Inspur基盤病院管理情報システム解決方案

現在、中国国内の中小病院または農村地域の病院の現状:

1、薄弱な情報化基盤。専門のパソコン技術人材がおらず、複雑なソフトウェア操作を覚える難易度が高い

2、高くない現在の効率。現在、多くのプロセス操作は手によるもので、効率が低い

3、中小病院に鑑別力が欠けている。非専門で信頼できない会社及びソフトウェアにより病院はソフトウェアを交換するしかない

4、現在の政策ニーズを満たすことができない。国家が普及する新型農村協力医療と結合することができない

5、資金欠乏。支払能力が不足し、情報化のハードルが高くなっている

6、薄弱な情報化ハードウェア基盤。多くの場所にハードウェア設備がない

特徴:

1、業務レベルを素早く向上:中小病院における問診待ち受け番号、内訳記入/費用徴収、薬の処方、薬品庫、薬局、責任者検索等の業務プロセス電子化の実現;「一卡通カード」と「電子カルテ」の実現

2、業務操作プロセスの規範化、操作透明度の向上、「過剰投薬」等が発生するのを防止

3、管理者は素早く、リアルタイムに病院の1円からの支出と収入の行方や全ての医療従事者の業務時間における全ての活動過程(例.処方状況、カルテ状況、病人に対する投薬、検査、検査状況、作業量等)を把握可能

4、低コストかつ素早く情報化配置を完成

5、病院のメンテナンス操作を簡潔化し、メンテナンスの難易度を削減

6、合理的投薬と薬品分類管理能力を高めて、基盤医療従事者が品質を確実に保つために、処方ミス及び不合理な薬物配合を防止