Inspur SSM 応用監督管理システム解決方案

業界背景

データセンターITシステムはますます多くなっており、ネットワークや設備はますます複雑になり、各経営活動はますます安定的で信頼性のある業務応用システムのサポートに依頼するようになっている。複雑で多様なITネットワークと業務サポートシステムに向き合い、情報部門は数多くの試練と向き合っている(例:いかに問題に気付き、より大きな損失を回避するか、いかに業務部門ニーズを満たすか、いかに未来の情報化建設に対して意思決定根拠を提供するか?)。

Inspur SSM 応用監督管理システム解決方案

Inspur SSM 応用監督管理システムは情報セキュリティ領域で主流の「監視測定―対応」技術を採用しており、データセンターのサーバー及びその業務応用システム、基盤ネットワーク設備等に対して、全方位、細分化、多層レベルの監視制御及びスマート分析と意思決定を行い、異なるブランド、タイプのサーバー、OS、ミドルウエア、データベース、主流業務応用、個性化業務応用とデータセンターソフト・ハードウェアシステム運行状態可視化、運行健全度の数値化、応用安全監視測定自動化と応用業務意思決定データ化を実現し、データセンターの作業効率と対外応用サービスの安定性、信頼性を向上し、データセンターシステム全体の運行リスクと運行メンテナンス全体コストを下げる。

Inspur SSM は全面的なシステム資源監視制御を行い、また統一公開、統一管理を行い、弾力的かつ個性化したプレビュー、報告表、図表を提供し、業務センター応用状況のリアルタイム監視制御を行い、問題を発見し、さらにその場で警報を鳴らす。Inspur SSM は分布式監視測定採集配置と集中管理モデルを採用し、サーバーの集中配置採集策略の下、採集プローブ(Probe)執行周期採集任務を発することを通して、大規模ネットワーク環境下におけるIT基盤施設に対する監視測定要求を完全に満たすことができる。クライアントはいかなるインストールも必要がなく、直接ブラウザを通して、各種IT資源のリアルタイム性能指標を調べることができ、便利かつ速い。

浪潮SSM应用监管系统解决方案

Inspur SSM 応用モニタリングマネジメントシステムの配置イメージ図

顧客及び収益に適応

Inspur SSM 応用モニタリングマネジメントシステムは政府、軍事供給軍隊、エネルギー、電気通信、教育科学技術研究、金融証券、医療企業等業界のデータセンターのために、完全な業務モニタリングマネジメントプラットフォーム解決方案を提供する。

知る:ネットワーク設備、サーバー、応用システムに対して自動巡回検査を行い、運行状態を知ること。

定量:直感的に業務システムの運行状況を把握し、業務システムの運行品質を定量化すること。

データ:多様な角度、層別のデータパフォーマンスを提供し、マネジメントの意思決定をデータに依存させる。

ワーニング:モニタリング対象に対するワーニングを有効に実現し、完全したワーニングシステムのこと。