Inspur天梭K1システムはシノペックの勝利油田における石油生産運営管理情報システムへの応用

事業概況

勝利油田はシノペックグループ傘下にある最も大きい油田とガス田であり、探査面積が18.09万平方キロメートルになり、石油、ガス資源はそれぞれ142億トン、21538億立米の埋蔵量である。2013年末まで、油田80箇所、石油の地質埋蔵量53.04億トンを明らかにした。油田の開発を74箇所も手がけて、年間生産能力が2700万トン、累計の原油生産量が10.72億トン、累計の天然ガス生産量が552.08億立米に登った。シノペックは『フォーチン』誌2013年グローバルトップ500企業の中で第四位にランクインした。

石油生産に対して全プロセス管理を行い、トップ層がリアルタイムに生産状況を把握するために、石油生産経営管理情報システムの設計が必要となる。

勝利油田の物資供給に関する全物資、全モデル、全過程のリアル物流管理システムを構築する事によって、全過程の品質遡りのスマートサプライチェーン物流管理を実現する。

システムの配置方案

同時にシステム全体は十分な拡張性を事前に残し、今後の業務レベルアップ時にシステムの容量拡張に便宜を図った。プロジェクトでは、1台の四つノードInspur天梭K1システムK1930を用いてデータベースサービス及びミドルウェアのクラスターを受け持って、その内の二つのノードをOracle RACとして、他の二つのノードをWeblogicクラスターで走る。

応用アーキテクチャ

 勝利油田の石油生産経営管理情報システムは三つの層:応用層、伝送層、感知層によって構成される。

  

  

事業収益

該プロジェクトは国産メインマシンが初めてエネルギー業界への成功応用であり、システムを立ち上げた後、勝利油田の物資供給に関する全物資、全モデル、全過程のリアル物流管理システムを構築し、全過程の品質遡りのスマートサプライチェーン物流管理を実現した。トップ層がリアルタイムに生産状況を把握するようになり、企業の運営効率を大きく引き上げた。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务