Inspur天梭K1システムが洛陽銀行の基礎データプラットフォームへの応用

業界の現状及び発展トレンド

情報化の加速に伴って、金融業界はサーバーへの要求がますます厳しくなり、応用に必要な多くのビッグ計算量とスーパー安定性は通常のサーバーから求められない。また一部の業界データセンターの構築が適切ではなく、システムの応用が柔軟性を欠けて、活用率が低く、プロセスが煩雑であるため、大量な人と物を投入して操作するしかない。またこのようなシステムは拡張しにくい。どうやってシステム性能を向上し、且つサービスの中断を減らし、システムの活用率とマネジメントしやす事を達成することはIT建設における大きな難題になっている。

将来のIT構築は大規模な一体化インフラに基づくものであり、根本からコラボレーションと簡素化を実現し、性能が低い、業務の連続性が悪い、活用率が低いとマネジメントしにくい問題を解決する。大規模な一体インフラ施設はプロセッサーのメモリが大きいコンピューティングシステムを含み、応用のために十分な計算能力、モジュール化の構造を提供して拡張とメンテナンスの利便性を図り、汎用のネットワークアーキテクチャと強いIO能力によってシステムを思うままにいかなるネットワークへ接続し、総合的な簡潔なマネジメント方法を実現し、人と物の消耗を減少し、高い信頼性を持つソフトウエアとハードウエアの設計と応用ソリューションを提供し、業務の連続性を保障しなければならない。

事業背景

洛陽銀行は国有資本マジョリティの株式会社である。2012年末までに、全行の総資産が781億元、各費目の預金高509億元、貸付金額347億元、ネット利益13.2億元に及び、銀行監督協会の格付けで2級レベルを早く達成した河南省シテイコマーシャルバンクである。洛陽銀行の所持資産が千億元の大台に近づく重要な発展時期において、洛陽銀行が既存の業務システムを深く統合し、元々の粗放的な発展方式を改めたいと決意し、銀行の更なる発展へ深くサポートしようとしている。

洛陽銀行は中小規模のコマーシャルバンクとして、大型銀行と中小銀行の情報化建設の条件が異なり、別の建設アプローチが必要になり、国産技術の採用に偏る。大型銀行の資金繰りが余裕満ちるので、輸入製品とサービスを購入する経済力がある。それに毎年の購買金額が十分に大きいので、国際企業と駆け引きするネゴ力が高い。一方、小さい銀行では予算が少なく、購買規模も小さい、コストパフォーマンスが高い国産製品が理想な選択でる。

方案概要

洛陽銀行のプライベートユーザーは210万人あまり、フリートユーザーは6万あまり、貯金口座470万あまりを有している。データ処理のピークは毎月の利息決算の時であり、全ての口座を処理することになるので、470万あまりのデータをアップデート処理する。毎日の取引量が4万回あまりで、1年間のデータは1500万、年率13%のスピードで増加し、5年後に2400万になる。5年間の保存期間で計算してみると、保存データは1億に登る。貯金口座の数が年率13%で伸びていくと計算すると、5年後に770万に登る。基礎データプラットフォームでは1億のデータを検索し、770万のデータを更新する能力を持つべき。Inspurは洛陽銀行の当面の業務ニーズ、及び今後の業務ニーズを効力し、アーキテクチャ設計、ハードウエアの配置、データウェアハウスの最適化等の面においてフィージビリティのある案を提供し、2台のInspur天梭K1システムを採用し、同時に複数のTS850八ウェイサーバーを組み合わせるソリューションにした。

実際応用

該方案はInspur天梭K1システムによって洛陽銀行の各システムに散見したデータを統合し、統一のデータウェアハウスを構築し、カウンター、信用貸付、財務、総合実用等の十数システムのデータマージとデータマイニングを行う。データプラットフォームは四つの層を持って、ネットワーク層、応用層、データベース及び他のサポートソフトウエア層、ハードウエア層である。そのうち、ハードウエア層にはInspur天梭K1システム、Inspur天梭TS850八ウェイサーバーを採用している。2セットのInspur天梭K1システムによってHAクラスターを構成し、データウェアハウスのサーバーとして、オペレーション型データマート、データウェアハウスと開発テスト環境をそれぞれ運行し、2セットのK1スペックが完全に一致し、1台K1ずつ4つのコンピュータボードを配置し、ハードウエアのパーティションを用いて16ウエイシステムをハードウエア電気セパレーションの4つのシステムに分割され、信頼性と資源の利用率を引き上げる。複数台の天梭TS850の8ウエイサーバーをコマーシャルインテリジェンス、抜き取り変換ロード、ネットワークアクセス応用サーバーとして使われる。システムを立ち上げてから、銀行の将来3年間の業務発展に満たし、すなわち一秒ごとに5000万のデータ検索を完了し、600万のデータを更新する能力を持つ。

方案優勢

高信頼性該方案はInspurのK-UXオペレーションシステムのハイアベイラビリティのモジュールによって、2台のInspur天梭K1システムがネットワークを通じてお互いにチェックすることができ、メインマシンがダウンした後にバックアップマシンがメインマシンの応用を受け継ぎ、業務の連続性を守る。

高性能該方案はFC-SAN環境を用いてシステムのストレージ環境を構築し、リンク冗長アーキテクチャを用いて、単独ポイントでの故障を避けて、ダブル事ロール8GB光ファイバーストレージを採用し、ストレージ性能を大きく引き上げた。

拡張しやすい

Inspur天梭K1システムはモジュール化の構造設計を採用し、クライアントの実需要に基づき柔軟に配置し、選択して配置する事ができる。今回は半分の配置をし、今後洛陽銀行の実際需要に基づいて対応するモジュールを追加する。ストレージ環境はFC-SANを採用し、SANは優れた拡張可能性能を持つ。SANは通常のSCSIと接続するケーブルの制限を克服し、サーバーとストレージの間の距離を大きく拡張し、多くの接続可能性を広げた。改善された拡張性能によってサーバーの配置とアップグレードを簡素化させ、既存ハードウエア設備の投資を守った。

高度なバーチャル技術

電気セパレートのハードウエアのパーティションからソフトウエアのパーティションへ、また更に安全且つ信頼性が高い応用容器へシフトする多様化のバーチャルソリューションをInspur天梭K1システムからクライアントに提供する。設備の利用率を上げ、ユーザーユーザーユーザーの投資を守る。本方案の中で、電気セパレートのハードウエアのパーティション技術を採用し、システムのアベイラビリティを向上した。

管理易いシステムが便利なシステム管理プラットフォーム、通常のシステム状態検査、バーチャルマシン応用管理、グラフ化のマネジメント画面、便利なLEDデイスプレー管理を提供する。多様な角度と多様なレベルに渡って、簡潔にわかりやすく管理することによって、ユーザーユーザーユーザーの管理コストを引き下げ、管理効率を引き上げた。

顧客価値

洛陽銀行基礎データプラットフォームはInspur天梭K1システムによって構成されるHAクラスターをデータウェアハウスサーバーとして使われ、当面の基礎データプラットフォームの応用ニーズに満たす同時に、将来の応用拡張も兼ねて、拡張の応用を統合することも可能である。基礎データプラットフォームの将来5年間業務発展を完全に支える事ができ、1億のデータを検索し、770万のデータを更新する能力を持つ。