Inspur ERP公安総合管理制御プラットフォーム解決方案

一、方案概要

経済が高度に発展する情報時代において、社会治安情報量と公安管理業務量は急激に増加しており、従来の公安業務方式はすでに新しい形勢における任務の要求に対応することができなくなっている。新しい形勢における任務が公安業務に対して突きつけた新しい要求と試練に向き合うには、従来の警備業務モデルを変え、現在の治安形勢、チーム現状、技術レベルと相応の現代警備業務構造を構築しなければならない。

Inspur ERP公安総合管理制御プラットフォーム解決方案は公安機関管理業務を基礎として、経費予算を管理制御のメインとして、公安機関における人財物の各方面の集中管理を実現し、各公安機関が自己及び各下級機関に対して行う集中管理制御のニーズを満たすことができる。全国警備情報共有とハイエンド応用レベルを向上させ、情報科学技術の打撃犯罪、安定維持、社会管理、大衆サービス等の方面の総合性能を最大限発揮する。

二、方案アーキテクチャ

1.基礎環境建設及と制度規範

Inspur会社は総合ITサービス能力を有しており、各公安機関にハードウェアとネットワーク基盤建設からセキュリティ体系、データベースプラットフォームに至るまでの高品質の製品とサービスを提供することができる。Inspur会社はすでに豊富な集中式情報化建設経験を積んでおり、システム実施過程中において、Inspur会社は各公安機関に対して専門の情報化計画設計と制度規範化アドバイスを提供し、公安機関が管理制度と業務操作プロセスの規範化と基準化を実現することをサポートする。

2.業務処理面

Inspur公安総合管理制御プラットフォームシステムは各機関に財務計算、ネット経費申告、経費管理、人材資源管理、資産管理、資金管理、電子購入、情報管理、警備業務共通、地理情報管理等の管理業務を提供し、公安機関の業務管理ニーズを満たすことができる。同時に、現有の業務システムの応用を考慮し、私たちのシステムは開放的データポートを提供し、異種システムとの集積化応用を実現し、公安機関に統一的な情報化応用プラットフォームを構築する。

3.管理制御面

本計画では集中管理制御モデルを採用し、各機関が統一的基準と規範を作成することをサポートし、各管理制度と政策の実施を促進する。各業務操作は統一的基準と規範の下で行われ、公安管理業務を基礎とし、経費予算を管理制御のメインとして、公安機関における人財物の各方面の集中管理を実現する。

4.管理者意思決定面

本計画方案は上層部の管理者に対して便利かつ豊富で直感的な意思決定サポートプラットフォームを提供し、事前警報、重要指標リアルタイム検索、最初期情報の公開、モデル予測、報告分析等の方式を通して、管理者の意思決定に対して直接的なサービスを提供し、最終的に管理者の管理コックピットを実現する。同時に、各業務は統一的情報化プラットフォームで操作されるので、データの集中を実現し、統計分析と意思決定サポートに対して、十分なデータサポートを提供し、管理者の意思決定をサポートする。

5.公安情報ウェブサイト

本情報化計画は各システムに対して統一的な情報ウェブサイトを提供し、公安ネットワークを借りて、統一的情報ウェブサイトを作成し、各応用システムに統一的入口とワンストップ式のプラットフォームを構築し、それによってより良く使用者に個性化した総合情報サービスを提供することができる。

6.応用開拓

公安機関は情報化建設過程において、自己のニーズに基づき、現在の管理において最も切迫したニーズを先に満たすことができる。自身の不断な発展と管理体制の持続的変革に伴い、本計画は同時に後続する情報化開拓ニーズを考慮し、後続するシステム建設と本期システムの繋がりを保証し、情報の孤立が発生するのを回避した。

三、応用価値

1.統一的情報化プラットフォームを構築し、集中管理モデルを作成し、本部-都市-区県の多数レベル集中管理を実現し、本部と各下級機関の間における業務の規範化、プロセス化を実現し、それにより情報資源共有とインタラクティブを保証し、情報処理の正確性、リアルタイム性、全面性の要求を満たす。

2.業務管理一体化を実現、業務管理、意思決定協同を実現。管理は業務に基づき、意思決定は業務に基づき、財務の計算、監督、経費、予算、資産等の業務制御は業務管理の全過程の中に融合され、各部分の協同を実現する。

3.予算管理、経費管理、ネット経費申告、財務分析と検索等のシステムの建設を通して、各級の公安機関の予算執行、経費管理に対して行う自動制御と予算を実現し、各経費の支給使用に対して追跡監督を行い、それにより各級の公安機関の管理者はリアルタイムに本級と所属公安機関の経費保障状況を知り、把握することができ、財務内部監督管理を強化する。

4.科学化、高効率化した現代警備業務構造を構築し、警備業務共通、警備業務総合情報応用プラットフォーム、公安情報ニュース総合応用システムプラットフォーム、警備用地理情報システム、画像情報総合応用プラットフォーム等の一連のシステムの建設を通して、公安業務の発展進歩に対して強大な科学技術サポートを提供し、公安管理業務レベルを全面的に向上させる。5.事前警報と意思決定サポートプラットフォームを通して、機関本部がマスデータの中から重要な情報を取り出し、それをKPI指標に変えることをサポートし、システムがデータに基づきリアルタイム監視制御を行い、科学化、高効率化した意思決定指令構造を構築し、管理者の意思決定サポートを補助し、公安業務の規範的管理と持続可能発展を促進する。

四、ベスト業務実践

1941年3月24日、山東省戦時業務普及委員会公安局が正式に設立され、これは山東省公安庁の設立を意味している。これは中国共産党指導者の下で初の省級公安機関である。

山東省公安庁の上層部は財務情報化業務を非常に重視しており、全面的な細かい選別を経て、最終的にInspurグループとの提携を選択し、1994年に財務電算化を実現し、2008年には全省財務大集中管理を実現し、統一、基準、集中の財務計算情報化プラットフォームを構築し、近年には思考を革新し、大財務、大プラットフォーム、財務は業務のためにサービス、財務は業務のために厳しく検査するという思想を基に、公安部専門ネットを頼りにして、財務業務一体化の管理型財務情報化プラットフォームを構築する。現在までにおいて、応用機関は以下の通りである:山東省公安庁機関、11ヶ所の直属機関(濱海公安局、斎都公安局、空港公安局、地方鉄道公安局、銀山公安局、山東省公庁公安警備管理総合隊、高速道路管理分隊、山東省警察学院、山東省済寧人民警察訓練基地、山東省淄博人民警察訓練基地)、17ヶ所の地方都市公安局等の機関。主なシステムには、帳簿事務処理、補助管理、売買管理、現金管理、給与管理、固定資産計算、報告表管理、経費管理(予算管理を含む)、ネット経費申告、資産管理、財務分析と検索、モバイル応用プラットフォームと財務システムデータポート等が含まれている。

財務規範化管理を実現したことで、会計計算から財務管理へのモデルチェンジが監督管理を強化し、設備財務業務の広範囲から精細化へ、経験から規範化へ変化する目標を実現し、省公安庁財務全体管理レベルを高め、財務情報化業務の新たな向上、新たな飛躍を実現し、公安システム財務情報化の応用モデルとなった。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务