Inspur TS850が遵義のビジネス銀行におけるコアア応用システムを担う

事業背景:

遵義市のコマーシャルバンクは2001年に設立され、主に地方の中小企業に対する融資を担当し、地元で貯金と貸付規模の最も大きい金融機関になる。既存業務システムは性能、安全安定性に関して、銀行業務の発展ニーズに見合わなくなった。したがって、遵義市のコマーシャルバンクは既存のコア業務取引システムと中間業務に対してアップグレードすることを決定し、高性能なハードウエア設備と使いやすいソフトウエアを利用し、高性能、高いユーザービリテイ、拡張しやすい及び知能的な銀行プライベートクラウドを構築し、それにこのプライベートクラウドを使って様々なレベルでのディザスタリカバリ機能を持たせる。

事業分析:

この前、遵義市のコマーシャルバンクにおける業務システムは主に2台の小型装置によって構成されるデータベースデュアル機環境の中に配置され、そのコア取引システムのデータベースがダイレクトアタッチトストレージに保管され、業務ロジック処理はx86サーバーによって担われる。銀行業務の発展につれ、この古いシステムは性能、安全安定性において試練を受け、主に以下の二つに集中している:一つはシステム性能がボトルネックにあった。銀行業務量の激増につれて、既存のコア取引システムのデータベースはクライアントのニーズに満足できず、一つの仕事を処理するには時間が長く掛かる、その同時に、三つの並行操作のユーザーからクエリが出た場合、短時間内にレスポンスが停止する状況が現れる。

二つはシステムの安全性を保障できない。もともとの物理環境はデータベースのデュアル機方案だったので、ストレージ層のシングルポイント故障問題をよく解決できない、それにすべてのハードウエア設備が同じマシンルームにあり、何か意外な事故があれば、このマシンルームが使えなくなった場合、銀行全体のデータを失うことになる。このほかに、その業務処理層は物理計算機によって担当され、大きな電気エネルギーの無駄になり、一番重要なのは業務のスムーズな移行とディザスタリカバリを実現していない。

方案の概要及びメリット:

遵義市のコマーシャルバンクの実際状況及び銀行プライベートクラウドのニーズに基づき、Inspurは解決方案をカスタマイズした。この解決方案は業務ロジック処理層及びデータベースストレージ層の二層構造になり、その内業務処理層では主にコア取引システム及び周辺システム業務を処理し、データストレージ層では、主に銀行のコア業務データベースを配置する。

業務ロジック処理層では、コア取引業務を除き、中間業務も含まれる。例えば水道水代、電気代、電話代の代行上納等。これらの中間業務の特徴は運用するシステムが異なり、自分のデータベースを持つこと、それにデータベースの差異も大きいが、データ量がよりに少ないので、安全性、安定性に対する要求レベルが低い。オリジナルのデータはコア取引データベースから抽出され、業務全体のプレッシャーがそんなに大きくない、それに並行操作に対する要求レベルも低い、したがって、これらの業務をバーチャルマシンに配置することができ、これで物理計算機の使用を減らすことができ、コストの削減になる。また、バーチャルマシンが迅速に回復できる、業務ロジックのスムーズな移行、バックアップしやすい等の特徴及びSRM等コンポーネントを備えているので、ディザスタリカバリマネジメント、中断なしテストと自動化故障切り替え等機能を実現し、各中間業務の間の安全を確保する。

本方案の中で、2台のTS850サーバーを採用して、バーチャルマシンを同じ都市にある二つのマシンルームの2台AS1000G3デイスクアレーにクリエートし、コア取引システム及び周辺システム業務をバーチャルマシンに配置する。2台のTS850によって配置されるバーチャルマシンはお互いに受け継ぐことができ、業務を中断させないことを実現する同時に、バーチャルマシンをストレージに配置し、バーチャルマシン全体が業務とデータベースとのバックアップを実現する。同じ都市での違うマシンルームにあるストレージ設備の間のミラーリングは、業務ロジック層のディザスタリカバリを実現する。 

データベースストレージ層では、銀行のコア業務データベースを配置するため、このデータベースは他の業務システムデータベースのソースデータベースになるので、銀行のコア業務データベースがマシンの性能に対して要望が高く、それに安定的に24*7時間のフリーズしないことを確保しなければならない。したがって、コア業務データベースをTS850デュアル機システムに配置し、データのストレージサービスに専用され、リアサイドで既存のストレージと接続し、銀行のコア取引データだけを保存する。この層では、同じくストレージ設備の間のミラーリングコピーを通じて、ディザスタリカバリを実現する。TS850は20項目以上のRAS特徴を有し、データの安全性と安定性を保証でき、マインデータベースのサーバーが何か問題になった時も、バーチャルマシンによって一時的に受け継がれ、データ層の処理が中断しないことを確保する。

ようするに、この案では、既存の小型機より更に高い拡張可能性能を実現し、それに業務ロジック処理からデータストレージまで、層別に同じ都市、違う場所でのディザスタリカバリを実現する。バーチャル化、プライベートクラウドアーキテクチャを通じて、クライアントの既存設備投資を十分に活用し、ユーザーのために、大量な資金を節約する。

この案に対するコメント:

X86アーキテクチャサーバーはずっとRISC小型機に独占される銀行コア業務システムに参入できることは、Inspur TS850は小型機に取って代わり、肝心なコアアプリケーションを担う実力があることを表明する。伝統な小型機は閉鎖的、高価という弱点を持ち、それに対して、X 86アーキテクチャサーバーは開放的に、高いコストパフォーマンスのメリットがあり、専有アーキテクチャのマーケットにどんどん深入りして、銀行、電気通信等もっとも肝心な業務まで手がけることになった。以上の解決方案では、Inspur TS850の総合解決方案に基づく方案は銀行コア業務システムに成功応用され、TCOコストを下げ、システム性能を上げ、安全と信頼性を増すパフォーマンスが優れて、クライアントに高く評価されている。