Inspur GS資産管理

一. 製品概要

EAM(Enterprise Asset Management)つまり企業資産管理は企業内部の資産を中心として仕入、インストール調整、運行管理から譲渡や廃棄処分までの生命周期の管理過程において、現代情報技術を運用して資産の運行信頼性と使用価値を高め、メンテナスコストと修繕コストを下げ、企業管理レベルと職員素養を高め、企業競争力のシステムを強化する。具体的に言うと、それは企業資産、設備台帳を基礎とし、業務リストの提出、審査、執行をメインラインとして、故障修繕、修繕予防や信頼性を中心とする修繕と状態検査修理等の数種類の可能性モデルに基づき、資産の生命周期過程を追跡、管理する。EAM管理の対称は実物資産であり、それは設備、施設、車両、IT設備、使い回し材料、備品等を含む。

Inspur GS資産管理は集積システムで、それは購入管理、在庫管理、人材資源管理、検査修理管理等をデータが十分に共有されている情報システム中に集積し、同時にポートを通してDCSとERP等のシステムと相互的に繋がっており、企業内部情報の完全共有を実現する。

二. 製品アーキテクチャ  

浪潮GS资产管理

二.応用価値

1.会社管理収益:企業やグループの生産調整能力、設備と部品管理モデルや管理レベル向上させ、企業資産管理プロセスを向上、改造させることができる。

2.経済効果利益:企業の資産の最適配置と利用の実現を通して、生産を保障し、生産コストを低下させ、以下のようなより良い経済効果利益を得る。(1)設備の停止時間を大幅に減少し、生産効率利益を10%~30%増加させる。(2)修繕コストを減少し、コストの10~20%カットを実現することができる。(3)在庫コストをカットし、在庫資金低下率10~30%を実現することができる。(4)設備使用寿命を延ばし、投資利益率を高め、収益を10~20%高めることができる。(5)急な仕入を減らし、仕入コストを下げ、低下率10~30%を実現することができる。(6)有効的作業時間を増やし、作業効率を10~30%高めることができる。これらの数字は比較的有名な評価会社Gartner GroupのすでにEAMを実施済みの企業に対して行った調査により出された統計結論である。

3.知識管理:生産、修繕、物資、設備、仕入の知識管理方面において有効的蓄積を実現し、また巨大な知識ベースの形成によって反対方向に指導関連業務を行うことができる。(1)全ての業務記録を記録し、修繕、仕入、在庫においてデータを蓄積して分析を提供できる。(2)故障(欠陥)管理を構築し、異なる修繕レベルの修繕職員の学習をサポートし、素早く問題を解決する方法を探すことができる(3)企業が修繕基準体系を構築し、修繕業務の規範化をサポートできる。(4)設備関連資料を整理し、素早い検索と学習の便宜を図ることができる。