Inspurテストクラウド解決方案

一、業界背景:

クラウドは新たなユーザー体験と業務モデルである。クラウドコンピューティングは一種の融合方式であり、インターネットを通して、応用をサービスとして顧客に提供する。新たなユーザー体験と業務方式として、クラウドコンピューティングはスピーディ手配、スムーズに清算、訪問しやすいという特徴を持つ。

Inspurテストクラウドはテスト、開発効率をアップすることができ、テスト環境の構築時間を大幅に削減できる。例えば:器機とネットワークの準備、OSのインストール、各種類のテスト道具、開発道具の取付けと配置。事前に必要とする配置環境をテストクラウドプラットフォームのサービスメーカーに教えれば、直接使用可能である。或いは直接サービス目次から直接自分が使用したい項目を選択すれば完成できる。テストが終わったら、使っていたシステム資源は完全に釈放され、資源節約の目的に達する事が出来る。 テストクラウドプラットフォームは既存な物理資源を整合し、バーチャルな方式で業務テスト力を最終ユーザーに提供する。テスト効率を向上する。

二、方案アーキテクチャ

01

二、方案応用:

Inspurテストクラウドの使用方法

テストクラウドの使用は非常に簡単である。一つの使用場面を通して、企業が如何にクラウドモデルでInspurテストクラウドプラットフォームを使うのかを紹介する。

  • 企業はクラウドサービスシステムを通してソフトウェアリストを出し、リリース時間、数量などの情報を説明できる。
  • 申請を受け取った後に、管理者はクラウドサービスプラットフォームにで手配を行う。企業、ユーザー、住所、ネットワーク、リリース時間などの情報を正確に確認できる。
  • 企業は合法な許可を得た後に、テストセンターのソフトウェアを使えるようになる。また、使用時間と費用率で自動で費用計算がされることができる。
  • 期間満了後、クラウドシステムは配置を自動削除し、許可授権を解除する。

Inspurテストクラウドプラットフォームの実施

Inspurテストクラウドプラットフォームには完全なソフトテストシステム、テスト方法と流れが含まれている。プロのソフトテストチームを育ち、テスト過程と体系をもとにテストツールを有効に使い、テストソフトの質を保証する。

Inspurテストクラウドプラットフォームは事前に配置済みのツールでテストチームに便利なサポートを与える、これでテストチームが容易にプロのテスト環境とソースを得られ、テストコストを大幅に低減されながらテストの専門性が向上される。

テストクラウドプラットフォームのユーザーはテストプログラムマネージャ、テストマネージャ、専門者とテスタ-が含まれる。テストサービスはこれらのユーザーにテスト管理、欠陥管理、テスト自動化管理、機能テスト流れ制御などの専門的なサービスを提供し、テストプログラムにおいてスピーディな展開と管理に役割を果てる。浪潮测试云用户场景

02

テストプログラムに対し、立ち上がる後、プロジェクトマネージャは詳細なテスト計画を立て、これをもとにテスト進み具合とイテレーション計画を手配する。需要に合わせるテスト試料と自動化テストプログラムを開発する。業務量に合わせて人事手配と物理的なテスト環境を手配する。プロジェクトの流れに合わせてテスト手順と人事を手配し、各ポジションの人の任務を明確にする。

プロジェクトが許可され次第、テストマネージャが計画に合わせてプロジェクト申請を出し、テストクラウドプラットフォームにてテスト自動化プログラム開発環境、自動化テスト運行環境、手動テスト用運行環境などを含むテスト環境を申請する。

クラウドプラットフォームはテストマネージャが入力した需要によりテスト環境を初期化する:事前に定義したプロジェクトソースベースから必要とされるテスト環境テンプレートをローディングし、共有の物理ソースベースから使える物理ソースを選択して、テスト関連開発環境とテスト環境をスピーディに起動させる。

テストされるシステム環境の申請が完成後、ユーザーは登録し、テストされる企業自身のシステムに応じてテスト環境を配置する。

テスト準備段階で、テスト環境申請後、テストマネージャは自動化テストプログラム開発のための人事手配と準備を行う。テスターは専門家の指示に従いながら、自動初期化済みのテスト環境にて自動化テストスクリプトの開発と調節を行う。

テスト準備作業完成後、テスターはテスト環境にてテスト自動化プログラムと手動テストプログラムをスタートする。テスト中に、テスターは事前に配置済みの機能テストツール、性能(圧力)テストツール、ブラックボックステストツールなどの専門ツールで自動化テスト及び手動テストを行う。テスト結果は管理システムに自動保存、まとめられる。

テスト実行中、エラーが起きた場合、テスターは問題と欠陥を記録し、記録される内容は研究開発のために開発チームに配られる。

テストプロジェクト実施中、ユーザーとテストマネージャはシステムに随時登録し、テスト流れ、進行状況、テスト結果、テストされるシステムの品質状況と欠陥などといったプログラムの状況と関連情報を確認することができる。

テストチームによるテストが完成された後、テストマネージャがテスト環境を釈放することを要求し、テスト結果と欠陥は自動にシステムに保留される上でプログラム組のために物理ソースを釈放する。テスト管理システムにテスト結果と欠陥のみが記録される。

全過程は自動化に完了されることで、テストチームとテスト環境のためのコストが低減される。また、テストチームが専門ツールを手に入る難易度が下げられ、資源の有効利用が向上される。

四、方案価値:

Inspurテストクラウド顧客評価

企業にとって、一つのソフトウェアをテストセンターにてテスト、評価をするのはソフトウェア商品の最終確認である。しかし、企業にとってもっと必要となるのはテストにおいて科学的な方法とツールを用いることである。開発中に先進な方法とツールを融合しなければ、単なる伝統的なテストにはクラウド開発を促進させることができない、企業発展の役に立たない。Inspurクラウドテストプラットフォームを通じて、企業はより低いコストで新しいソフト技術を手に入れられ、タイムリーにテストソフト商品を更新できる。これにより、ソフトテスト手段の品質が有効に向上され、システムの運行もより正確、安定、高効率になる。