Inspurサーバーは安定性、信頼性、高効率性を持つ山東省中国医学病院データセンターを生み出し

1、事業背景

山東中国医薬大学附属病院、山東省中国医学病院は1955年7月に設立され、半世紀の努力を経て、現在は省内において、大きな規模、専門科診察室の整った配置、高い業務レベル、強い教育実力である医療、教育、科学研究、予防、保健、回復を一体とした現代化総合性中国医学病院となっている。病院敷地面積187ムー、総建築面積21.6万平方メートル、総資産9億元近く、固定資産5.89億元、現有の職員1042人、そのうち高級衛生技術職員は284人である。臨床の一級専門科診察室23科と二級専門科診察室12科、病気専用診察室を40科設置した。山東中国医薬大学附属病院は山東省唯一の省級三級A等中国医学病院である。また国家食品薬品監督管理総局新薬臨床研究基地、国家中国医薬試験作業基地、山東省中国医薬継続教育センターでもある。

山東省中国医薬大学附属病院東院区新築総合楼は2013年4月に前期建設の作業が基本的に完成した。本事業は東院区新築総合楼業務の順調な使用開始を保障する基盤建設であり、新築総合楼に対してデータ業務及びネットワーク運行プラットフォームを提供する。この力を借りて、山東省中国医学病院東院区新大楼は9月16日より正式に診察を開始した。元々の東院区診察システムはその全てを東院区西側新大楼内に移転した。

2、ニーズ分析

新築総合楼とサーバーシステム設備ニーズ分析

1)HISシステムサーバー

HISは病院全ての業務と業務全過程をカバーしている情報管理システムである。東院区新総合楼が正式に事務機能をスタートさせる重要条件として。HIS応用システムのサーバー自身のコンピューティング性能に対する要求は比較的高く、大量の病院端末同時使用、複数ユーザー集中アクセスの状況を満たす必要がある。未来の業務拡張に対応でき、それにより情報システムが業務ニーズと共に増加可能で、また順調かつ安定的に更新に向けての技術移転を行うことができる。これにより、HISホストシステムの拡張が容易であることが求められ、今後不断に増加するクライアントのニーズと現れる可能性のある比較的大きな任務負荷を満たすことで、スケーラビリティを有するようになる。

2)PACSシステムサーバー

PACSシステム(Picture Archiving and Communication Systems)、映像画像ファイルと通信システム。主な任務は日常における各種医学画像(核磁気、CT、超音波、各種X線装置、各種赤外線機器、顕微鏡等の設備による画像)を各種ポート(シミュレーション、DICOM、ネットワーク)を通して、デジタル化方式により大量保存を行い、必要になった際に一定の授権の下で、素早く取り出して使用することが可能であり、これによって、サーバーシステムは比較的高いコンピューティング性能を持つことを要求されるだけでなく、さらに画像データの素早い保存・取り出し能力を有することも必要とされ、同時にPACSシステムは一部の補助診断管理機能を新たに増やし、それは各種画像設備間でのデータ伝達とストレージデータの組織において重要な作用を有する。

  3)その他関連業務システムニーズ

東院区新総合楼医院情報システムの建設において、さらにCIS(臨床情報システム[Clinical Information System])、RIS(放射学情報システム[Radiology Information System])、LIS(実験室情報システム[Laboratory Information System])、OA(日常事務システム[Office Automation System])等を含んでいる。HISシステムと比べると、操作、使用する人はそれぞれ異なるため、サーバーシステムの同時処理能力に対する要求はそれほど高いわけではないが、同様にシステムの安定性と信頼性を重視しており、それにより病院業務システムの連続性を確保する。

3、解決方案

 测试测试测试

サーバーシステム設計は東院区新築総合楼建設ニーズに基づき、主に採用する:

1)核心業務応用:病院HISシステム、PACSシステムは核心応用に属しており、システムの安定性に対する要求が比較的高い。Inspur高性能四ウェイサーバーNF8520、ホットスタンバイ、ホスト一台、バックアップ機一台を採用しており、病院核心情報システム業務の連続性を保証する。

2)その他業務応用:その他業務応用に対して、LISシステム、OA日常事務システム、RISシステム、CISシステム、CRM顧客関係管理システムを核心応用システムと比べると、ユーザー数、及び同時アクセス量は決して多くはなく、Inspurの二ウェイサーバーNF5270M3を採用することで、十分に関連応用業務ニーズを満足させることができる。また病院応用の業務の連続性に対する特殊な要求を考慮して、全てホットスタンバイ方式を採用し、財務管理やバックアップは二ウェイサーバーを一台採用しており、財務管理及び応用システム全体のバックアップを請け負う。

3)後期業務拡大:今回の事業のバックエンドストレージは元々有する設備を利用しており、第二期建設において、集中オンラインストレージ製品を採用することを提案しており、ミラーリング技術を通して、データのセキュリティ性を保証している。バックアップ媒体はバーチャルテープライブラリ一台を増加し、20TB物理合計容量を配置し、常用データのバックアップを行う。後にテープライブラリーを配置し、病院の応用データの生命周期に基づき、定期的にファイルの保存が行え、それによりシステム効率を高め、メモリ消費を減らす。

4、顧客価値

1)ユーザー体験を重視し、核心データセキュリティを保証

国産化製品を採用し、「バックドア」の脆弱性を保護

三A級病院に対して、病例及び健康ファイル重要データのセキュリティ性は非常に重要であり、フロントエンドサーバーシステムからバックエンドストレージシステムに至るまで全て国産製品を採用することで、MNC(Multinational Corporation)サーバーの山東省中国医薬大学附属病院に対する独占を打ち破った。情報セキュリティが世界注目テーマとなる大環境の下、ユーザー業務状況から始め、基盤アーキテクチャ構築上において、核心データのセキュリティを確保する。

2)病院情報化資源共有の実現、作業効率の向上

統一的病院情報化プラットフォームを構築し、東院区新総合楼業務の展開に向けて、素晴らしい情報化基盤を築き、病院の各専門の診察室間、病院間の情報の相互連絡を実現し、患者の診察や各種管理職員の分析意思決定に対して最大限の便利化を図った。

3)IT基本アーキテクチャの統一、全体コストのカット

サーバー、ストレージ関連のハードウェア計画から始め、統一的ITアーキテクチャを採用する。また、OSや応用ミドルウェア等の方面から総合的に考慮し、高コストパフォーマンス、かつ適切に実行可能な一体化解決方案を考え出し、顧客に対して、性能やアベイラビリティがさらに優れており、使用と管理がさらに行いやすい情報化業務システムを構築する。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务