Inspur Loushangプラットフォームに基づく薬品監督管理解決方案

薬品監督局「ワンストップ式」行政審査協同事務プラットフォーム建設目標:

事務効率と品質を向上する自動化協力プラットフォームを建設し、管理プロセスを最適化、業務手順を規範化し、各業務の正確性と制御程度を高め、ペーパーレス事務を最大限実現し、業務効率を高め、事務コストを削減する。

行政許可審査サービスプラットフォームを建設。

全省機関ユーザーが内部ウェブサイトと外部ホームページの情報管理を素早く行うことに対応する。

科学的評価体系を構築し、各業務と責任者の意思決定に向け、正確かつリアルタイムなデータ参考根拠を提供する。

全省食品薬品監督管理システムの公文書流転、通知交流、行政審査管理、行政審査監察管理、諮問クレーム管理、待機事業管理、公示公告管理、会議管理、情報管理、フォーラム管理、会議管理、業務メール管理、ホームページ情報管理動態情報を全面的に把握し、また第二段階の食品薬品安全データセンター建設と第三期業務応用システム実施に向けて基盤を固める。

科学的かつ高効率の食品薬品安全及び機関内部の知識管理プラットフォームを構築する。

Inspur Loushangプラットフォームに基づく解決方案

1.応用業務基礎プラットフォームの目的

業務基礎プラットフォームはシステムの中間レベル部材として、それはOSプラットフォームやデータベースプラットフォームを越えたミドルウェアソフトウェアに基づき構築されており、良好なプラットフォーム互換性、配置の弾力性、相互操作性、基準性等の特徴を有し、それにより応用サポートプラットフォーム上に構築された業務応用システムに基づき、短い建設周期、強いプラットフォーム移植性、安定的なシステム運行、便利なメンテナンスの目的を達成する。

2.Loushangプラットフォーム建設応用システムに基づく構想

本事業はJ2EE多数レベル構造に基づくプラットフォーム化策略を採用しており、モジュールとモジュール化技術を幅広く使用し、Inspur Loushangプラットフォームを核心として、システム建設目標と要求を設計根拠とし、コンピューター管理の実現を目標とし、データセンター及びデータセンター管理プラットフォームをデータ組織に、データ共有及びデータ交換を手段に、プラットフォーム化策略を採用し全体設計を行い、全体枠組みの設計上において、データ交換、情報協同の設計理念を重点的に体現する。「システム開発環境とツール国際先進化、技術レベル国内トップクラス性」の原則を維持し、システムが実際の業務ニーズと結合できることを保証し、先進性、実用性、信頼性、開放性、弾力性、拡張性、安全性、互換性、規範性、統一性を備える全省OA及び行政許可審査システムを全面的に構築する。

3.省食品薬品監督管理局事業建設過程中において応用ソフトウェア開発に対するニーズを対象として、Inspur Loushangプラットフォームに基づく応用サポートプラットフォーム解決方案の全体アーキテクチャを策定する。

応用サポートプラットフォームは主に広東省食品薬品監督管理局業務応用システムに向けて共通性と重要性の問題を解決

応用サポートプラットフォームは資源の集合として、省食品薬品監督管理局業務応用中における公共または再利用性の業務処理ロジックを集結させ、基準かつ開放的な情報加工処理(ソフトウェア)資源を形成する。データベースに対する共有アクセス及び業界外との情報交換を提供することを通して、応用サポートプラットフォームが広範囲の共有情報資源集合を形成し、各業務システムの性能を高めるのに有利となる。

応用サポートプラットフォームはサポート環境として、資源共有に基づくソフトウェア開発、運行とメンテナンスサービスを提供し、それにより省食品薬品監督管理局の業務システムは有機的な全体を形成し、同時に応用サポートプラットフォームの不断な改善も各業務システムの持続的発展の重要方面である。

応用サポートプラットフォームは基準規範である。応用サポートプラットフォームの実現には基準化と規範化による拘束とサポートが必要で、省食品薬品監督管理局の業務システムの基準化と規範化は具体的に応用サポートプラットフォームの建設、管理、運行とメンテナンス中に体現されている。業務応用の基準化と規範化は応用サポートプラットフォームにより実施することが必要である。

応用サポートプラットフォームはサービスセンターとして、情報及び情報処理サービスを提供することにより省食品薬品監督管理局業務応用をサポートし、また各業務に対してプラットフォームに基づく応用生成、安全、最適化配置、作業フロー等の多方面かつ全方位のサービスを提供し、さらに業務応用のために特別策定した知識、資源の委託管理等の拡張サービスを提供することもできる。

応用サポートプラットフォームは管理基盤として、システムの運行メンテナンスと管理中において、資源メンテナンスと管理という重要な職能を背負っている。

ソフトウェア資源共有体系の規範の下、応用サポートプラットフォームに基づく応用システム開発は、一方では共有ソフトウェア資源の集合を不断に充実することができ、もう一方ではすでに有するソフトウェア資源を不断に共有することもでき、それにより、ソフトウェア資源の共有を実現し、重複開発の減少、運行メンテナスコストの削減という目的を達成する。

典型応用

1、広東省食品薬品監督管理局

2、中国疾病制御センター