信頼性と高性能を兼ねる――Inspurサーバーが合肥市の旅客輸送チケット販売オンラインシステム

現在、InspurはNF560D2をプラットフォームにし、9箇所の旅客輸送ステーションのチケット販売システムを統合し、「合肥市の旅客輸送チケット販売オンラインシステム」を構築する。昔のステーション毎にチケット販売システムが孤立し、アプリケーションシステムがばらばらだった局面を一変して、市民は近くのステーションでチケットを購入することができ、「南ステーションのチケットを南ステーションで買う」事がない。

顧客ニーズ分析

現在、合肥市では、4社の旅客輸送企業が管轄している9箇所の旅客輸送ステーションがあり、合肥汽車トータルバスステーション、省旅客交通飯店バスステーション、星辰旅行バスステーション、新亜バスステーション及び東、南、西の三箇所乗り換えセンターと合裕路乗換えセンターである。それぞれのバスステーションでは、チケット販売システムが孤立し、お互いに独立し、且つアプリケーションシステムが同じではない。たとえば:東ステーションのチケットは東ステーションしか売れない。南ステーションのチケットは南ステーションしか売れない。市民が出かけるときに、チケットの購入が極めて不便である。合肥「大建設」の計画にあわせて、合肥バスステーションが多い、且つ分散することによる市民のチケット購入難の課題を解決するために、合肥市は用途専用の資金を「合肥市旅客輸送チケット販売オンラインシステム」プロジェクト建設に投入し、市全体でどこでもチケット販売を実現した後に、市民は近くのステーションでチケットを購入し、出かける時のチケット購入に大きな便宜を図る。

今回のプロジェクトは合肥の複数ステーション複数販売窓口をつなげてチケット販売することになるので、統一のシステムプラットフォームが必要で、既存のチケット販売場所は前の1箇所だけの販売から複数個所の販売へシフトする。同時に、ネットワークの流行に伴って、クライアントは多様なアクセスニーズが生まれる。たとえばオンラインでチケットを調べる、オンラインでチケットを購入する行うもクローズアップされる予定。

チケット販売箇所の増加に伴って、業務量が増えて、プラットフォームのプレッシャーと負荷も増え、且つアクセス量が急速に増える可能性もあり、パブリックネットワークのインターフェースを提供してからオンラインの取引人数が5000ぐらいになると予測する。プロジェクトの第二期と第三期及び今後の省各地のデータ集中も考慮中なので、システム性能及び拡張性について、高い要求が出される。

システム構築で計画するアプリケーションシステムは以下のとおりである:

1)データベースサーバー。2)アプリケーションサーバー。3)WEBサーバー。4)レポートサーバー。5)内DNSMDアンチウイルスサーバー。6)データトランスミッションサーバー。プロジェクト全体のアプリケーションを確認して、キーアプリケーションはデータベースサーバー、アプリケーションサーバー、WEBサーバーであることが分かった。

1.WEBサーバはパブリック向けの直接インターフェースとして、大きな並行操作トラフィックのプレッシャーを受けるでしょう。次は置かれるネットワーク環境が複雑で、予測できないウイルス進入等の攻撃にあうかもしれない。

2.データベースサーバーは各ステーションのチケット販売窓口アプリケーションサーバー及びパブリックネットワークのオンラインチケット調べと予約のアプリケーションサーバーのリアエンドデータクエリー請求を担って、コアアプリケーションとしてダウンすることができない。万が一ダウンしてしまうと、非常に悪い社会影響を与える。

3.今後、省全体の旅客輸送資源を統合し、データの集中化をする予定。短距離のルートは合理的な回避をし、今後の省全体のオンライン販売を準備する。

4.チケット販売システムのデータが非常に重要で、万が一設備が故障したら、データが失われるかもしれない。システムデータのバックアップを考慮すべき。

解決方案

以上の問題及びアプリケーションの特徴とあわせて、以下の案をお勧めする:

1、ロードバランスメカニズムを構築し、平衡操作のプレッシャーを分流し、システム性能及び信頼性を向上する。

2、バックオフィスのデータベースハイアベイラビリティクラスターを構築し、さらにシステムのアベイラビリティと持続性を保障する。

3、初期のデータストレージ及びバックアップシステムを構築する。

データベースサーバー2台及びWEBサーバーはInspur四ウエイNF560D2を採用する。アプリケーションサーバー2台は高い配置のNF380を採用する。他の関連サブ業務システムはNF380低い配置で運行する。データベースリアエンドのシェアストレージはInspur AS800を採用し、アプリケーションサーバーのフロントエンドで1台のInspur TS8650を配置し、アプリケーションのロードバランススケジューリングを行う。

方案の説明

調査によると、トータルバスステーションの1箇所だけで、日当たりの歴史最高データは10万人回を超え、統合した後の9箇所ステーションのピーク値は30万人ぐらいになる。チケット販売窓口でチケットを販売する時に、何度もチケットを調べてから最終的に販売成功になるので、窓口システムの平行操作アクセス量が多きいため、将来もさらに増えることも予想されるため、複数のサーバーでロードプレッシャーを共同負担する案をお勧めする。

1、高い配置のWEBサーバー、四ウエイ四カーネルのフル装備で外部ネットの突発ロードプレッシャーに対応する。ファイヤーウオールストラテジーによって安全を守る。

2、合客グループのオンラインチケット販売システムの重要性を考えて、1台の設備でデータベースを運行する方式は安全係数が高くない。データベースシステムの持続使用性能を高めるために、データベースモジュールにデュアル機モデルを採用するようお勧めする。すなわちデータベースモジュールには2台の四ウエイCPUフル装備のサーバー及び一台のストレージでデュアル機ハイアベイラビリティシステムを組み合わせる。これで業務の持続性を保証する同時に、故障機械の復旧のために時間稼ぎができる。

3、アプリケーションサーバーは2台を装備し、ロードバランサーによって資源の調整を行い、旅客輸送ピークに対応する能力を大きく引き上げる。同時に今後のWEBシステムのためにグレードアップ後のロードバランスを提供する。

4、今後システムの省全体のオンライン販売、同時にデータベース応用の高性能要求を考慮して、フル光ファイバーストレージを配置し、今後の光ファイバー交換機を通じて統合を図ることを準備する。

5、データベースのデータ完全性と安全性を考慮して、1台のサーバーを追加してシステムデータベースのデータバックアップをし、同時に以前の古いサーバーで運行することができる。そこでVeritasBEバックアップソフトウエアを装備し、ファイル及びデータベースのバックアップをし、バックアップの自動化レベルを上げる。

全体方案の価値

1.ロードバランサーを採用し、旅客輸送ピークのためにチケット予約システムの負荷を分流させる。コアとなるオンラインチケット販売の応用に関するリニア拡張能力を保証し、それに今後のグレードアップによるコストを低減する。

2.完璧なバックアップシステムは、データの安全性と完全性を上げた。同時に、今後のデータロングターム分析のために、歴史データを提供する。3.フルFC 4GB高性能光ファイバーストレージを採用し、データベースの全体性能を上げる同時に、今後の省全体のデータ集中とリモートディザスタリカバリのために備える。4.コアアプリケーションハードウエアサポートぷラットフォームが高性能、高い信頼性、高い拡張性、ハイアベイラビリティを持つ。

5.方案では、高い配置と低い配置を組み合わせて、全体の価格性能比が高い。

6.システム全体が複数ステーション複数チケット販売システムを有効に統合し、お互いにつながって通じるようになり、市民は市のいずれのステーション窓口でそのステーション自身或いは他のステーションのチケットを購入することができる。