Inspur:情報基礎アーキテクチャの統合によって職業教育の情報化構築を促進

近年、わが国では、職業教育が著しく成長された。国家からの特別資金の投入から社会の注目まで、大きく存在感を増した。職業教育における情報化構築も大きな役割を果たしたが、高速な発展も困ったことをもたらしている。

資金と管理は職業教育の情報化発展での新しいボトルネック

まず、資金投入問題。職業教育の急速な発展はその情報化構築に対して高い要求を求めて、巨大なプレッシャーになったが、それに相応する資金は調えられていない。如何に限られる資金を使って多くの事業を手がけることが情報センター主任たちを悩ませる問題となる。第二に、職業教育情報センターのシステムメンテナンスメンバーは「二重のタスク」を背負い、学生への授業とシステムのメンテナンスを両立しなければならない。プレッシャーが大きい。システム運営メンテナンスメンバーの業務負荷を減らし、業務効率を上げることこそ、情報システムのサービスレベルをアップすることになる。

アーキテクチャを統合し、ボトルネックを突破

Inspurストレージは職業教育情報化システムが持つ特徴によって、情報基礎アーキテクチャを統合することがこの問題を解決する一番の方法だと考えている。アプリケーションの面から見ると、職業教育情報システムの中で、通常のメール、OA、ウェブサイト、財務データベースの他に、デジタル図書館、ビデオ授業等の様々な形を存在する。しかし、各アプリケーションの業務負荷がそんなに大きくないが、一つのアプリケーションが一台の設備を専有している。第二に、設備購入は新規業務の立ち上げと同時に行われ、大きなタイムスパンから見るとかなり長く存在し、アップデートのリードタイムを悪循環に陥った。第三に、各アプリケーションは異なるデータタイプであり、例えばデータベース、電子図書、電子メール、異なるデータフォーマットであり、情報化の構築推進につれて、データも膨大な規模で増加している。第四に、管理者が専任ではない、授業も担当している。情報基礎アーキテクチャを統合する解決方案はこれを考慮したからこそ提出された。

集中ストレージ、性能の改善

統合した情報基礎アーキテクチャは一体何なのか?統合の前後を比較してみましょう:統合の前に、データーの計算とミックスストレージ、各アプリケーションの計算ユニットとストレージユニットはすべて物理的に隔離されている。統合の後に、まず計算ユニットとストレージユニットのセパレートを実現し、データを集中的にデイスクアレーに保存し、計算ユニットでは、データの演算と受け取り発送を担当するだけなので、システムの全体性能を改善し、アップした。システムの信頼性と安定性を上げるために、ストレージ設備モジュール、設備アクセスルート及びホストコンピュータアダプタカード等の面において冗長設計を採用することができ、故障発生の可能性を大いに引き下げた。設備は異なるストレージメデイアの混合挿入をサポートし、ユーザーが異なるライフサイクルにあるデータを差別化の配置を便利に行うことができる。設備は統合した後のシステムでは、高い使用効率を発揮し、将来の拡張のために十分なスペースを予備している。

情報システム基礎アーキテクチャの統合によって、職業教育の情報センター主任はこの前に記述した難題をたくさん解決できる。分散だった業務を統合し、システム性能を保つ前提で、設備の数を減らし、購買、更新とメンテナンスコストを大きく引き下げた。同時に、ストレージスペースの使用率を40%上げて、効率を大きく上げた。システムの安定性アップと設備の数の減少によって、システム管理者の業務負荷を低減し、新規追加設備と既存アプリケーションの新たな配置時間を15%ぐらい短縮した。夜間でアプリケーションシステムへのアクセス量が少ないので、省エネモデルをサポートするディスクアレーを選択することも可能で、システム全体のエネルギー消耗10%を節約し、情報センターを学校内で省エネの「リーダー」になれる。

Inspurストレージは職業教育の情報システムアプリケーションの特徴に対して、大型マスストレージシステムプラットフォーム製品-AS3000を打ち出した。Inspur AS3000マスストレージシステムは複数コントローラアーキテクチャをサポートし、職業教育のユーザーの既存ストレージネットワークアーキテクチャを高効率で統合することができ、統一に配置し、集中管理を実現し、省エネ効果もあり、TCOを削減する。ネットワークストレージシステムの各機能を提供する上で、AS3000はデータ保護、ディザスタリカバリ機能を融合し、高い信頼性、高性能、知能化を備えかねる新世代のストレージシステムプラットフォームであり、教育業界がデータストレージに対する厳格な性能要求とデータ保護及びディザスタリカバリのニーズに満足することができる。

情報基礎アーキテクチャの統合は情報センター自身の構築レベルを引き上げるだけではなく、職業教育が画k巣栄の職業機能を重点的に育成する特徴から、情報センターでは、あまった資源を授業に振り分けることができる。デイスクアレー、ストレージソフトウエア等設備の導入は、職業技能教育のために先進な技術とプラットフォームを提供し、情報化構築の同時に、授業と育成も改善される。

Inspurは基礎アーキテクチャーの統合が情報化構築改革の第一歩に過ぎない、データをめぐるアプリケーション、設備等に関する改善と改良を通じて、わが国の職業教育における情報化構築レベルを新しいステージに押し上げることを確信する。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务