公安クラウド解決方案

公表時間: 2013年01月30日

一、業界背景:

動態化情報化の発展がもたらす国家安全と社会安定の維持における新たな挑戦に対し、2012年公安部による『<全国公安装備建設「十二五」計画>の全面実施に伴う指揮通信設備建設プロジェクトの作業意見について』では、警務クラウドコンピューティングセンターの建設を全体計画に入れている。公安クラウド建設はクラウドコンピューティングとインターネット技術を用いることは公安による打撃、防止、管理、制御の分野におけるチャレンジであり、治安能力を制御し、平安都市を構築するための肝心である。「クラウドコンピューティング」が公安業界での普及は政府と納税者のために大量な情報化建設資金を節約でき、国と国民を恵み、深い影響力のある重要プロジェクトである。

二、方案アーキテクチャ

01

公安クラウドコンピューティングセンターは「公安内部ネット、インターネット、画像専用ネット、安全接続ネット」という四つのネットをもとに、「メモリプラットフォーム、ネットプラットフォーム、安全プラットフォーム、応用プラットフォーム、管理プラットフォーム」に頼り、「指揮、情報,刑事調査、治安、戸籍業務、インターネット監督、技術調査」といった各公安業務応用を重点に、グリーンデータセンター建設の目標と需要に合わせて、戦略支持型情報化建設に従って、公安業務発展のために効能完備、設備先進、活用性よく、点検しやすい、拡張しやすい、低コスト、高安全性のクラウドコンピューティングセンターを建築する。

また、クラウドコンピューティング公共サービスプラットフォームを通して、窓口サービス、オンラインサービス、モバイル端末サービス、24時間便利サービス、電話音声メールサービスといった多種のサービスを導入し、国民の満足度を向上する。クラウドコンピューティングソフトウェアを用いて、行為軌道分析、社会関係分析、生物特徴識別、ビデオ音声識別、銀行電信詐欺行為分析、世論情報分析といった分析手段を整理し、社会発展を全力的に守る。治安焦点を巡り、精確定位、タイムリー且つ全面に情報を把握し、警察と社会保護資源を科学的に配置することで、国民の安全感を向上する。

三、方案価値:

情報整理におけるクラウド技術の役割は公安クラウドの建設では十分に発揮される。異なる部門、警察種類、地区間の情報共有を実現し、刑事調査、治安管理、交通管理、社会サービスなどの面で公安機関に強力な情報化基礎プラットフォームを提供する。現在、Inspurは済南公安クラウドの建設に助力し、これは全国で初めて正式に且つ大規模に始まる「公安クラウドコンピューティングセンター」となる。全国公安業界の情報化は続々と本格的な「クラウドコンピューティング時代に」に入ることを意味する。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务