Inspur:ストレージは教育の情報化構築の基礎

この変化は急なものを捉えているかもしれないが、教育の情報化が最初の基礎アーキテクチャの構築から、アプリケーションへの突破をしようとしていることを説明している。以前の簡単なサーバー直接ストレージ方式から、現在に至るまで、ストレージは情報システムアーキテクチャ全体になくてはならない構成部分となり始めている。以前の簡単なサーバー直接ストレージ方式から、現在に至るまで、ストレージは情報システムアーキテクチャ全体になくてはならない構成部分となり始めている。この変化は見た目は突然のように思えるが、しかし教育情報化がまさに初期の基盤アーキテクチャの建設から応用の発展を行い始めたことを示している。

教育業界でのアプリケーションニーズ分析

国内で最も早くから教育業界でのストレージアプリケーションを注目したメーカーとして、Inspurは教育業界のユーザーのアプリケーションニーズについて深い理解をし、スクールネットワークセンターの構築、ワンカードシステムの構築、デジタル図書館と構築及びデータセンターストレージ構築の中で大量なプロジェクト経験を積み、山東大学、成都電子科学技術大学、武漢理工大学、華南師範大学等の高等学校で情報化構築を成功した。一般的に、教育業界のユーザーはストレージに対して以下の共通要求を求める:1)シェアのアーキテクチャ、即ち複数のサーバープラットフォームがシェアするストレージのアーキテクチャである。現在の教育業界での情報化現状を考慮し、現在使用中のシステムであっても、将来の新規システムであっても、学校内部で使用するサーバーアプリケーションタイプは一つだけの簡単なプラットフォームではない。これは集中ストレージ設備に本当の開放性を有し、異種装置プラットフォームにもサポートする同時に、特に異種装置プラットフォームの環境の中で、サーバーへのアクセス独立性を保つ。

2)高い拡張性能、即ちストレージアーキテクチャは今後の高速発展によるストレージ拡張能力へのニーズを満足する必要がある。ストレージ設備の拡張容量或いは性能による授業と学習に不利な影響をする事を避けて、ストレージシステムにスムーズなアップグレード能力を持つことを求める。

3)安全保障、即ちストレージ設備は完全のデータバックアップメカニズムを構築する必要があり、データの安全性と信頼性を高める。ストレージシステムが授業のコアデータを担い、データの高いユーザービリテイは業務システムの正常運営を保障し、データの集中及び統合を行った後に、如何にデータをよく保護し、データの完全性、ユーザービリテイを確保するのは学校のデジタル授業の持続的な発展、授業と学習効率を上げる基本条件である。

伝統なストレージモデルから新しいアーキテクチャモデルへシフト

歴史的な理由によって、一部の学校は最初にモデル仕様を選定する時に、DAS/NASを選んだ。この伝統的なストレージモデルは価格が安いメリットがあり、資金が苦しい学校がよく選んだ。しかしネットワーク時代の発展とアプリケーションニーズの拡大につれて、DAS/NAS拡張能力が低い、付加ソフトウエア機能が少ない欠点が顕在化になった。現在、ユーザーの所で、この伝統的なストレージ方式を排除し、先進で、信頼性が高く、柔軟性も高いストレージアーキテクチャ方式に変えている。新型のストレージSANアーキテクチャによって、ストレージ容量が小さい、性能が低い等問題を解決している。しかし、一部の学校は多額な資金投資に面して、SANの購入をあきらめざるを得ない。SANの良好な性能と便利な使用を得て、高い資金投入も避けることができないか?

Inspur ストレージの柔軟SANアーキテクチャは需要に応じて選択してくださいInspurストレージが中級マーケットに対して打ち出した機能製品として、AS400は三種類の主流のホストコンピュータ接続技術であるSAS 、iSCSI と4GbFCを融合し、ユーザーは高性能なFCSAN を構築しても、高いコストパフォーマンスのIPSANを構築しても、SASを通じて、高いブロードバンド、高い拡張性、高い安定性を持つダイレクトアタッチトストレージを構築し、柔軟性の高い配置によって、教育業界のユーザーそれぞれのニーズレベルに合致する。メインコントローラの配置について、AS400はシングルコントローラとダブルコントローラの二つの選択肢を提供する。ストレージメデイアについて、AS400はSAS とSATAIIの二つの基準に対して互換性を持ち、ユーザーはSASを選び、企業級データの安全ストレージを実現してもいい、SATAIIを選び、データを分類して管理し、必要ないコストを節約する。柔軟性のある配置選択肢もユーザーのアプリケーションニーズに満足する上に、TCOに対する完璧なコントロールをこなす。教育手段の情報化トレンドが顕著になることにつれて、強い性能は教育業界でITハードウエア製品を購入する必須条件となる。AS400はデータ伝送、データストレージの面において強い能力を示す。ハードデイスクのインターフェースはSAS基準をサポートし、ハードデイスクのデータ読み取りスピードをシステムスピードを制限するボトルネックにしない。高い4GBのキャッシュメモリはデータ読み取りの連続性を有効に保障する。最高48TBに達するストレージ容量はほとんどの中級アプリケーションにおける容量に対する厳しいニーズに応えられる。ソフトウエアとハードウエアの組み合わせもAS400の目玉になる。AS400は基礎的なASManagerシステムマネジメントソフトウエア、ハードウエア自動検査機能とパス冗長機能を持つだけではなく、高級ストレージ設備しか持てないデータスナップショットとデータミラーリング機能も持つ。これでシステム管理を便利にし、最大限にデータの安全及び業務運営の連続性を保障する。

同時に、AS400の安定的な性能と強いデータ保護機能は教育業界ユーザーに注目される理由の一つである。伝統の0 、1 、3 、5 、10等Raidランクをサポートする以外に、AS400 にはRaid6のデータ保護機能を加え、2つのハードデイスクが壊れた状況でも、AS400が同様にデータの完全性を保障できる。それに、パス冗長、スナップショット、ミラーリング等データ管理ソフトウエアによって、教育業界の業務連続性を強く保障している。また、オンライン教室の普及と学生のオンラインアクセス量の爆発的な成長に伴い、ストレージシステムに対する拡張性の要求も未曾有の強烈さに達した。AS400はシステムの拡張性能において、一番厳しい教育業界のユーザーでもきっと満足できる。AS400自身では12枚のハードデイスクを持ち、すべてSATAハードデイスクを採用する状況で、12TBのストレージスペースを提供できる。拡張によって、AS400は多くて3つのJBODを接続し、最大なストレージ容量を48TBに達し、通常の学校データストレージニーズに満足できる。

百年の計は教育にあり、教育業界の情報化レベルはわが国の教育を現代化に実現し、適度に先駆けて発展することを計る重要な指標である。教育の情報化構築の中で、ストレージ設備は伝統な教育資源がネットワーク化と共有化を実現する重要なハードウエアプラットフォームとなり、中国に根付く地元メーカーとして、Inspurは主流の、安定のストレージ製品、解決方案とサービスを中国の教育業界ユーザーに提供することを努力し、教育情報化の発展に力を入れる。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务