健康記録に基づく地域情報プラットフォーム解決方案

ここ数年、中国の衛生情報化はある程度発展してきたものの、全体的レベルと実際ニーズの差は非常に大きく、衛生情報化の発展は人々の医療衛生サービスニーズを満たすには程遠い状態にあり、医療衛生機関内部管理及び衛生行政部門が情報を全面的に把握するニーズを満たすことができないでいる。これは主に以下の点に現れている:

1、地域医療機関の各業務情報システムの分割、相互独立

2、各業務プロセスの不統一、不規範

3、統一計画とトップ設計の欠乏

4、需要分析に理論方法が欠けており、事業とITのみを駆動としている

5、各縦向きの情報システムの建設により多くの「情報の無駄」、「情報の孤立化」が発生

6、情報の基準と規範の立ち後れ

7、投入不足、技術人材欠如

以上の現状分析を通して、以上の各種問題を解決するために、中国医薬衛生情報化の発展を推し進め、地域衛生情報化の建設を通して必ず以下の需要を重点的に満たしていく:

1、「高い診察、難しい診察」という市民生活問題の解決に対する需要

2、全地区統一の市民電子健康記録の作成に対する需要

3、医療衛生サービス品質と効率の向上に対する需要

4、各医療衛生機関情報化の統一化、規範化に対する需要

5、衛生監督管理、業績審査とマクロ意思決定能力の向上に対する需要

6、医療衛生健康サービスの都市と農村の一体化の実現に対する需要

7、現代地域医療衛生サービス体系の構築に対する需要

8、中国医療衛生体制の深化改革の推進に対する需要

特徴

1、Inspur地域衛生情報プラットフォームは国内唯一の完全にHL7標準設計に沿ったプラットフォームシステムである。

2、Inspur地域衛生情報プラットフォームを通して、地域内の各医療機関、公共衛生、市民健康ファイルのデータセンターを建設することができ、病院がアップロードするサービスインターフェースを建設し、病院の医学検査、検査データアップロードサービスを実現し、各種電子検査リストや検査リストの各医療機関の間における一単通リストを実現する。

3、Inspur地域衛生情報プラットフォームを通して、病院とコミュニティサービスセンター間の二方向転院機能を実現することができ、市民の入院記録の1ページ目の情報の共有を実現し、医療費用の管理を実現する。市民健康カードを統一で管理し、地域内の各医療機関の一卡通カードを実現する。またデジタル化した集積プラットフォームを提供し、全市の全ての医療機関の情報システムを連結し、異なる機関のデータ相互交換を実現する。

4、Inspur地域衛生情報プラットフォームを通して、市民は自己の健康記録と電子カルテ情報を随時閲覧することが可能で、市民健康問題に対する分析とデータ展開を通して、市民に対する即座の健康保健と疾病予防指導を実現する。

5、Inspur地域衛生情報プラットフォームを通して、全体地域内の各種衛生資源公共情報を整合することができ、各種医療業務データに対するマイニング分析を通して、責任者レベルの意思決定に対してサポートを提供する。