Inspurストレージディザスタリカバリ解決方案

業界背景

社会の発展と科学技術の進歩に伴って、企業の業務運営はますますITシステムの安定且つ高効率な運行に依存し、企業が直面するリスクと脅威も増した。企業の業務が持続的に運営する事はIT従事者が企業のITアーキテクチャを構築する中でまず第一に考えなければならない問題である。災難は誇りのように企業の周りに潜伏し、いかなるキーポイントで故障があった場合(例えば停電、自然災害、火災、人為事故、ネットワークが失効、システムのブレークダウン等)、各業務が停止され、リスクを有効に防がないと、一旦業務の中断になったら、企業は名誉の墜落と経済損失のような計り知れないダメージを被る。もし企業でデータの紛失が発生したら、業務の進捗に障害を生じ、更に重要なのは、企業がクライアントからの信頼、また企業が生きる市場を失うハマになる。コアデータの紛失は、厳重の場合、企業全体のシャットダウンにもつながる。

Inspurストレージディザスタリカバリ解決方案

Inspurストレージのディザスタリカバリに関する解決方案は、クライアントがデータ及び業務アプリケーション復旧時間に対する要望に基づき、サーバー、ストレージ、ネットワークとアプリケーション等の面に置いて、クライアントのためにディザスタリカバリ案を設計し、クライアントの企業コア業務データの安全性及び業務アプリケーションのリカバリ可能性を十分に保護し、データが意外によって紛失した場合、業務を迅速に運営回復し、システムが業務運営におけるアプリケーションの持続性を保って、リスクを低減する。

ディザスタリカバリとは、二つの遠く離れる場所で、1セット或いは複数セットの機能同様なITシステムを構築し、お互いに、健康状態のモニタリングと機能切替を行い、且つ外部へのサービスを正常に提供することである。Inspurディザスタリカバリシステムの中で、まずネットワークによってローカルとディザスタリカバリシステムを接続し、ローカルシステムに含まれるリアルタイムに変化するデータも直ちにディザスタリカバリシステムと同期させる。この後、ローカルシステムのデータが変わるたびに、すぐに変化したデータをバックアップシステムへ転送し、データも同様な変化をする。最終的に、メインシステムのデータがリアルタイムにリモートバックアップシステムに転送し、メインシステムが故障した後に、メインステーションポイントのアプリケーションプログラムがディザスタリカバリステーションに切り替え、且つ成功に運行する事が必要である。

ディザスタリカバリはデータ級ディザスタリカバリとアプリケーション級ディザスタリカバリに分けて、前者はデータのコピーと保管だけを考えて、バックアップのアプリケーションシステムを考慮しなくても良いので、簡単に実現でき、投資も少ない。後者はデータ級ディザスタリカバリをベースにして作られて、ディザスタリカバリセンターは生産システムと同じ構造、同じ機能の業務ウエブサイト、アプリケーションサーバー、アプリケーションソフトウエア等を配置する必要がある。実現が難しく、投資コストが比較的に大きい。

ディザスタリカバリの評価基準は以下のとおりである。RPO(リカバリポイント目標)はストレージシステムに保管されるデータの完全性を評価する。RTO(復旧時間目標)はディザスタリカバリシステムの業務復旧時間を評価する指標で、ディザスタリカバリのプロセス実施開始してから業務回復までの時間である。ディザスタリカバリシステムの中で、この2つの指標が小さいほど良い。

浪潮存储容灾解决方案

以上示した企業全体ストレージ構造図の中で、1台企業レベルのストレージシステムを主なオンラインコアデータベースシステム、バーチャル化プラットフォームシステム等アプリケーション業務サービとして、デイスクストレージシステムにサービスを提供する。総合ユーザーユーザーユーザーの異なるアプリケーション要望とSANアーキテクチャストレージ技術に基づいた有機的結合を通じて、本当の意味でのデータ集約管理、業務の分散処理を実現した。

同時に、業務がデータへのアクセスとデータ安全のリアルタイム要望はますます高まって、システムに対して24時間連続してサービスを提供する事を求めている。同じメーカーのシリーズ製品をバックアップストレージ、データボリュームミラーリングとして配置しリアルタイムにディザスタリカバリを行い、、メインストレージ方法がダウンした時に、バックアップストレージよりデータアプリケーションを受け継ぎ、業務の持続性を保証する。

データ級ディザスタリカバリをベースにし、ユーザーのニーズと予算に基づき、さらに投資してアプリケーション級ディザスタリカバリを作る。これでトータルのシステムの中で、いかなるアプリケーションサーバー或いはストレージシステムにいかなる問題を発生する時、全体のアプリケーションシステムが運行を保証される。

Inspurディザスタリカバリ案に関わる製品は以下のとおりである:光ファイバーストレージアレイ(AS600G3/AS600G3/AS1000G6)、バーチャルテープライブラリ(DP2000)、BCP(メインマシン級ハイアベイラビリティ、メインマシン級BCP複数ノードミラーリング解決方案)、マスストレージ設備(AS1200/AS3000/AS8000)。

顧客及び収益に適応

データの安全に対する要望が高く、大手企業、政府、電気通信等のクライアントである。アプリケーションの特徴は一般的にデータのコピー案も含まれ、一対複数或いは複数対一のディザスタリカバリができ、ローカルと他地域間のネットワーク接続品質は全体の解決方案の性能に直接影響する事である。要望の特徴は他地域で第二のデータとアプリケーションを持ち、ローカルでディザスタが発生した後に短い時間でサービスを復旧させる必要があることである。Inspurストレージのディザスタリカバリに関する解決方案は既に銀行、証券会社、電気通信、政府機関、高校、企業で相次ぎ成功に応用され、国内ストレージメーカーから言うと、技術と実行能力経験が豊かである。

事例リスト

AS1000G3が遵義銀行情報化建設へ一助

Inspurストレージが雅安コマーシャルバンクに採用され、ディザスタリカバリをサポート

Inspurストレージが寧今郷県財政局にディザスタリカバリシステムの改善に手助け

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务