Inspur 電子政務「12365」品質監視ホットラインシステム解決方案

業界背景:

中国のWTO加盟と世界経済一体化構造の形成に伴って、政府機能の転換が加速し、効率的に運営する電子政府を確立する要求が切実である。電子政務を実施することは、マクロコントロールを強化し、管理能力を強め、部門間調整を増強し、資源の共有を実現し、行政の透明性を増加、コストを削減し、効率を向上させ、良いサービスを提供することと勤政廉潔政治などに重要な作用を持ち、きっと国民経済と社会発展の情報化プロセスを大きく動かす。

近年来、国の開放と人民生活が日々豊かになることに連れて、製品の品質が大衆の生活にかかわる一部となり、国はだんだん品質の仕事と検査検疫の仕事に対して管理力度を強化し、品質検査仕事の情報化建設の「ゴールド質プロジェクト」を計画した。広大な消費者より製品の品質を監督し、偽物・劣悪商品の取り締り監督力度を十分に強化するために、国家品質技術監督局は最近「12365」の品質クレーム通報電話を開通した。「12365」は特殊なサービス番号として以下の意味がある:12は1年の12ヶ月を代表し、365は一年の365日を代表し、意味合いとしては品質監督部門が毎日消費者にサービスを提供することである。

告発作業がタイムリーかつ効果的に展開することを保証し、検挙人に責任逃れ、責任を負わなく、報復など現象の発生を防止し根絶することを保証するために、告発仕事に対して科学的なプロセス規範と効果的な仕事監督を行い、各技術監督局は現代情報技術を利用し、特にパソコン通信インテグレーション(CTI)をコアとなったコールセンター(CALL CENTER)技術によって、「12365」品質監督ホットラインサービスシステムを確立する必要がある。それは大衆と製品品質サービスを接続する橋となり、品質技術監督局窓口の延長、及び品質技術監督局が大衆に電子化サービスを提供するポータルとなる;偽物や粗悪品を打撃して、一流の製品を保護することに橋きずなの役割を果たす。

新しい形式における品質検査業務の展開を保証するために、各級の品質検査部門が管理サービス型に転換し、品質技術監督法律執行の透明度を向上させ、仕事の制度化と透明化を強める。コールセンターは顧客サービスシステムとして、社会に向ける窓口を提供することができ、電話、FAX、携帯メッセージ、WEBなど様々なサービス手段を通じて大衆の意見と提案を集め、偽物などの告発情報を受け、大衆に品質検査政策法規と人々の生活と密接に関係する各種商品の購入知識などを提供することによって、品質検査仕事を大衆の中に溶け込み、人民の生活に実際の利点を実現する

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务