Inspurサーバーは河北省汚染源監視制御センターにおいて応用に成功

河北省汚染源監視制御センター(略称:監視制御センター)は省と市の二つのレベルに設立された環境保護部門であり、情報化システム建設の初期において、河北省環境保護庁の監視制御センターに設立され、一部の国家制御重点汚染源の自動監視制御を実現した。しかし、各地の市環境保護局の大多数が自動監視制御の機能を備えているわけではない。

河北省環境保護庁情報センター李副主任は記者のインタビューを受けている際に、「2008年に私たちは汚染源監視制御センター建設事業をスタートさせ、通信伝達ルートを汚染源自動監視制御設備と接続する方式を通して、省全体に1ヶ所の省級と11ヶ所の市級環境監視制御センターを建設する予定である。」と述べた。省全体の726社の国家制御省制御重点汚染企業と一部の市制御汚染企業の合計1200以上ある汚染排水口に対して、汚染源主要汚染物質排出状況のオンライン、連続性監視測定を行う。また汚染処理施設の運行状況に対してリアルタイム監視制御を行い、環境汚染事件応急指令センター、映像会議センター、汚染通報センターを一体化した多機能環境監督管理部門を実現する。

互換性と安定性はシステム評価の重点突破

汚染源監視制御センター建設事業の実施過程全体を振り返ると、李主任は「河北省環境保護庁がすでに有する応用システムはウェブホームページシステムと事務自動化(OA)システムを含んでいる。」と言う。事業において新しく増えた省局監視制御センター応用ソフトウェアはシステム単独登録、データ共有、データ公開の機能を含んでいる。必ず現有する応用システム(ウェブホームページシステムと事務自動化システム)と完全な互換性を有していなければならず、アクセスと集積を実現する。この過程における難点はまず先に異なる都市間の汚染企業数量、類型及び情報化環境の差異を考慮しなけれべならないこと、その次は各地の汚染源企業の自動監視制御施設の差異を考慮しなければならないことである。”

国家、省級、都市級の異なる業務特徴と業務量に基づき、河北省環境保護庁汚染源監視制御センター建設事業は国家-省-市の三つのレベルにおける立体的監視制御ネットワークの設計思想を運用し、異なる環境管理ニーズを基にレベル別処理を推進した。異なるレベル別の監視制御センターに対する配置はそれぞれ異なるが、ただし比較的強い拡張性を提供し、12369クレームセンターや応急指令センターと共にさらに一歩進んだ集合、集積とその他業務の開拓応用をサポートする。 「企業及び省、市の二つのレベルの間におけるデータ伝達の便宜を図るためである。事業計画の初期に私たちは相応の技術規範を制定し、全省環境監視制御センター建設基準を発表し、それによりシステムの安全信頼性が国家関連規定と国家や業界の基準要求に適合することを確保する。」と述べ、また李主任は「Inspurと協力し、連絡を取る中で、私たちは統一的な応用システム三層基準アーキテクチャに同意し、また応用システムポート表記と規範、データポート基準を含んでおり、及びXML技術を通して、各応用システムの情報が統一的基準を以て保存と伝達を行うように確保する。」と述べた。

Inspurが全く新しく開発した四ウェイ四コアサーバー製品は性能と信頼性において優れた優勢を有しており、大中型企業やエネルギー等の業界の重要性ビジネス応用に適している。「まず先に毎日一万余りある監視制御情報が企業から各市の環境監視制御センターへと伝達されることを評価し、それから省級環境監視制御センターのこのプロセスの安定性をまとめた後、印象が最も深いのはシステムのユーザビリティである」と述べ、また李主任は「各地方情報技術職員のソフト・ハードウェアシステムプラットフォーム上における熟練度は異なり、操作体験の慣れと管理の簡潔化を考慮し、Inspurサーバー上に結合が非常に良いWindows OS、SQLServerデータベースを選択した。このような組み合わせはInspurサーバーのコストパフォーマンスが最高だ」と評価する。

浪潮服务器在河北省污染源监控中心的成功应用

 

技術とサービスの結合はシステム運営の支柱

Inspurサーバーはコンピューティング能力から、データの読取り速度、データ交換の快速実現の能力に至るまで全て素晴らしい能力を持つ。サーバーは全く新しいバージョンのInspur睿捷サーバー管理セットを附属させ、全面的な遠隔システム監視測定、メンテナンス、管理、制御機能を提供することができ、システムの気軽な管理を確保し、非常に高いITアーキテクチャのメンテナンスコストをカットした。「業務サポートの角度から見ると、事業実施により汚染源の汚染物質排出状況に対する24時間連続の監視測定を実現し、時間と手間のかかる人による監視測定を代替し、汚染物質排出状況も環境保護部門により主動的に掌握され、企業の違法排出や排出基準超え行為を防いだ」と述べ、李主任は特別に「昼間は環境保護処理施設を運行し、夜には閉める「白黒工場」が消えた。環境保護法律執行職員が現場に訪れ、検査をする前に環境保護処理施設を運行させ、検査後に閉める「スイッチ工場」も消えた。」と述べた。そのため、これらの信頼性のある技術手段により情報化の方式は環境処理中において、重要な作用を及ぼした。事業前期に私たちはInspurと共に十分な技術交流と討論を行った。とくにアフターサービスに対する要求が比較的高かった」と述べ、李主任は「Inspurの360o専門家サービス及びサポート体系により私たちはInspur顧客サービスセンターの組織構造に対して非常に満足している。このサービス体系には全専門家、全地域、全主動、全高効率等の非常に全面的なサービスを含んでいる。当時、Inspurの解決方案センターにおいて、技術職員は私たちが構築しようとしているシステムに対して模擬と検査を行い、私たちの購入意思決定に対して専門性のあるアドバイスを提供した。Inspur解決方案センターは国内外の数多くのハードウェアメーカー、OSメーカー、独立ソフトウェア開発メーカー、システム集積メーカーの協力を結合し、ビジネスパートナー、業界ユーザー、最終ユーザーを対象として、顧客に対して全面的な解決方案を提供し、開発、測定試験環境、最適化技術、トレーニング、問い合わせサービスを提供する。これにより、河北省環境保護庁がシステムのユーザビリティ向上とシステムの管理難易度低下を望んでいると提案した際に、Inspurの解決方案がこれらのニーズを非常に良く実現できることは明確であった。

情報化は始まりがあるだけで終わりはない

汚染源監視制御センター建設事業において、重点汚染源オンライン監視制御プラットフォームはB/S操作方式を採用し、リアルタイムに各重点汚染源の汚染物質排出及び汚染処理施設の運行状況を把握できる。管理職員はリアルタイムに情報採集、周波数伝送とその他パラメーターを調整でき、それが実行する遠隔制御と操作に対して遠隔サンプル採取等の指令を発送する。重点汚染源のデータベースをデータ基盤として、関連重点汚染源情報の収集、整理、分析、保存を行い、リアルタイム通信プラットフォームを通して、関連職員に対して基準超えの警報とその他警報を発送し、同時に、権限に合わせて各関連部門や職員と情報資源を共有する。

「Inspurが提供する基盤アーキテクチャに基づき、私たちは応用システム重点汚染源オンライン監視制御の機能を非常に良く実現した。重点汚染源企業の汚染物質排出状況及び汚染処理施設運行状況に対する途切れることのない監視制御を行うことができ、同時に現場データ採集や、基準超えか否かの自動判断、及び基準超え後の自動警報の機能を有する」と述べ、李主任はまた「データの24時間オンラインを保証したいなら、伝達方式において有線伝達をサポートすることを除き、さらに無線(CDMA/GPRS)の方式をサポートすることもでき、それにより監視測定機器が採集した汚染物質排出データがリアルタイムに環境保護部門のサーバーにアップロードされることを確保する。システムの始動は河北省環境保護庁情報センターにとって、終わりではなく、必ず始まりである。「真実の運行環境を結合し、私たちはシステム運行開始後において、常にシステムのチューニングを持続して行っており、ソフトウェアをハードウェアと結合させることでさらに高い効率を発揮することができる」と述べ、また李主任は「国家が「十二・五」計画において提出した要求は「内向きの延長、外向きの拡張」である。これは一方では汚染源の監視制御方面を拡大させ、映像監視制御と作業状況監視制御も徐々にこのプラットフォームに組み入れ、全方位の監視制御管理を実現し、もう一方では、監視制御したデータが環境法律執行と汚染物質排出罰金、総合的に確定した真実の根拠として作用を発揮することを意味している。」と述べた。

次の段階の情報システム計画に関して、李主任は明確なロードマップも持っている。「河北省の環境情報化業務は現在、歩きだしたばかりで、上り坂の段階であると言え、まだやらなければならない仕事はたくさんある」と述べ、李主任は「十二・五期間において、私たちは一つの体系と二つのプラットフォームつまり基準規範体系とスペースデータプラットフォーム、環境データプラットフォームを重点的に建設し、一部の重点業務領域において情報化を実現することを目指し、今後のさらに全面的な情報化発展に向けて基盤をしっかりと固めた」と述べた。

(文/51CIO記者:馬沛)

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务