Inspurクラウドテレビ全体解決方案

一、全体優勢

Inspurクラウドテレビ全体解決方案は先進なクラウドコンピューティング技術をもとに、クラウドと端末の結合を通して、三方融合業務システムを構築する。本解決方案はハイビジョンデジタルテレビ、インタラクティブテレビ、インターネットテレビ、IPTVなどという新型テレビメディアに有効なサービスを与えられ、構造先進、解決方案完備、技術基準オープン、運営コスト低いという特徴と多種の更新機能を持っている。

第一、本解決方案は自主開発のオープンインテリジェントテレビチューナソフトウェアである。国内多数の主流テレビ会社との接続を実現できる。また、国際先進な技術とマルチスクリーン連動に適用できる。マルチメディア業務においてプラットフォームと設備の制限を越える応用モデルを実現し、ビデオテレビネット運営者をスピーディに全業務運営を実現させる。

第二、本プラットフォームはハイビジョンビデオリクエスト、タイムシフトテレビとオンラインテレビなどの基本サービス以外にテレビ支払い、ゲーム、応用ショップ、マルチスクリーン連動、ビデオ通信などといった三つのネットを融合した新サービスを開発し、新世代ビデオテレビネット(NGB)全体の解決方案を形成させる。

第三、Inspurクラウドテレビに支えられながら、クラウドコンピューティング構造解決方案が持続的なサービスと業務展開力を提供することで、業務応用と内容を豊富にさせ、サービス品質を向上し、端末価格を低減する。この解決方案は運営者、サービス開発社、番組制作者、設備生産者、CM依頼主、販売者などを含む安全な産業ラインに適用し、新たな文化産業状態を形成する。

二、方案アーキテクチャ

01

02

二、製品案内

Inspurクラウドテレビ全体解決方案は強力なクラウドコンピューティングプラットフォームでインテリジェントテレビチューナと結合し、マルチネットとマルチスクリーンサービスを融合し、テレビ機能と体験をバージューンアップさせ、ビデオテレビネットの統一、安全、先進、融合、インテリジェントな業務処理のレベルアップを実現する。また、デジタルテレビ、インタラクションテレビ、インターネットテレビなどを有効に融合し、テレビにおけるネットフィッシング、テレビ電話、テレビ支払い、体感ゲームなどの応用を実現、「テレビを見る」から「テレビを使う」に変換させる。

三つのネットの融合、個人端末の普及、インターネットモバイル化、社交メディア化の時代において、Inspurクラウドテレビの勢いを迎合するために、業界初の三スクリーン連合、TVeなど「ワンクラウド多スクリーン」業務を発表し、ビデオテレビネットのカバー力とネット融合の業務推進力を強化させた。また、Inspurはモバイルインターネット商品の成功経験をもとに、Inspurクラウドテレビシステムに応用ショップINSTVを発表した。大量な応用はテレビ端末で応用され、密封且つコントロール可能な運営システムにおいてユーザーに高品質なワンストップ式なサービスを提供し、しかも全てのサービスはクラウドコンピューティングプラットフォームで行える。

同時に、Inspurクラウドテレビはデジタルテレビのミドルウェアを開発し、オープンソースブラウザWebkit、HtmlとJavaなどの付加価値業務インタフェースを採用し、標準化、開放性と弾力性によりデジタルテレビの拡張をさらに便利にさせる。今、Inspurクラウドテレビはミドルウェアの開発が完成され、Huawei、ZTEコーポレーション、エリクソンなどのプラットフォームと接続、国内数十社の主流テレビチューナ生産者とのドッキングを実現した。

インテリジェント端末では、Inspurハイビジョンテレビチューナ商品はSOC方案テレビチューナのもとで、Inspur iSTBオープンインテリジェントテレビサポートプラットフォームを開発し、Inspurクラウドコンピューティングプラットフォームと協力しあい、テレビチューナの性能と応用体験を向上させる。Inspurテレビチューナ商品は3C認証、HDCP/HDMI/ドルビ認証を得て、中国品質認証センター(CQC)が認める国内初の省エネテレビチューナである。

三、業務応用

Inspurクラウドテレビ全体解決方案を通して、済南ラジオテレビは市内60万個のテレビユーザーをハイビジョンにレベルアップし、これで済南市は全国初のハイビジョンテレビチューナ転換を実現した。また、「DVB+OTT」業務形態を実現する国内初の都市でもあり、三つのネットを融合した「済南モデル」を創立した。

現在、Inspurは山東省において、クラウドテレビ業務プラットフォームとテレビチューナ解決法案を提供する唯一の会社でり。河北省ラジオテレビネット指定スポンサー、山西小ハイビジョンテレビチューナミドルウェア主力スポンサーでもある。Inspurは山東省ネットと共同で「山東クラウドネット文化有限会社」を設立し、省内1800万個の有線テレビユーザーをカバーし、新たな提携モデルを始めた。ラジオテレビ業を発展させるだけではなく、新分野開拓においても、Inspurは中国ユニコムと幅広く提携し、現在、ユニコムIPTV統一ミドルウェア唯一の提供者である。海外では、Inspurはタイで最大きいな有線テレビ運営会社CTHと1500万ドルのハイビジョンテレビチューナプロジェクトを契約し、解決案提供者としてCTHデジタルテレビ転換作業に参加した。

四、未来展望

ラジオテレビ業界に対し、Inspurは戦闘力が強いチームを持っている。ネット融合という重大な危機を面し、ラジオテレビと新メディアユーザーに高品質なサービスを提供するためにInspurは最初から最後まで一連の解決方案商品を開発した。今後、Inspurは自主開発と創新融合を通して、クラウドコンピューティングをもとにしたInsTV、新世代インテリジェントミドルウェアとハイビジョンインタラクションテレビチューナなどといった主流商品を開発し続けるとともに、ラジオテレビ運営者、産業ライン生産者と一緒に中国ネット融合事業に力を貢献する。