InspurERP軍需産業解決方案

改革開放以来、国防科学技術工業は軍民結合方針を真剣に実行し、軍需品生産任務の完成を確保するとともに、軍需産業から民需産業への転換を強力に推し進め、国防の現代化と国民経済に重要な貢献を果たした。中国国防科学技術工業民需品の急速な発展は軍需産業が引き続き安定に発展することの基礎及び主な支えになっている。軍需品業界は技術集約型的で、品質の求めが最優先する職業である。

  

グループ、院級管理

グループ級管理コントロールプラットフォームには、三つのレベルが含まれている:集中業務の管理、グループ管理コントロール、グループ政策決定。

集中業務には、財務会計、資金管理、集中ロジスティックス、プロジェクト管理が含まれている。

グループ管理には、総合予算、実績管理、業務管理(計画コントロール、科学研究プロジェクトの完成状況を多次元に分析する)が含まれている。

グループ意思政策決定には、報告書管理、重要指標の早期警報、知能報告分析及び管理コックピットが含まれている。

工場(所)級管理

工場、所級管理コントロールとは、財務会計、予算、契約、資産、オンライン精算を中心して構築した工場(所)級の基本業務総合管理プラットフォームのことである。

科学研究生産管理システムとは、プロジェクト(技術)データ管理、生産計画、生産管理、ロジスティックス管理、品質管理などを主な内容とする科学研究生産システムのことである。

解決方案の価値

1、情報共有。InspurERP-Military industry解決方案は、企業は各種のベーシック情報の標準化、業務プロセスの規範化を実現することを助け、各種の情報資源の集積共有をサポートし、資源の最適配置ができる。

2、業務整合。InspurERP-Military industry解決方案により、各業務ユニットの連携がグループ管理コントロールの面に現れ、業務情報集積の要求を満足する;プロジェクト管理が業務運営の面に現れ、プロジェクトの成立から終了までの全ライフサイクルの管理を実現する。

3、業務拡張。InspurERP-Military industry解決方案はInspurGSPプラットフォームに基づいて開発され、将来企業のITアーキテクチャに敏活性と拡張性を持たせる。

4、戦略サポート。財務業務一体化の上で、業務財務データを整合し、管理層を助けて意思政策決定層の業務に対するマクロ的にモニタリングを実現する。内外部の情報を分析、利用することにより、意思政策決定サポートを実現し、また戦略実施中の偏差と改善のチャンスを発見することができる。

典型業界の取引先:Inspur、中国武器装備グループ会社の軍強化建設に協力

中国武器装備グループ会社は現在、78社のメンバー会社があり、総資産が380億元に達する。当社にはモータバイク300万台、ミニカー20万台を生産する能力があるだけでなく、長安汽車、嘉陵モーターバイク、建設バイク、天興儀時計など一連のブランドを持ち、長安汽車グループ、中国嘉陵グループ、建設グループなど一連の大手企業を育成した。

応用の実効は以下の面に表した:

1、グループはこのシステムの実施により、所属単位の生産、販売、資金などの状況を明確に把握し、二、三級単位に対する全面的なモニタリングすることが可能となった。このほか、所属単位に対する実績審査許可がより科学的になり、また、経営者に対する業績評価には十分な根拠が揃ってきた。

2、企業は経営を正確に事前予測、事中コントロール及び事後分析することができ、経営の集約化が推し進められた。  

3、グループの上から下への集中管理、及びメンバー会社の業務連携により、「合従連衡」という局面を迎えた。武器グループは大規模であるが、全社の経営が安定順調し、総合予算から、業務運営、資金収支、財務会計まで、完備な企業資源の最適配置のプラットフォームが形成した。