Inspur都市公共交通クラウド解決方案

中国都市化プロセスの加速と社会経済の快速発展に伴い、各種自動車の保有量は劇的に増加しており、都市交通の渋滞、停車位置の不足、交通事故の頻発等の一部関連の交通問題を引き起こしている。

都市公共交通を大幅に発展させることは都市交通ストレスを緩和する最も有効的な方法である。国家、省、市の「国民経済と社会発展十一・五計画概要」は公共交通の発展、情報化レベルの全面的向上という発展戦略を優先することを発表した。交通部は「都市公共交通「十二・五」発展計画概要(意見募集原稿)」において、「公共交通優先」の発展戦略の実行を加速させることを明確にした。2011年、交通部は『国家公共交通都市建設モデルプロジェクト展開関連事項に関する通知』を発表した。国家「公共交通優先」建設の核心はつまり、科学的計画調整制御、ネット改善、施設建設、情報サービス等の措置を通して、不断に公共交通システムの吸引力を高め、大衆の乗用車に対する依存度を下げ、原因から都市交通需要総量と外出アーキテクチャを調整制御し、都市交通運行効率を高め、根本的に都市交通渋滞を緩和する。また「公共交通都市」の建設目標を実現するために、公共交通基盤施設の投入の拡大を除き、さらに公共交通情報化建設の歩みを加速させる。

現在、中国各都市の公共交通情報システム建設の歩みはばらついており、多くの地域の公共交通情報システムはまだ整ってはおらず、以下のような問題が普遍的に存在する:

公共交通スマート指揮調整システムが欠如しており、公共バスに対する科学的かつ高効率の調整と監督管理を実現することができない;

車搭載カードリーダーは今もなおネットワーク化機能を実現しておらず、カード読み取りデータに対してリアルタイム監督管理を実現することができない;

公共バス車内に映像監視制御設備が欠如しており、異常事件に対して録画映像による証拠を提供できない;

公共バス車内に客流量統計設備が欠如しているため、公共バス内の乗客密集度をリアルタイムに監視測定することができない;

公共バス車内に図形化した自動バス停通知設備が欠如しているため、一部都市において依然として手動によるバス停通知を行っており、公共バス運転手の労働強度を増加している;

公共バス企業情報プラットフォーム建設は未だに不完全であるため、未だに企業OA、財務、人材資源、物資の協同管理を実現していない;

公共交通公告資源管理に情報化手段が欠如しているため、広告収益の最大化を実現することができない;

公共バスの動態監視測定とメンテナンス保護管理機能が欠如しているため、公共バスの故障事前警報を実現することができない;

車両の修繕の情報化管理を未だに実現していないため、車両の部品に対する科学的かつ高効率の管理が行うことができず、車両修繕の効率の低下をもたらしている;

時代後れの乗客情報サービス手段により、一部都市では未だに公共バス路線の携帯ショートメール検索、公共交通ホットライン検索、ホームページ検索、携帯クライアント検索等の機能を実現できておらず、また一部都市のバス停にはバス停電子プレートが欠如しているため、バス停到着の事前通知機能を実現することができない;

公共バスカードのお金のチャージ方法が単一で、ネットチャージ機能を備えていない;

公共交通情報システムは多数の段階に分かれて建設されるため、各部門間に存在する情報の壁を招き、データ共有を実現することができず、データの深いマイニングと利用を行うことができない。

Inspur都市公共交通クラウドはクラウドコンピューティングとユビキタスネット技術をサポートとして、公共交通情報システムに対して統一的計画を行う。

Inspur都市公共交通クラウドは国内において「 115」建設モデルを率先して発表した。それはつまり、1つのクラウドコンピューティングセンター、1つの公共交通情報指揮センター、5つの応用プラットフォーム(生産運営プラットフォーム、安全管理プラットフォーム、広告運営プラットフォーム、企業情報プラットフォーム、乗客サービスプラットフォーム等を含む)。

Inspur都市公共交通クラウドは公共交通情報システムの全ての機能をほとんどカバーしており、その主な特徴は以下の通り:

1、クラウドコンピューティングとユビキタスネット技術をサポートとして、各種情報化手段を利用して都市公共交通に対して統一的計画を行う。

2、Inspur都市公共交通が使用するソフト・ハードウェア製品は全てInspurグループにより自主研究開発生産されている。

3、Inspur都市公共交通クラウドは公共バスの車内、プラットフォーム、ターミナル、会社における全面的な安全監視制御を実現した。

4、Inspur都市公共交通クラウドは公共バスの動態監視測定とメンテナンス保護管理機能を実現した。

5、Inspur都市公共交通クラウドは公共交通広告資源管理及び広告運営管理機能を有することで、公共交通広告のスマート化運営を実現した。

6、公共交通カードリーダーはスマート車搭載端末を通してクラウドコンピューティングセンターにアクセスし、カード読み取りデータのリアルタイムアップロード機能を実現し、またデータのリアルタイム決算も保証した。

7、Inspur公共交通クラウドはユーザーの乗車体験を強化した。それには以下を含む:

  公共交通カードネットチャージ、プラットフォームICカードチャージ、領収書印刷;

  電子バス停標識を通して、公共バスの到着事前通知機能を実現した;

  公共バス内において音声、映像、文字が相互的に結合した自動停車駅通知機能を実現した;

  携帯クライアントを利用して公共バス路線、公共バス停及び車両の位置等の情報を検索;

  携帯メールを利用して公共バス路線、公共バス停及び車両の位置等の情報を検索。