Inspur GSグループ財務

一、方案背景

グループ企業は情報技術の力を借りてグループの統一的財務計算プラットフォームを構築することが必要で、グループ財務の集中管理を実現し、随時に正確かつ完全に財務情報を核心とする経営管理情報を掌握し、科学的意思決定に対して根拠を提供することを実現する。

1.グループ企業は通常、支店や子会社が多い、地域や業界を越えた経営という特徴を具体的に有しており、集中式の財務管理情報システムを構築する必要があり、グループは各産業機関の真実の業務データをリアルタイムに取得し、支店や子会社等に対して監視制御を行い、グループ財務管理制御力を強化することができる。

2.多会計主体、多業界計算を行える財務情報システムを構築する必要があり、そうすることにより企業全体の資金フロー、情報フローを円滑に運行することができる。

3.グループ全体において基準のプロセスと基準データを設定し、各構成機関はグループの統一的基準、規範制御の下で運行と操作を行い、同時に支店や子会社等が授権範囲内において私有基準を設定することを許可し、企業自身の計算要求を満たす。

4.企業内部全体で内部取引リアルタイム処理体系を構築し、内部取引に対して内部機関が証拠処理を行う際に確認を行い、またその場で相殺を行い、簡単にデータのまとめと合併報告表を作成することができる。

5.強大で弾力性のある報告表管理システムを構築する必要があり、それは強大な報告表検索、リソーストレーサビリティ分析機能を有しており、多方面の財務計算データに対して分析制御を行うことができる。

二、方案アーキテクチャ

GS集団財務  

1.基礎面:プラットフォーム統一を特徴しており、つまり全てのシステムがInspur GSPプラットフォーム上で設計、実現されており、システム間の業務、プロセス、データ等の基準は統一的で、隙間なく連結することが可能で、また同時にGSPは開放性の極めて強いプラットフォームでもあるため、その他の応用システムとのデータ結合も可能である。

2.企業運営面:企業の日常財務計算需要を満たし、グループ財務の以下の具体的応用を含む。財務計算、現金管理、固定資産、財務報告表、財務分析等。

3.集団管理制御面:グループ管理制御の核心は財務管理制御である。具体的内容:財務情報監視制御、内部取引、資金集中、資産集中、全面予算等。企業資源整合を満たすと同時に企業リスク制御を実現する。

4.グループ戦略面:企業の高レベル意思決定に対して随時に全面的で正確な経営分析データを提供し、それにより企業の意思決定能力、意思決定効率、意思決定正確性を高める。

三. 方案価値

1.集中財務管理モデルを設定し、財務集中管理、分類計算を実現し、企業が現在有する資源を改善、整合する。

2.報告表から証拠までの全過程追跡検索を実現可能で、管理の透明度を高めた。

3.グループ基準化管理と財務計算基準の徹底的実行を実現し、企業の基準化プロセスを推進した。

4.財務職員の業務レベル及び管理レベルは全面的に高まり、企業監督管理力は強化された。支店や子会社等で発生する可能性がある管理の漏れ穴を防止することが随時可能で、実行と監視制御の力を強化し、経営リスクを下げ、財務管理の規範化を促進し、運営効率を高める。

5.極大に企業財務管理コストを下げ、情報システムが大量の会計職員を負担の重い具体的事務性の業務から解放し、企業財務管理業務へと本当の意味で投入する。財務職能の対象を過去から未来へと転換する。

6.時間と場所を限らず、企業に対して24時間の情報サービスを提供し、データの時効性と正確性を保証し、会社の上層部の意思決定に対してリアルタイムで正確な財務情報を提供する。

7.企業内部管理関連報告表の合併及び内部関連取引の処理を自動で完了させ、情報公開速度を上げ、業務効率を高め、財務業務量を大幅に下げた。