Inspur天梭K1システムが廊坊のデジタル都市管理に一助

事例概要

廊坊は河北省初のデジタル管理を実現した都市である。2013年では、Inspur天梭K1はそのデジタル都市管理システムを受け持って正式に運営することは河北省のデジタル都市管理が段階的な効果を得たと示し、全国初の都市デジタル管理システムで省全体をカバーする省になった。特に、北京、天津、河北の一体化を進める中で、廊坊はより多くの都市機能を背負う事が必然であり、現在、該システムが廊坊の将来5年間の都市発展に満たすことである。

「スマート都市」には業務システムのアップグレードが必要

廊坊が「スマート都市」としての社会管理と都市管理レベルを高めるために、廊坊市は社会管理とデジタル都市管理情報システムを構築し、社会管理を「防ぐ、コントロール型の管理」から「ヒューマンフレンドリー、サービス型の管理」へシフトした。廊坊の都市管理は受身的な管理から自ら積極的にサービスする型へ、粗放な定性的なパターンから集約な定量型へ、一律な閉鎖管理から多様化のオープン管理へ、臨時の抜き打ち型管理から長期間の管理へ転換し、河北省で初めてデジタル管理を実現した都市となった。しかし、都市の急速な発展と管理効率の向上ニーズに伴って、既存のデジタル都市管理システムに対しソフトウエアとハードウエアの拡張とアップグレードをすることが必要となった。

Inspur天梭K1がサポートするデジタル都市管理システムのアップグレード

2013年、廊坊はデジタル都市管理システムのアップグレード改造業務を正式にスタートした。新しいシステムが長期的、安定的、安全に運行する事を保障するために、最終に国産メインフレームInspur天梭K1を採用しそのコアデータベースの構築に用いて、既存プラットフォームのスムーズなアップグレードを成功に実現した。Inspur天梭K1が受け持つデジタル都市管理システムの運行状態が安定で、廊坊市の60万平方キロメートルをカバーし、都市機能の7カテゴリー、76サブカテゴリー、132000項目、事件の5カテゴリー、50サブカテゴリーをモニター管理し、都市問題案件の受理を担当する。システムの端末を置く30箇所の機構は同期に動き、間歇なくモニターと都市問題の処置を行う。同時に、該プラットフォームが廊坊の将来5年間の都市発展に必要な業務ニーズに完全に満たし、廊坊市の都市管理の情報化レベルを更に引き上げ、都市管理を受身的な管理から自ら積極的にサービスする感りへシフトすることを実現した。

国産メインフレームK1、安心して使える

国産メインフレーム——Inspur天梭K1のパフォーマンスについて、廊坊市工業と情報化局于慈遠局長は「Inspur天梭K1がわが市のデジタル都市管理システムを受け持っている。現在、このシステムが立ち上げて半年、運営効果が良好で、我々の業務ニーズに完全に満たしている。海外の多くの設備はいわゆる“バックドア”を残しているので、極めて不安全で、我々自分の国産設備であれば、安心して使える。Inspurが今後も更によい国産設備を提供してくれるよう期待している」と述べている。