Inspur天梭K1システムが大連銀行の基礎データプラットフォームODSシステムへの応用

事業概況

大連銀行は大連市国有資本、中国側資本の法人資本及び個人資本によって合弁された地方の株式会社、コマーシャルバンクである。今まで、大連銀行は四つの直轄市で支店を設けるコマーシャルバンクであり、銀行全体の現役重要員は5000人、本店の下に27の管理部署、4つのセンター支店、8箇所の支店、計130箇所以上の営業処を有している。近年、大連銀行の資産品質がますます高まって、利益能力が持続的に成長し、各経営指標が記録を残すような突破を実現した。2012年末までに、大連銀行の資産規模が2506億元、一般貯金残高が1747億元、貸付残高1016億元に登る。22012年7月に出版された英国『銀行家』誌におけるグローバル千社の大手バンクのランキングでは、大連銀行が468位となり、中国大陸の銀行の中で39位であった。

銀行の基礎データプラットフォームODSシステムは大連銀行情報システムアーキテクチャの中枢であり、業務ソースシステムと管理分析類システムの間にデータを回す架橋として、銀行全体の情報共有化、データマネジメントと管理分析のキーエンジンである。ODSシステムは各応用システムを統合することにより、すべての業務データの集中処理と配分伝送を実現する。更に情報モデルに基づき各業務システムのデータをテーマ別に整理、統合し、異なる応用と異なる層におけるデータニーズに応える。同時に、最新のIT技術と合わせて、銀行の基礎データ処理の効率と正確性を上げ、将来の基礎設備の拡張しやすいニーズに備えるため、大連銀行から基礎データプラットフォームODSシステムを構築するリクエストを出した。

大連銀行ODSシステムはコアシステム、信用貸付等17システムに関わり、日あたりのデータ処理量が10G(上流で数を取る)、最大処理データ量が12.5Gである。日当たりのデータサービス料が20G(下流で数を与える)、最大サービスデータ量が36.5Gで、バッチ処理時間は日当たり平均7.5時間で、最大バッチ処理時間が10時間である。1940個の実体シートを含む、データ量が0.925Tである。

銀行の基礎データプラットフォームODSシステムの配置方案

大連銀行の基礎データプラットフォームODSシステムは主にデータ集約、統合、アクセス、フラッシュメモリ等業務を受け持って、コアシステム、信用貸付等業務システムに関わり、同時にデータ処理を行い、個人CRM、金融統計等の意思決定管理システムのためにデータサポートを提供する。意思決定管理システムには個人資産、個人CRM、パフォーマンス評価、1104、総合レポート諸表プラットフォーム、フリート向けCRM、金融統計、反マネーロンダリング、ALM&FTP等の9項目の業務を含み、生産業務システムにはコアシステム、信用貸付、国際決算、個人ローン、インターネット銀行、印鑑照合、手形、総勘定元帳、資金、ICカード、モバイルバンキング、銀聯サーバー、個人CRM等業務を含む。

Inspur天梭K1システムが受け持つ基礎データプラットフォームは以前の海外メーカー産小型機械を取って代わって、同時に異種装置共同バックアップを実現する配置方案は、データベースサーバーと応用サーバーの通信として、アプリ層が各銀行支店の端末設備と接続し、システム全体の配置を実現する。

システムアーキテクチャ

同時にシステム全体は十分な拡張性を事前に残し、今後の業務レベルアップ時にシステムの容量拡張に便宜を図った。本プロジェクトには1台のInspur天梭K1システムを配置し、以前の海外メーカー産小型機械との間で異種装置の共同バックアップを行い、二つのシステムによってOracle Racを構築し、マシンを接続して事務処理能力が200万に及び、クライアントのデータベースに対する性能要求を満たす。

事業収益

国産重要応用メインフレームが初めて地方のコマーシャルバンクのコア応用システムの中に応用され、銀行業務のコア業務を背負い、大連銀行の情報化建設にたくましくサポートと保障を提供している。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务