Inspur ERP軍事業種総合経営管理プラットフォーム解決方案

一、方案概要

「総合経営管理プラットフォーム建設目標」は軍需工業の科学研究所に向け、経営計画を根拠とし、全面的な予算管理を指導とし、科学研究プロジェクトを軸とした集中で共有で統一した作業プラットフォームである。このプラットフォームにおいて、「プロジェクト管理、経営計画、集中採算、全面予算、オンライン清算、契約管理、物資管理、資産管理、人力資源、意思決定支援」などシステムの統合環境によって、全院情報資源を統合して利用し、総合経営情報化建設に一体化した解決方案を提供する。この解決方案の実施を通じて、計画を予算実行への分解、契約の締結から予算任務の執行、プロジェクトの決済からコストの回収、物資流通から製品交付の全過程追跡を実現し、物流と資金流の繋がり管理が実現する。システムインテのグレーションを通じて「情報の孤島」を除去し、プロセス制御を強化し、管理政策決定に補助する。最終的に、科学研究の生産任務が成功に完成することを確保する。

二、管理特徴

1.国防応用と武器装備の特殊性

2.軍需品は一種の「特殊商品」

3. 型番開発は複数工場の共同展開が必要

4.製品構成が複雑で、研究周期が長く、品質要求が高い

5.型番管理は計画を強化し、コントロールを重視

三、方案アーキテクチャ

浪潮ERP军工行业综合经营管理平台解决方案

  

1.総合経営計画管理

軍事科学研究所総合経営計画は計画作成、計画実行、計画調整、監視分析など管理内に関わり、計画の実施状況は予算の情報フィードバックによる。統一した総合経営管理プラットフォームにおいて、総合経営計画と前面予算システムを確立し、システムインテグレーションに対して基準を統一して共同で「2つのシステム」一体化応用を推進する:業務の実現について、計画部門と財務部門の日常管理作業を緊密に結び合わせ、情報化応用について、統一したプラットフォームと統一した基準を利用して情報共有を実現し、一体化経営目標を順調に実現する。 

2.全面予算管理

軍事科学研究所管理特色の全面的予算システムは、縦方向に管理の実現を中心とし、上下各級が共同で作業する;横方向はモデルプロジェクトを軸とし、科学研究生産の全過程を貫き、予算編成とと予算コントロールと予算分析及び予算評価の一通り管理を実現し、コストコントロールを強化し、全面的予算と各業務システムの統合応用を徐々に実現していく。

3. オンライン清算管理

総合経営管理プラットフォームのオンライン清算システムは、軍事科学研究事業機構向けに開発した事前制御システムであり、このシステムは業務と予算管理を執行と向上するツールとして、予算システムと各業務執行システムと密接に統合して接続し、業務申請プロセスで承認フローと予算チェック機能を固化することによって、各機構の管理需要によって、システムで剛性予算の厳格管理と柔軟性予算の柔軟なヒントを実現する。

4.契約管理

軍事科学研究所はほとんどの対外業務プロジェクトと収支は要求通りに契約を規範する必要があり、契約管理を実施してからコントロールの要求を満たすようになる。契約管理システムの機能として、一つは日常管理仕事の需要に満足する。二つ目は統一したプラットフォームを通じて各業務システムとの統合応用であり、各業務システムのコントロール要求を満たす。

5.資産管理

軍事科学研究所の資産は固定資産、計量器具と実験用器具など広義の資産を含む。資産申請、仕入れ管理、資産実物管理と重大な事項の承認管理機能をカバーする。仕入れプロセスにおける資産申請、資産購入契約、サプライヤーの管理、請求、支払い記録、購入インボイスの管理制御を実現する。システムが提供する購入する資産の年度予算や予算発生数のトラッキング機能は、資産購入申請の承認に定量的な指標を提供する。

6.物資管理

Inspur物資管理システムは主に仕入れ管理、在庫管理、棚卸資産管理モジュールを含む。科学研究所の原材料、生産アクセサリの倉庫管理や在库計算の需要を満たすことができる。物資の管理システムは材料類や科学研究生産補助用物資の一般的な管理パターンをサポートし、専用物資の特別管理パターンもサポートし、すなわち、プロジェクトを軸とした管理である。

7.品質管理

品質管理システムは企業の品質検査管理者が原材料と補助材料検査、仕掛品、半製品の検査、製品の検査、及び検査で不合格となった資材の処理など一連の品質検査管理事務を完成する。また、システムは製品の等級分けの関連品質検査事務の処理も実現した。品質管理システムは軍事研究機関の需要によって設計され、システムは特にひとつの多段階で連続ステップの品質管理活動をサポートするので、それによって、ユーザーは品質検査過程における各プロセスの正確な状況やデータ情報をタイムリーに把握することができる。

8.意思決定支援管理

軍需産業向けの科学研究所の意思決定支援システムは、その内容が早期警戒指標システム、警戒分析モデル、早期解決方案をカバーし、事後計算と単一業務を主とする情報システムを変え、情報システムの管理レベルを向上させた。このシステムは研究所の管理層に科学で完全なデータ情報を提供し、研究所の重点事業、財務、資金管理状況を適時の早期警戒分析を行う。

四、応用価値

1.全院の情報資源を統合し、「情報の孤島」を避け、情報の共有を実現

2.作業プラットフォームを統一し、内部協力を強化する;ワークフロープロセス化、進捗可視化、組織と疎通の効率を高め

3.科学研究プロジェクトを軸とし、科学研究生産の終始を貫き、研究プロジェクトの全周期管理を実現

4.複数案件、複数組織が並行する経費計画や経費実行の有効管理を実現

5.キャッシュフローの一通り管理を実現し、真実なコストをマスターし、見積もりの優位を取得

6.物流の一通り管理を実現し、科学研究の物資保障能力を向上

7.多次元分析、指標監視、リアルタイム警告、補助管理政策決定を実現

8.軍需機構の安全秘密保持要求を厳守し、機密に関わる網と非機密に関わる網の分散集中配備を実現

五、ベスト業務実践

中国商飛上海航空機設計研究院    中国工程物理研究院

宇宙一院と各級の工場        中国航空工業グループ601所

宇宙五院と各級の工場        中国航空工業グループ014所

宇宙八院と各級の工場        中国航空工業グループ631所

宇宙四院と各級の工場        中国航空工業グループ609所

宇宙六院と各級の工場        中国航空工業グループ606所

宇宙七院と各級の工場        中国航空工業グループ615所

宇宙九院と各級の工場        中国航空工業グループ608所

宇宙十一院と各級の工場       中国航空工業グループ614所

宇宙科工グループ宇宙二院二部        中国航空工業グループ624所

宇宙五院西安分院           中国航空工業グループ637所

宇宙503所              中国航空工業空力研究院

宇宙704所              中国航空工業第一飛行機設計研究院

宇宙東方紅衛星           中国卫通