天梭TS20000Dデータベースクラスタが山東省東営土地税拡張プロジェクトを請け負う

山東省東営土地税局は天梭TS20000Dデータベースクラスタの得意先であり、Inspurとの長期的な協力の中で、Inspur天梭の製品、性能、サービスに全部満足しているようである。土地税システム情報化建設を強化し、より良い政府職責を履行し、政府の部門の仕事効率をアップさせるために、東営土地税局は再度Inspur天梭TS20000Dデータベースクラスタを採用して、そのシステムのアップグレード拡大プロジェクトを請け負うようにした。

ニーズ分析

山東省東営市土地税局は既存のデータセンターを拡大建設を希望し、構築されたデータセンターは全市業務データの集中保存、リアルタイム処理とバックアップの実現が要求された。システムプラットフォームに対して、以下の点に満足するように要求された。

(1)性能が優れている。ホストシステムがデータベース操作を並列で処理可能であり、つまりシステムの各ノードは応用に対して負荷バランスを実現できる。全体の性能は400以上の併発ユーザーをサポートし、関連するデータの大きい表を素早く操作できることが要求される。今後の業務発展とデータ増加のニーズを満たすために、システムは優れた弾力性を備えることが必要で、サーバーのノードを増やすことによってシステムを便利に拡充することができる。投資を守るために、システムは各レベルと仕様のサーバーをサポートすることが要求される。

(2)使用可能性が高い。データの集中を実現した後に、データセンターは7×24時間の高い利用可能性を維持しなければならない。たとえあるサーバにハード・ソフトの故障が出たとしても、応用は透明に別の応用に切り替えられ、応用の途切れない性を保つべきである。

(3)開放性が高い。システムは開放性を備えるべきで、アプリケーションはいかなるコード修正をしなくてもシステムをサポートできる。

(4)管理と技術サポート。システムの管理と実施は比較的に便利で、しかも良好な方案設計、実施とアフターの技術サポートを提供できる。

解決方案

Inspur天梭TS20000Dは弾性配備のデザイン理念に基づき、該当システムはデータベース処理ノード、高速交換システムと共有メモリ設備より構成している。データベース処理ノードはInspurの高性能サーバを採用し、ノードはSMP技術を採用し、相互協力は一つのシステムのようになっている。ストレージノードはファイバ・チャネルディスクアレイ(SANまで拡張できる)を採用し、データベースはOracle 9i企業版データベースを採用し、Oracle RACを選んで高信頼性で高性能の応用システムを構築する;システムは共有キャッシュアーキテクチャを採用する。この案では、コスト効果の高いIAサーバーで小型機のシステム構築性能がより高く、有効性がより高く、より使用と管理しやすいデータセンターを代替することができる。

この案では、Oracle RACデータベースクラスタを使用して東営土地税徴収管理システムが今後業務の拡大に伴う日々膨大になる生産のデータを処理する。応用システムに専門に設計された2台のデュアルコアMPプロセッサInspur NF520DにInspur RACデータベースの二つノードクラスタを搭載する。システムは8個のデュアルコアプロセッサと8 Gbメモリを備え、処理ノードは最大64個までサポートできるので、根強いの処理演算能力を持ち、各ノードサーバーは並列でデータ処理ができる。クラスタにおけるすべてのノードは1台のInspur AS600光ファイバーディスクアレイを共有する。すべてのサーバに一枚か二枚の光ファイバ・チャネルカードが配置でき、光ファイバースイッチ経由あるいは直接光ファイバディスクアレイのコントローラに接続することによって、データの読み書き速度を有効に保証でき、I/Oがネックになる可能性を避けた。クラスタにおけるすべてのノードに1枚のハードディスクパーティションが存在し、本機の操作システムとデータベース管理ソフト(DBMS)をインストール用に使われる。すべてのアプリケーションデータはすべて光ファイバーディスクアレイに保存し、一台のサーバーの失効による全体データベースクラスタシステムの麻痺を避けられる。また、1台のクライアント機械を選んでデータベースクラスタのコンソールとし、全体のデータベースクラスタのステータスと運行情報を集中的に管理できる。そして、すべてのノードにあるデータベースインスタンスを監視可能で、起動、停止などの管理操作が実現できる。

約2ヶ月の徴収期間内に、中心データベースInspur天梭TS20000Dの運行状況が良好で、二つの処理ノードの間に負荷が均一である。ネット税金申告、双方委託、委託代理徴収ソフトは天梭システム上に成功に運行できた。市レベルの集中処理システムは以下の特徴を表現している。

システムの運行性能が良好

Inspur天梭TS20000Dは厳格な標準化テストと実際の検査を受け、結果として該当高性能サーバシステムは負荷バランス機能、自動エラー許容切り替え、データ量の圧力、併発ユーザーの圧力、システムの拡張能力などの指標は予想基準に達しているかオーバーしている。

システムプラットフォームはより良好な投資効果を有し

この方案は伝統的な小型機を採用する案に比べると、投資が少なく、システム管理保護しやすいなどの長所を持つ。同じく市レベル集中業務のニーズに満足した前提で、Inspur天梭TS20000D高性能サーバはハードウェア購入及び設備運行のメンテナンスは約小型機システムの1/3~1/4となり、お客さんは大量の資金を節約することができる。

データの正確性を効果的に保証

新しい徴収管理システムは全市のすべての徴収管理データを市局のメモリーと処理と管理に集中し、県市区局の既存データベースの修正と管理権限を取り戻し、徴収管理データの勝手な改正と削除を減らし、徴収管理データの全面性と完全性及び真実性を有効的に保証できる。

電子申告の処理速度を向上

データを集約してから、インターネット税金申告、双方依頼、委託代理徴収システムは直接市局から納税者の情報を検査し、昔はシステムの下に各県、市、区は其々1つ銀税ゲートウェイを持っていたが、現在は一つを共用しているので、コストを大いに下げ、クラスタサーバーの性能は大きくアップし、3種類の申告システムの運行速度を加速し、動作安定性も大幅に強化した。

性能評価

1、高性能と高弾性

2台のInspur NF520D四本線サーバーと1台のInspurストレージシステムAS600を採用して、一つの負荷バランスのデータベースシステムに構成する。このシステムは2つのレベルから業務を均一化し、つまりそれは多くのユーザー申請を複数台のノード機に平均して処理できるだけでなく、単独のユーザーの大量負荷を複数の処理ノードに平均化できるので、システム全体の処理能力を高めた。将来、ノードサーバーをより増加することによって、システム全体のパフォーマンスを着実に向上することができる。該当システムは各レベルと配置のサーバー混用をサポートしているので、システムのアップグレード時に既存の投資を保護することができる。

2、高アベイラビリティ

該当システムはハードの設計上に、処理ノードからストレージ設備まで大量の冗長、エラー許容技術を採用しているので、ハードウェアシステムの信頼性を提供した。たとえある処理ノードにハードウエアあるいはソフトウェアの故障が出たとしても、システムは応用を透明で滑らかに運行が良好な処理ノードに切り替えられるので、システム全体にいかなる中断が出なく、しかもいかなる取引を紛失することはない。システム全体は高度利用可能性になり、単機システムよりはるかに優れただけでなく、普通の故障切替高いユーザビリティシステムよりも明確に良くなっている。後者はホストノードにトラブルが起きた時、ホストノードにまだ完成していない取引は切り替えで失うことがある。

3、集中管理

管理の複雑さを減らすため、システム設計上に集中的なコンソールを採用し、処理ノード、ストレージシステムやインターネットを監視・管理し、管理の複雑性とシステム費用を有効的に低下した。

Inspur 天梭TS20000Dデータ集中処理システムの成功応用は、バックグラウンドデータベースのSQL SERVERデータベースからより強く、より安定したORACLEデータベースへの移行を実現し、さらに徴税管理ソフトの応用を最適化した;徴収管理データ市レベルの集中処理の正式運行は、情報化が徴収管理業務への支え力度をさらにはっきりし、次ステップの徴収管理専門化分業に基礎を打ち立てた。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务