Inspurイン?クラウドSmartcloudコンテナデータセンター

柔軟性のある移動

現在長年の物流業界の経験を頼って、コンテナをデータセンターの媒体として、業界の長年の船便、航空、鉄道などの運送方法によって、データセンターが全世界の何れの場所の間での快速移動と配置を実現させた。地震などの災害救援、軍隊野外作戦、石油探査、科学研究考察などのような、実効性と移動性に対する厳しく要求される業界と応用にとって、広い応用前景がある。

快速配置

Inspurイン・クラウドデータセンターはコンテナを基本的な構造と機能の構成ユニットとし、すべての組立とデバッグ作業はすべて生産工場で組み立て完成させる。設備がユーザーの現場に到着後に、水道と電気及びネットなどの基本ルートを繋げれば、正常に作業して外にサービスを提供できるようになる。伝統的なサーバー室は土地の審査許可とサーバー室の建造から設備の仕入れと取り付け及び配置などが二三年間にかけるとに比べて、Inspurインークラウドのコンテナデータセンターはユーザーの前期建設時間ととコストの投入を大いに減らすことができ、高速な配備と急速な応用を確かに実現できるようになる。

モジュール化設計

Inspurのイン・クラウドコンテナデータセンターはIT設備コンテナと送電冷却設備コンテナの2つの独立した機能モジュールを含む。IT設備コンテナは主にサーバーとネットのスイッチなど設備を入れ、サービスの出力ユニットである。送電冷凍コンテナには、主にUPSと電池ユニットと配電キャビネット及び水冷ユニットなどの電力供給や冷凍設備を入れ、IT設備コンテナサービスの電力供給冷凍ユニットである。エンドユーザーの観点からみれば、このようなモジュール化した設計を採用したのは、それぞれの応用モデルと規模によって柔軟で拡張可能のデータセンターのハードウェア設備を提供すると共に、さらに未来のクラウド計算領域に適用することができる。

     

   

 

 

 

機能ユニット

能力指標

指標パラメータ

計算、記憶ユニット

計算能力

1280コアのCPUをサポートできる

7680計算コア

15360計算スレッド

ストレージ能力

6PB マスストレージをサポートできる

動力ユニット

効率能力

最大効率160KW

最小効率50KW

交流電源380V

冷却ユニット

冷却能力

最大冷却効率160KW

一つのラックの冷却効率は20KW

冷水が最低で7℃

管理ユニット

管理能力

インークラウドOSV1.0

全体の効能パラメータ

環境要求

床荷重量:20トン

湿度:0-100%RH;

湿度:0-100%RH

温度:-40-60℃

外観規格

長さ、奥行、高さ:6m*2.5m*2.5m

最大重量20トン、最小重量5トン