Inspur ERP高等学校業界総合管理制御プラットフォーム解決方案

一、方案概要

わが国の経済と教育事業の盛んな発展につれて、国家より高等教育への投資も増している。学校の財務収支規模が増大し、学校の発展のために資金を保証している。一方、高等学校の規模拡大による管理ニーズが日増しに複雑になり、競争激化し、且つ多様化になっている。新しい政策、新しい業務、新しい環境情勢によって、高等学校の財務管理に関して問題が相次ぎ生まれた。同時に、通常の考え方では、高等学校での財務に関して、決算を重んじて管理を軽んじる、部門費目予算とプロジェクトのコントロールを重んじて資金を募り、投資と経済効果分析を軽んじる現象が存在し、財務管理体制は前提的に高等学校の発展ニーズより遅れている。これらの残留問題と新しい情勢における問題は、財務役割のシフトとコントロール能力レベルアップによって直ちに解決され、現代化教育にふさわしい財務管理体系を構築すべき。

二、方案アーキテクチャ

Inspur ERP高等学校総合管理コントロールプラットフォームは財務管理をベースとして、経費管理を軸として、資金管理を目標として、リーダーの意思決定層、管理コントロール層、財務管理層、標準基準層、システム集成層、基礎環境層に関する全面的な管理をカバーし、「基準管理」と「権限委譲体系」をアシスタントとして、高等学校での各管理制度の徹底を図り、高等学校の将来での管理体制改革による拡張ニーズも十分に考慮する。このプラットフォームを通じて、最終的に高等学校では、人と財産と物の集中管理を実現し、高等学校が自分自身及び各分枝学校と学校の企業に対する集中管理と総合管理のニーズに満たす。

 

1.戦略的な意思決定層

システムはトップリーダーのために、便利な、豊かな、直感的な意思決定サポートシステムを提供する。統一の情報化プラットフォームにおいて、データの集中、統計分析と意思決定のために十分な裏づけデータを提供し、ドライブキャビンに対する管理、総合展示ボードによるアラーム、情報の貫通、予測モデル、分析報告等の形を通じて、リーダーの意思決定のためにサービスを提供し、各学校エリアの財務経営と資金情報をリアルタイムにモニターリングする目標を達成し、リーダーの意思決定にも役に立つ。

2.財務コントロール層

財務コントロールは高等学校に対する管理のコア内容となり、各学校での基礎データと財務制度を統一することによって、各管理制度と政策の実施を促進し、本校、分校及び学校の企業が日常の財務決算及び管理をする事を実現する。システムによって、高等学校の財務モニターリング機能を提供し、業務活動、資産状態と経営成果を忠実に記録する。財務管理層では、会計決算、諸表管理、資金管理、シルバースクール直接つなぎ会う、賃金管理、オンライン清算、予算管理、学生からの費用支払い、固定資産等内容を含み、経費、資金、プロセスの三つのコントロール手段によって、学校業務の全面的な管理とモニターリングを実現する。

3.システム集成層

システムは開放的なデータ交換プラットフォームを提供し、財務管理コントロールプラットフォームと学校の他の情報化システムとのインターフェース集成を実現し、学校の統一認証プラットフォーム、人事システム、科学研究システム、学生管理システム、スクールカード管理等の異種装置システムとのつながりを通じて、情報の孤島をなくし、業務とデータフローの情報シェアを実現し、高等学校のために、統一な情報化アプリケーションプラットフォームを構築する。

4.基礎層

Inspur GSPプラットフォームはInspurがマイクロソフトと共同で開発したものであり、様々な複雑なアプリケーションシステムのために、開発、配置及び運営サービスを提供する総合基礎プラットフォームを提供する。GSPプラットフォームはユーザー管理、審査承認フロー、データ権限、機能権限、情報プラットフォーム、釘を打つ管理、運営メンテナンスのモニターリング、スケジューリングサービス等の多方面の管理を含み、且つGSPを通じて、ユーザーがプラットフォームにおける二次開発を実現し、高等学校の情報リソースを繰り返して使うことができ、透明になり、システムを高い拡張性能を持たせ、業務処理を更に高効率、簡潔に、安全に処理させる。

5.高等学校の情報窓口層

情報の窓口を通じて、財務総合管理コントロールプラットフォームの関係データを学校のリーダー、学院のリーダー、プロジェクト責任者、教員と従業員、学生等に対して情報シェアサービスを提供し、情報をタイムリーに、正確に保障する。

三、応用価値

1.財務人員の業務負荷を減らし、プラットフォーム内の各システムのデータをシェアし、直接財務書類を生成する。

2.財務サービスの品質を向上し、学校のリーダー、教員と従業員、学生等に対して必要な情報クエリを提供し、必要に応じて調べてもらう。

3.財務管理コントロール能力を強化し、経費のコントロール、資金の支払い等肝心な業務に対して管理を強化し、財務が業務に対する管理とコントロール機能を向上する。

4.清算の際に長い列をできてしまう問題を徹底的に解決し、清算に必要なサイン等の紙でのプロセスを減らし、清算したい人はオンラインで申請書を記入したら、財務でスキャナーされ受け取った後に、現金の振り込みを待つだけである。

5.データ交換プラットフォームを通じて、財務管理コントロールプラットフォームと学校の他の情報化システムとの接続集成を実現する。

6.プラットフォーム化の設計はシステムの今後の業務拡張と情報シェアを満足する。

四、ベスト業務実践

山東科学技術大学は理工大学であり、鉱業が得意分野であり、たくさんの学科の間でお互いに影響し、協調しながら発展し、特徴が顕著である省レベルの重点大学である。1951年に学校設立され、青島、泰安、済南の三箇所で五つの学校エリアを持ち、3640ムーの敷地面積を有し、建築面積が140万平米に達する。16の学院、9の係(部)、1つの研究院と1つの独立学院を有する。現在在籍の学生が46000人あまり、その内、博士、大学院生は5900人あまりである。

山東科学技術大学はInspurの高等学校総合管理プラットフォームでのオンファイン清算機能を始め、オンライン清算、財務決算、経費管理、資金管理の四大システムの共同応用を実現した。情報化の構築によって、本校から三つの学校エリアに対するリアルタイムなモニターリング、集中管理を実現した。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务