Inspur ERP軍需工業業界グループ管理制御解決方案

一、方案概要

Inspurは最先端のグループ管理解決方案と製品を基礎にして、数年来に軍需工業の業界に深く研究し、軍事の特色に合うグループ管理解決方案を徐々に形成した。この解決方案は「縦方向に管理し、横方向に協同する」を中心とし、グループの整備面、管理面や業務面の多層級の需要に満足する。軍需産業グループは情報化技術によって、集団化運営、産業チェーンの協同と資源の最適化配置を実現することが可能なので、グループ全体の業務効率と利益を向上し、また情報技術を利用してビジネスモデルを革新することができる。

  浪潮ERP军工集团管控解决方案

二、方案アーキテクチャ

  浪潮ERP军工集团管控解决方案

三、応用価値

1.戦略をコントロールし、グループ戦略の協力を実現

集中式管理情報化プラットフォームを通じて、軍事グループは本部でモデル計画、財務戦略、調達戦略、人力資源戦略、研究開発戦略など戦略の協同をコントロールし、戦略の管理行為を「可視化で、突き抜ける」行動過程に変えることができる。

2.集中的に採算し、集中管理の応用基礎を確定

集中採算は多会計本体に対応し、「セット帳」の財務採算管理システムは、伝統的なデータ合併処理から「セット帳」管理への転換が実現し、会社内の多会計主体の財務採算需要をリアルタイムで正確に満足できる。コアとなる構造は会計主体+機構+勘定科目+補助計算であり、この構造を通じて集団内部の細分化採算の目的を満たすことができる以外に、多種の財務集中管理の応用モデルに慣れることができる。

3.全面的に予算管理し、グループ戦略執行と監視能力を向上

グループ企業は戦略管理過程を成功に応用するには、その戦略企画と実施はセットにしなければならない。戦略ガイドにおける全面的な予算管理システムはグループ企業戦略企画から出発して、戦略計画の産業構造と経営戦略措置によって経営機構の中長期経営計画を確定し、さまざまな行動案、行動のスケジュール表、必要な資源を含む。また、それをもとに確定された中長期経営計画を生産高目標、利益目標、従業員目標、コスト目標で年度の予算目標に細分化する。

4.資金を集中して、グループのリスク抵抗能力を向上

資金管理情報化プラットフォームを通じて、資金の実物集中と管理集中を実現することができる。資金のリアルタイム集中は現金池の作用を発揮し、瀋殿された資金を活用し、資金の取引コストを下げることができる。資金の管理集中はグループ本社の監視を強化し、流動性の最も高い資金管理リスクをグループ本社にロックし、リスク警報とリスクコントロールを実現することができる。

5.資産を統括し、資産全ライフサイクル管理を実現

資産の価値維持と増加を実現するのは軍需産業グループの基本任務である。資産管理プラットフォームを通じて、資産全ライフサイクル管理をサポートし、資産計画、資産需要の申請、仕入れ、検査、受け取り、運行、補修、調達、棚卸、廃棄、処理の全過程管理に対応する。

6.人力を統一し、人力資源戦略の実行力を高め

軍需産業グループは関連業界が多く、地域分布が広く、業務性質の違いが比較的大きいので、人的資源管理はシステムに形成する必要がある。横方向からとって、完全な人力資源仕事理念と構想を形成し、一本のメインラインを通じて各機能の間の限界を貫通する。縦方向からとって、グループの人力資源システムは上下貫通が必要である。

7.リスクをコントロールし、グループの各類目標の実現を確保

人、財産、物品の集中管理を強化する上に、内部管理とリスク管理を強化し、全面的なリスク管理を行う。業務プロセス全体への管理と制御に焦点を当て、リスク認識とプロセス制御及びリスク警報などを実現する。全面的なリスク管理は企業の管理職や役員会に合理的な保証を提供し、戦略目標と経営目標と報告目標及び目標の順調実現を提供することができる。

8.業績が釣り合い、軍需工業グループの持続可能な発展を実現

軍需工業グループ性の企業の中で、業績管理システムは複雑な管理組織が正確に既存資源を利用して発展目標を実現することを確保すると同時に、会社がタイムリーに運行プロセスを調整及び改善して戦略実施の一貫性と連続性を促進する。軍需産業グループはバランススコアカードの管理思想を利用して、企業の長期的発展目標を定量化できる指標と業績評価指標に転換する。これらの指標は財務面、顧客面、内部プロセス面、顧客管理面などから選択し、指標の間に因果関係の連動が存在し、企業の日常行動管理と企業戦略目標を連動して軍需工業グループの持続可能な発展を実現する。

9.知能で方策を決定し、整備と方策決定面の管理洞察力をアップさせ

管理洞察力は、情報データによって理性結論を得る能力と未来を予測する能力である。情報が高度敵に集中している環境において、各級の管理者は数字だけでなく、もっと自分が利用できる情報を使って計画と決定を行い、管理洞察能力をアップする。Inspur集中管理システムは総合的なプラットフォーム、企業計器、管理モデリング、知能分析などのツールを通じて、各級の管理者が集中されたデータリソースを利用していろんな復雑な情報をできるだけ簡単に見せるように協力する。各級の管理者は組織に何があったか、何が起きているのが、何が起こるのかを把握することができる。高層管理者はどのように計画を立てるか、どれらのリスクがあるか、どのように決定するかを把握することができる。。

三、ベスト業務実践

中国宇宙科技グループ会社          西安航空エンジングループ

中国宇宙科工グループ会社          西安航空動力制御グループ

中国航空工業グループ会社          中国南方航空工業グループ

中国電子科技グループ会社          上海航空電器有限会社

中国兵器装備グループ会社          陕西千山航空電子有限会社       

中国船舶重工グループ会社         中国船舶工業グループ会社          

大型企業コンサルティングプラン事業:

中国商用航空機有限責任会社         中国兵器装備グループ            

中国宇宙科学技術グループ一院211工場     中国宇宙科技グループ第八研究院      

沈陽航空機工業(グループ)有限会社     中国宇宙科技グループ五院支院

成都航空機工業(グループ)有限責任会社   中国宇宙科技グループ一院211工場

中国空対空ミサイル研究院          中国恒天グループ

西安航空機工業(グループ)有限責任会社   恒天凱馬グループ

陕西航空機工業(グループ)有限責任会社   中国備蓄食料管理総会社

西安航空制動科技有限会社          沈陽航空機設計研究所