民政クラウド解決方案

一、方案背景:

Inspur民政クラウド解決方案は「民政を解決、民権を確定、民衆利益保護」を業務責任にして、民政部門各部署の日常要求を満たしながら、社会、民衆、民政業務発展を支えることを宗旨として、各種インターネット資源で情報シェアと業務システム整合を通じて、行政末端業務全般を含むプラットフォームを建設し、また、民政事務における公開、公平、公正問題を解決し、国民が満足するサービス型民政に強力な技術支援を捧げる。

二、方案アーキテクチャ:

01

Inspur民政クラウド解決方案は三つのシステム、五層建設に構造されていて、三つのシステムはセキュリティシステム、基準規範システム、システム運営体系を含み、五層建設とは、基礎施設、データ資源センター、応用支援、応用システム、訪問導入層の建設となる。各種業務システムを支えるために、統一な民政業務と業務対象情報のデータベースを設立し、同時に都市部住民の家庭経済状況を確認し、社会救助情報を各種応用の基本として、各業務システムに容易に共有、訪問できるように、これをもとに、各級部門の日常業務、デジタル監督、決断分析という分類に応じる業務応用を立ち上げ、民政業務サービス機能を向上させるために公共サービスプラットフォームを設立し、ホームページ、受付、モバイル端末をという多様化した方法でユーザーに便利な情報提供をしながら総合業務応用と情報交換を実現する。

三、方案価値:

全面的な業務、多様化な応用

業務応用子システムは全ての民政業務をカバーし、機能は省、市、県、郷、村と五つの行政レベルまたは各事務所(科)及び外部政府機構に伸びる。

情報関連、業務連動

伝統的な民政業務における各部署間の単独性を破り、各種民政業務対象(人口、機構、地名など)をまとめ、有効に情報共有を実現する。

円滑に手配、高速拡張

省レベル手配と地方手配に満たす。同時にワークフロー、デジタル書類、ポータルサイト、内容管理、データ交換などの基礎機能を有し、ユーザーの二次開発と機能拡張の役に立つ。

基準均一、豊富な導入口

データは民政省が公布した『全国民政業務データ共有と交換基準』に定義されたデータ項目名、種類、基礎辞書の上で民政業務に基づいてさらに広めた。プラットフォームは主流データベースとデータ導出及び外部部署とのデータ交換に適用する。応用システムは民政各部署システムにデータ接続口を提供し、本部門の各階級の業務要求を満たすとともに、部レベルへのデータ報告を実現する。

技術統一、シームレス結成

プラットフォームの応用開発はJAVA技術とB/Sモデルをもとに、InspurのLoushangプラットフォームを基礎業務と開発の基本にし、安全、安定に第三方応用システムを集結することで、応用集結を実現する。

成功事例:

02

03

04

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务