衛生クラウド解決方案

一、業界背景:

衛生情報化は医薬衛生体制改革の重要内容でありながら、大事な保証と支えでもある。現代医学モデルの発展とともに、住民の健康管理を中心とする衛生協同サービスの勢いが明らかになっている。近年、アメリカ、日本、イギリス、カナダ、フランス、オーストラリアなどの国は医療サービス業界の質と効率を向上させるるため、大量な資金を投入し、国民デジタル健康ファイルやカルテを作っている。彼らの経験によると、衛生情報共有を通して、医療サービスの質、効率、範囲の向上とコスト及びリスクを低減させることが証明され、衛生情報化これからの発展方向であると考えられる。

二、方案アーキテクチャ:

  

01

主な商品は

区域衛生情報プラットフォーム末端公共衛生サービスシステム

末端病院管理情報システム(HIS)

村衛生室管理情報システム

新農村医療連合管理情報システム

基本薬品集中購買使用システム

病院情報システム(デジタル化病院)

血液総合管理システム

地域医療衛生情報管理をもとにした決断分析プラットフォーム

三、方案価値:

動態的な住民健康ファイルの建立

生命段階、健康と病気問題、衛生サービス活動を三つの柱で「多用途通用カード」を用いて、健康に関連する要素をカバーした情報収集を動態化と多様化にさせ、適時な更新、補足、完全である「ファイル統合」と「ファイル活用」を実現する。

一体化の地域衛生サービス体系の実現

健康を中心、家庭を単位、団地を範囲、ニーズを方向とし、医療、予防、保健、リハビリテーション、健康教育、一人っ子政策というシックスインワン型サービス効能を実現し、個人家庭の基本衛生サービス需要に満たせ、全国民の健康水準と生活の質を向上させる。

「共有協同」式医療サービスモデルの構築

医療資源を整理しながら、団地と中、大型病院との連合を実現する。予約、遠距離医療、遠距離診察、段階性医療制度に合わせて、小さな病気は団地クリニックで、大きな病気は病院で治療するというモデルを導入し、これと同時に、各医療機関間の審査結果共有を実現し、「医療困難」という問題を解決する。

衛生決断と緊急時指揮能力に向上

各衛生業界システムのデータを整理し、データ発掘と知識発見技術を用いて、営業業務の総合検索、統計とタイムリー監督を実現し、衛生管理部門と決断部門に緊急対応、指揮配置の道具を提供する。

住民に全行程健康サービスの提供

戸口技術を用い、住民を中心としたワンストップ式健康サービス体系を建設する。住民に健康相談、健康検測と評価、自己健康管理といったサービスを提供する。

成功事例:

Inspurが山東省衛生庁と共同制作した省内初の「衛生クラウド」

山東省衛生クラウドコンピューティングプラットフォームは山東省「金衛プロジェクト」における重点プロジェクトである。協議内容により、Inspurグループはハードウェア、ソフトウェア、運営メンテナンスを含む一体化総合サービスを提供し、全省住民のデジタル健康ファイル、新型農村医療連合情報化及び公共衛生情報総合管理の基本建設を完成させる。開発と改善し続けることを通して、省レベル地域衛生情報プラットファームを十全にさせ、山東省衛生庁に協力して全省衛生情報化建設基準と発展計画を作る。協議内容には協力双方は各自に山東衛生情報化研究所を設立し、全省の衛生情報化発展案、建設モデル、技術応用と実現方法などを重点的に研究しながら、新たな情勢における衛生情報化の新ニーズ、新コース、新技術を探る。

棗庄市区域衛生情報プラットフォーム

クラウドコンピューティングモデルを用い、棗庄市の医療大プラットフォーム構築し、すべての情報を集中管理し、全市(県と区を含む)において統一配置し、このプロジェクトは棗庄市政府にとって新を創造することであり、民心プロジェクトでもある。Inspurクラウドコンピューティング解決方案による衛生業界での成功した実践と応用である。Inspurは唯一の構築者として、棗庄市衛生の建設にサーバー、大量ディスク、クラウドコンピューティングセンター操作システムイン-クラウドOS、情報プラットフォーム、公共衛生、末端HIS、村衛生室、新農村医療連合、デジタル病院情報管理、総合管理、薬品入札購買管理プラットフォームなどといった全種類商品を提供する。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务