Inspurセルフサービス税金業務端末システム

2007年で、Inspurより国内初の24時間セルフサービス税金業務端末を自主開発した。2011年で、Inspurが国家税務総局のセルフサービス税金業務端末プロジェクトを唯一の落札者となった。今までに、該端末は全国30省以上の1500箇所の税金業務手続所で配置され応用される。税務機関の「二つの負担を減らす」ことを更に深化し、納税環境を改善し、サービス効率を向上するために、新しいモデルを提供し、税務機関と納税者に高く評価された。

■典型応用:

Inspurは国内初のセルフサービス税金業務端末製品のメーカとして、「ソフトウエアとハードウエアの一体化」を優位性とし、セルフサービス税金業務システム製品の開発に力をいれた。2012年末までに、この製品が国内の30省以上、200都市以上、1500箇所以上の税金業務手続所で応用され、マーケットシェアが80%以上、320万の納税者にサービスを提供する。

唯一に、国家総局19省セルフサービス税金業務システムの建設プロジェクトを落札したメーカー

唯一に、国家総局がセルフサービス税金業務システムに対する安全テストをクリアしたメーカー

唯一に、成熟した「精密機械と電気一体化自動領収書発行技術」及び応用規模を形成するメーカー

唯一に、国家地税のセルフサービス税金業務に関する連携技術とプロモーション経験を持つメーカー

唯一に、国家総局のシステム運行メンテナンス体系に入れたセルフサービス税金業務システム端末の生産メーカー

浪潮自助办税终端系统