Inspur天梭高性能クラウドサービスプラットフォームClusterEngine(スマートな選択、成功的な実践)

Inspur Cluster Engineグループ管理プラットフォームはInspur天梭シリーズHPC商品が準備した管理ソフトである。本ソフトはB/S構造を持ち、ウェブブラウザ(IE,firefoxなど)より操作可能であり。グループシステムのソフトウェア、ハードウェアとユーザーが提出した作業を管理でき、グループ中の資源使用状況をもとに提出された作業を合理的に調和し、資源の利用率と実行率を向上させる。

Inspurは国内をリードする高性能コンピューティングシステムの開発者として、高性能コンピューティングユーザーに安全かつ信頼性の高い高速集結ハードウェアを提供するだけではなく、完璧なグループ管理ソフトを提供する。作業管理ソフトはグループ管理システムにおける重要の一部として、提出された作業を合理的に各段階に分配する任務を担い、グループコンピューティング力を確保する。できるだけ高速に結果を出し、グループ管理監視ソフト、分配ソフトとともに完備なグループ管理システムを構成する。

本システムは下記三つの特徴を持つ:

1.統一的なグループ使用と管理プラットフォーム、グループの使用と管理作業を実現でき、ほかのツールを使用する必要がなくなる

2.モジュール化設計

1)すべてのモジュールは比較的に単独な機能を完成させ、ソフトの使用性を向上

2)新規モジュールの作成と追加は可能

3)モジュールは基本と高級に分けられる

3.権限制御

1)すべてのユーザーが使用するモジュールを制御でき、管理しやすい

2)ユーザーはオリジナルのトップページを設定することが可能

本システムは作業提出、作業管理、Checkpoint管理、応用、監視、監視ウィンド、警報ウィンド、管理ツール、ファイル管理、ユーザー管理、図形統計、配置センターとディスプレイコントロールと十三個の部分に分けられる。

作業提出:新規作業提出、fluent、VASP、ansys、gaussion、atom、sum、CFDなどの作業を提出できる。バックの作業内容設定にて提出することが可能

作業管理:本モジュールは作業管理を担い、システム中の作業状態を確認し、作業を実行、削除することができる。作業実行記録を見ることもできる。

Checkpoint管理:検査ポイントを設定する作業を停止、解放、断片保存と断片回復といった操作ができる。作業実行記録を見ることもできる。

応用:VASP作業、Fluent作業、Atom作業に分けられ、対応する作業を提出、管理することができる。

監視制御:動態情報、タイムリー情報、歴史情報、節点監視に分けられ、本グループの運行状態及び各数値を監視制御できる。

監視制御ウィンド:作業監視制御、資源監視制御、警報監視制御に分けられ、それぞれ作業、資源、警報をタイムリー監視制御しながら関連情報を表示する。

警報ウィンド:警報設定、警報リスト、警報閾値に分けられ、警報情報を設定、検索する。

管理ツール:集合Shellと遠隔デスクトップに分けられ、集合ShellはShell画像の集合的な管理を行い、遠隔デスクトップは遠隔デスクトップを集合的な管理ができる。

ファイル管理:ノードのファイルを管理し、ファイルのアップロード、新規作成、開く、コピー、再命名、圧縮、削除とダウンロードといった操作を行える。

ユーザー管理:管理システムのユーザーグループ及びユーザーを管理する。ユーザーグループ及びユーザーに対し、点検、添加、削除及び編集といった操作を行える。

リスト統計:本モジュールはシステム中のユーザーグループまたは資源の使用量を記録し、ユーザーグループ及びユーザーの費用を計算する。

配置センター:グループを配置し、表示ウィンドの順番を変更し、自動再生を設定することが可能

ディスプレイ監視制御:タイムリー監視制御モジュールはグループの運行状態をタイムリーに把握し、パソコンディスプレイやスクリーンに映す。