Inspur税務クラウド全体解決方案

クラウドプラットフォーム---コアクラウド装備が税務情報センターのレベルアップ、負担低減に役立ち

税務業界クラウド基礎プラットフォームを構築するために、ハイレベルサーバー、高容量メモリなどといった高性能、信頼性高い、管理しやすく、開拓しやすいコアハードウェアが必要とされる。業界をリードするクラウドコンピューティング解決方案の提供者として、Inspurクラウドプラットフォーム商品はハイレベルサーバー、高容量メモリなどのコア設備を提供する。

ハイレベルサーバー面では、Inspurは天梭TS850、8ウェイサーバー、32ウェイサーバー、Inspurイン-クラウドコンテナデータセンターなどの商品を発表した。Inspur天梭は高性能、単位設備の依頼度は99.999%を上回るという特徴を持つ。Inspurイン-クラウドコンテナデータセンターではデータセンターの建設周期を年から日まで縮小させる。全体の部署密度が2-3倍が向上される。設備の使用率を10-20%から60%以上に上げ、Inspur大容量メモリシステムは1GBまで拡張できる。複数のコントローラーを採用し、平行性を向上しながら、マルチ重複まで実現でき、全体の信頼性が99.999%に達する。

Inspurクラウドプラットフォーム解決方案は湖北省国税務局にて成功に応用されるのは典型的なケースの一つである。湖北国税は湖北省税務徴収管理システムの主体部門として、2008年に十分な情報化建設を行い、小型機、PCサーバー、メモリシステム、ネットシステムを一体化とする数十種類の税務とオフィスー事務を負担する大型データセンターを建設したが、発展とともに、下記のトラブルに遭った。まず、新たな応用が増え続き、機械室の負担が超負荷に近いた。湖北国税情報センター機械室は200平方メートルしかないのに、機会棚30個以上と120台以上の機械室サーバーが置かれ、スペースが飽和に近かった。電力上限は80KW、日常作動時間内、サーバーの仕事率は60KWを占め、ピーク値時の保留仕事率を考慮すると、電力消耗も飽和に近いと状態であった。次に、本情報センターの運営コストがなかなか下げられない。60%のサーバーは二年以上に使われ、性能効率が低く、2008年1—8月の機械室電気代は70万元程度に達した。第三に、システムの安定性が低く、機械室の90%以上は高可用性の方案を用いず、単一故障リスクが存在し、ハードウェアの故障による影響周期が比較的に長かった。

このため、Inspurは湖北省国税情報センターに対し、十分且つ詳細な相談と分析を行った上で、クラウドコンピューティング特有の優勢を利用し、Inspur四ウェイハイレベルサーバーと大容量メモリ設備を用いて、湖北省国税情報センターにてクラウド解決方案プラットフォームを構築し、成功に実施された。湖北省国税情報センターが面する問題を有効に解決した。クラウドプラットフォームシステムは湖北省国税情報センターに三つの突破を実現させた:

1.運営コストを節約:クラウドコンピューティング技術を用い、Inspurクラウドコンピューティング解決方案は使用効率が高くない応用サーバーを整合し、湖北省国税情報センターのサーバーを120台から8台に縮小した。スペース占用は本来の180Uから54Uまで低減した。エネルギー消耗は42KWから15KWに低下し、手配時間も12時間から2時間に縮まれた。これらの改善は湖北省国税情報センターのエネルギーコストを65%節約し、スペースは70%降下、全体の運営コストが70%低減された。毎年の電気代は70万元から20万元に、コストが大幅に削減された。

2. 運営の信頼性を向上した:クラウドコンピューティング自身は高い信頼性を持ち、Inspurクラウドコンピューティング解決方案を通し、湖北省国税情報センターは本来の単一機システムから動態集結集中管理の高可用性システムに転換され、信頼性が100%向上された。

3.運行効率を向上した:クラウドコンピューティングは超大規模とバーチャル化技術より強力なコンピューティング力を持っている。Inspurクラウドプラットフォーム解決方案を通して、湖北省国税情報センターのシステムの性能が明らかに向上され、応用10個で20%のプロセッサソースしか占めない。システムいっぱいになるまで同類の応用20個まで同時に運行できる。管理、業務処理率が200%向上された。湖北省国税情報センター実際の収益はこれだけではなく、手配、故障切り替え時間においても、本来の時間レベルから分レベルに上がった。これほど多数のメリットと特徴より、クラウドプラットフォーム解決方案は中国税務システム情報化建設の重要な力となる。

クラウド応用—オンライン領収書作成システム、納税サービスプラットフォームより税務業務の「情報税金管理」の実現に役たち

Inspur税務クラウドコンピューティングサービスプラットフォームはオンライン申請、領収書作成、企業納税評価、企業リスク制御、財務税金一体化、税務相談に関する税務関連クラウドコンピューティングサービスを提供する。納税者に税務業務の相談、教育、代理、企画などの一体化応用サービスを提供する。税務期間に多様化、多方法、多手段の納税サービス技術サポートプラットフォーム、第三者機関に税務期間、納税者と連絡する総合サービスプラットフォームを提供する。

Inspurオンライン領収書作成システムは一般納税者向けの公共クラウドサービスである。納税者に連続的な領収書作成サービスを提供する。企業の領収書コストを低減し、管理業績を向上させ、納税者にタイムリー、安全、信頼性の高い税務情報化サービス環境を提供する。また、税務期間にデジタル領収書管理の基礎環境や、企業の領収書購入、領収証受け取り、保存、作成、確認、認証などの実施に閉回路のデジタル化管理を提供する。領収書周期の全面管理を通して、領収書作成者と受け取る方に関するデータを発掘分析し、情報化税務管理を実現する。主な構成部分は:

「オンライン領収書発行プラットフォーム」 タイムリーな領収書発行と情報収集、さまざまな納税者の領収書に対するニーズを満足する。

「応用安全サポートプラットフォーム」収集された情報の正確性、完全性と確実性を保証し、信頼できる「デジタル領収書情報ベース」を構築する。

「データ交換プラットフォーム」デジタル領収書情報ベースを基礎としたデータ交換プラットフォームであり、データの分類と対比の基礎を打ち、領収書情報の閉回路管理を実現する。

「オンライン領収書発行サービスプラットフォーム」、領収書業務のオンライン申請、購入、認証、真偽判定などの機能を持ち、納税者にタイムリー、便利、高効率なサービスを提供する。

Inspurオンライン領収書発行システムは大幅に中国モバイル、中国ユニコム、中国電信、中国石油、中国石油化工などの納税ユーザーと山東国税などの省市レベル税局で応用され、納税者に便利、高効率、安全な領収書発行と領収書閉回路管理サービスを提供している。Inspur納税サービスプラットフォームは納税者向けのクラウドサービス及び税務システム向けの私有クラウドサービスを通して、ユーザーのニーズに合わせた資源サービスを提供し、資源の利用効率が向上され、資源節約と一般者、納税者の異なる需要を満足する。

納税サービスプラットフォームは納税者と税務機関に多種の便利を与えた。納税者に税務現場処理、オンライン税務処理、12366税務処理、税務セルフサービス、携帯電話による税務処理などのような多手段、多次元税務サービスを提供する。納税者はデジタル許可書と資料スキャン画像でノーペーパー事務処理を行える。納税サービスプラットフォームは税務機関におけるオンラインサービス、12366相談サービスと現場サービスを整合、統一し。「三台合成」を実現し、著しい応用効果を収めた。

1.財務サービスの質を向上する面では、納税者は“オンライン税務処理場”をクリックし、登録した後、直ちに申請、認証、遠隔レポート、事項申請などの事務処理が行える。オンライン業務が融合され、企業税務処理のコストが低減される。

2.内部流れを合理化する面では、プラットフォームはオリジナリティな機能を提供し、各種処理待ち業務の情報を税務従業員に配り、デジタルファイルシステムを設立することで従業員は納税者が提出する大量な資料を確認する必要がなくなり、オンラインで随時確認できる。納税サービスリスクレベル模型を作成し、納税中に起きるトラブルを防ぐ。プラットフォームは360度全方位の審査に適用し、従業員の事務処理時間、第三者評価、12366評価、税務内部評価などの方式で従業員の事務処理の質を審査して、より優れるサービスを提供する。

Inspur納税サービスプラットフォームは既に済南市国税務局で応用され、Inspur税務サービスプラットフォームにで、関連ソフトウェア49個を整合、事務流れ事項110項を簡単化、税務関連の審査ポイント34項を削減し、納税者にオンライン税務処理項目136項を提供した。済南国税情報化の全体応用効率と資源整合、応用効率を向上し、済南国税「3A」理念により深い情報化サポートを与える。

Inspurデジタル税務システムは税務機関向けの業界クラウドと私有クラウドサービスである。デジタル税務にはデータベースが導入され、決断分析を補助することを突破口とし、データ応用の範囲、深度、と分析レベルを向上し、指導者の決断、管理分析により直感的な情報を提供する。

Inspurデジタル税務システムは河南国税、広東国税、安徽国税で応用され、直感、イメージ化の画像で所属する税務機関の収入状況、税源状況、税金マイナス情報、管理強度、検査評価などを表現する。管理層による現状把握及び未来勢いの決断、管理分析に役割を果てる。Inspurデジタル税務システムはクラウド応用プラットフォームをもとに、クラウド端末メッセジー発信機能を設定し、作業中の税務従業員にタイムリー且つ正確な税務情報とメッセジーを発信する。

Inspurデジタルビジネス税源専門化管理プラットフォームは、Inspurコンピューティングセンターが構築した垂直検索エンジンで、デジタルビジネス経営データの断片的な情報を収集、整合し、再びデータ技術でデータインテリジェント分析、レコメンダシステム技術でデジタルビジネス税源専門化管理機能を実現する。Inspurオンライン税務代理プラットフォームは税務関連第三方機関に税務機関、納税者、第三方機構の協同プラットフォームを提供する。企業税務関連経営、仲介相談育成、税務管理とサービスの動態ITサポート生態システムを構築し、広い範囲内での集中税務処理、税務業務代理などの税務関連総合サービスを実現する。Inspur財務クラウドはSAASプラットフォームを用い、企業税務関連経営、仲介相談育成、税務管理とサービスのIT生態サポートシステムを構築し、納税者に税務業務の相談、教育、代理、企画という一体化サービスを通して、税務機関に多様化、多方法、多手段の納税サービス技術サポートプラットフォームを、税務関連第三方機関に税務機関、納税者と連絡する総合的な枢軸プラットフォーム及び全面的な税務情報サービスを提供する。

税務クラウド末端—税務原始情報を収集、「データの正確作成、安定メモリと安全輸伝送」を実現することで、税務クラウド応用に信頼性のあるデータ源の提供

クラウドコンピューティングの構築において、財務クラウド末端は税務原始データ収集、分析、検索、サービスの役割を果しながら、ネット化、インテリジェント化、専門化に向いて発展している。Inspur税務クラウド端末には各種オンライン領収書発行機、税金徴収機、税金処理セルフサービス機といった各種端末が含まれている。

税務クライド端末はインターネットと緊密に繋がっている。「ネット化」は税務クラウド端末の基本要求である。Inspur税務クラウド端末はイーサネット、ADSLなどの有線方式以外に、各種ワイヤレスネットワークにも適用できる。Inspurは国内三大電信運営者と提携した経験があり、機械に内臓される2G、3Gモジュールで、オンライン領収書発行システムと随時データ伝送ができ、確実な全オンラインを実現する。

オンライン領収証発行及び納税業務の発展とともに、税務端末もよりインテリジェントになっている。Inspur税務クラウド端末はC/S、B/S構造におけるオンライン領収書発行に適応するだけではなく、インテリジェントカード、USB Keyなどといった安全設備も適用できる。Inspur全てのクラウド端末はLinuxなどのオープンソースシステムと各種ミドルウェアに適用する。

税務クラウド端末は税務業界の専用端末であり、普通PC端末なら比較できない専門性を持っている。まずは税務クラウド端末は税務データの収集ツールとして、機能上では領収書印刷、安全設備、領収書スキャン、領収書真偽判定などという税務業界のニーズを満たさなければならない。その次に領収証印刷、保存の手段としても用いられる。設備の安全性、信頼性から見ると、普通PCより大幅に高くなる必要がある。Inspur税務クラウド端末の平均無故障作動時間は3万時間より長く、ウィルス予防、データ安全、スピーディー修理などの面では技術特許を持ち、ユーザー使用時の安全性と信頼性を保証する。

国内業界をリードするクラウドコンピューティング会社として、Inspurは税務機関を中心に科学発展、共に和合な税金徴収を構築することを仕事の主体にし、Inspurクラウドコンピューティングの優勢を発揮し、「クラウドから端末へ」という一体化税務クラウコンピューティング解決方案を広め、大勢な税務機関と納税者により全面、便利、高効率な情報化サービスを提供し、中国税務情報化建設に貢献する。Inspurは税務機関を中心に科学発展、共に和合な税金徴収を構築することを仕事の主体にし、Inspurクラウドコンピューティングの優勢を発揮し、「クラウドから端末へ」という一体化税務クラウコンピューティング解決方案を広め、大勢な税務機関と納税者により全面、便利、高効率な情報化サービスを提供し、中国税務情報化建設に貢献する。