧める。

新しく購入したFC SANストレージアレイスペースを充足させることを勧める。バーチャルマシンをFC SANアレイ上に建設することを勧める。FC SANアレイ性能は他と異なり優れており、遅れも少なく、一部のバーチャルマシンをFC SANストレージアレイに移動させることを勧める。

第一期のバーチャル化プラットフォーム上において、データセンタークラウドコンピューティング管理プラットフォームを配置し、データセンター物理資源やバーチャル資源の統一的監視制御と管理を実現し、業務プロセスの整理と業務資源オンライン審査申請を実現する。

2013年7月、住宅建築部はInspurの全体計画方案を採用し、バーチャル化プラットフォームに対して全体のレベルアップ改造を行った。レベルアップ方案は以下の通り。

元々有する四ウェイサーバーNF8560M2のプロセッサーとメモリに対して拡張を行い、単独サーバーの処理性能を高め、メモリ消費のボトルネックを無くした。

NF8560M2一台の新たな増加とバーチャル化ソフトウェア授権により、コンピューティング資源プール全体に対して拡張を行い、新業務の増加後に分配可能な十分な資源が存在することを保証する。

光ファイバーストレージAS500Hを二台新たに増やし、元々のIPストレージと取り替え、ストレージシステム性能とストレージ容量を高めた。

Inspurクラウドデータ中の管理プラットフォームソフトウェア「イン・クラウドOS3.0」とクラウドプラットフォーム管理サーバーNF5280M3を新たに増やすことで、データセンターの統一管理と資源のセルフサービスを実現した。1.jpg

顧客収益:

コストを下げ、効率を高め

従来モデル建設のデータセンターを使用すると、100台近いサーバーにより現有業務を負担する必要があるが、クラウドコンピューティングモデルを採用すると、たった7台の四ウェイサーバーが必要なだけで、電力消費も78%減少し、スペース占用率も70%減少する。

高アベイラビリティ

クラスターサーバー上に配置したバーチャルマシンは相互に接収管理を行うことが可能で、業務が中断することなく、同時にバーチャルマシンをストレージ上に配置することにより、バーチャル化マシン全体を業務やデータベースのバックアップに繋げること実現する。

高拡張性

業界で先進的なバーチャル化技術を採用することを通してプライベートクラウドを建設し、素晴らしい拡張性を持つ。ユーザーに増加が必要となった際、サーバーノードを増加することを通して、解決することができ、システムレベルアップもスムーズに行え、ユーザー業務の拡大に伴い不断に拡張することができる。

TCOを下げ

クラウドコンピューティング技術を採用したことで、物理サーバーの数量が50%以上減少し、設備の消費電力は大幅に下がり、資源利用率も10倍以上向上した。

セキュリティ性増強

バーチャル化クラスターのHA、vmotion、バーチャルバックアップ機能を通して、計画内ダウンの回避と計画外ダウンの最大限の減少を行い、システムのセキュリティ性を大幅に向上する。

管理のスマート化

InspurクラウドデータセンターOS「イン・クラウドOS3.0」管理プラットフォームにより、データセンター資源の統一管理を実現し、また従来の業務システムが運行している新たに購入または配置が必要なハードウェアの弊害を対象として、クラウド管理プラットフォームを通して、データセンターはオンライン審査業務部門の資源申請を行うことが可能となり、資源の需要に合わせた分配が可能となり、データセンターのスマート管理とクラウドコンピューティングセルフサービスモデルを実現する。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务