商工クラウド解決方案

公表時間: 2013年01月17日

一、方案背景:

Inspur商工クラウドは市場主体における行政許可、行政執行、総合監督及び内部事務処理を一体化管理することで、商工各部門間の隙間問題を有効に解決し、業務の共通化と情報共有を実現し、ユーザーから好評されるワンストップ式オンライン公共サービスプラットフォームを建設することは、サービス型商工建設、良好な市場秩序の造営、社会信用環境と商工行政管理効能の建設に対する強力な技術的支持となる。

二、方案アーキテクチャ:

Inspur商工クラウドは「金信プロジェクト」の最新技術基準とデータ規範を保証にし、サービス向けのSOA構造とクラウドコンピューティングを採用し、全体構造はクラウド基礎施設(Iaas)を基盤に、さらに商工クラウドプラットフォーム(PaaS)のもとで市場主体に対して出入りと市場行為を監督できる総合管理システム、内部事務サービスシステム、公共サービスシステムという三大応用システム(SaaS)を立ち上げる。

01

三、方案価値:

1、オリジナリティなサービス設計

SOA、Wed2.0、クラウドコンピューティングの最新技術をもとに、バーチャル3D場面などの斬新なサービス方式を通して、サービスルートを広め、ユーザーに好評されるようなよりヒューマンニティなオンライン商工業務処理を実現する。

02

2、精密化された市場監督

QRコード、モバイルインターネット、パーティカル検索などの新技術を用い、食品安全追跡、デジタルビジネスといった分野の市場監督を広め、監督手段を更新して、より効率、精密な監督を実現する。

3、高効率化された業務協同

政府用業種データシェアを立ち上げ、共同審査プラットフォームで監督力の合併を通じ、より高効率な協同法律執行と監督を実現する。

03

4、知能化した補助策

クラウドコンピューティングの強力な計算能力と先進的なBI道具を用い、多層な知能データ分析システムを打ちたて、商工データの利用価値を最大限に発掘することで、政府の産業分布計画と産業政策の確定に科学的な補助策を提供する。

04

Inspur商工クラウドを通して、ワンシステム、ワンプラットフォーム、ワン倉庫、一体化、ワンストップ式という「五個一」プロジェクトを主要内容とした金信プロジェクト「十二五」の建設目標を実現でき、商工情報を新段階に向かって発展させ、市場監督、公共サービスと社会管理という各業務の目標実現を促し、「整合、融合、一体化」という商工情報化を促進し、市場監督、サービス科学発展、消費権益と公共サービス能力を向上させる。

成功事例:  

1、山東商工行政管理情報システム

2、済南商工盛業管理情報システム

3、潍坊商工場面再現公共サービスプラットフォーム

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务