Inspurストレージハイアベイラビリティ解決方案

業界背景

社会の発展と科学技術の進歩に伴って、企業はますますデータ処理に依存して業務運営を行う事になり、ITシステムへの依存性も増す。データはある種の原因で紛失すると、組織全体が運営における重大な不便に陥り、経済損失を被る事になりかねない、企業の名誉も影響される。もしコアデータが紛失したら、ひどい場合企業全体の営業停止に繋がる。従って企業の業務が持続的に運営し、及びデータ処理の高い信頼性とハイアベイラビリティを保証する事は、すべてのIT従事者がIT基礎アーキテクチャを構築する時に第一に考えなければならない問題になる。

ニーズ分析

既存の独立型システムにはたくさんの問題が存在する。主に以下のとおりである:

(1)アプリケーションサーバーのハードウェアプラットフォームにおけるシングルポイントの故障によって、アベイラビリティが高くない。

(2)アプリケーションの不安定によってデータ紛失になる危険が大きい。

(3)ローカルデータストレージハードディスクの故障が多い。

既存の独立型サーバーシステムの問題によってクライアントの業務が持続に運行出来なくなることがあったため、肝心な分野におけるコアアプリケーションの中でハイアベイラビリティシステムを構築し、シングルポイントの故障を避け、クライアントの業務が高い信頼性と高いリカバリ性を保つ事はクライアントの切迫な目標となる。

Inspurハイアベイラビリティ解決方案

Inspurストレージのハイアベイラビリティ解決方案は、Inspurのハードウェア及びソフトウエア製品の組み合わせによって、2台或いは複数のマインマシン設備間でデータミラーリング或いはシェアを行い、設備のハイアベイラビリティを実現し、マインマシン側の業務運営が持続可能である事を保証する。そのうち、BCP業務の持続保護はミラーリング型ハイアベイラビリティ、シェア型ハイアベイラビリティ、複数ノードメインマシンハイアベイラビリティの三つの案がある。

ミラーリング型BCP:2台マインマシンのシステムがアプリケーションと一致し、それぞれ自分のデータストレージスペースを使用し、BCPソフトウエアを通じて2台マインマシンのデータを同期させ、もしある1台メインマシンがダウンしたら、業務はもう1台のサーバーで直ちに起動する。

シェア型BCP:2台サーバーが一つのストレージボリュームをシェアし、設定した資源モニタリングストラテジーに基づいて、モニタリングされる資源が問題になった時に、もし事前に設定したリトライストラテジーが問題を解決できない場合、故障装置の自動切替を実現する。

複数ノードBCP:N+1バックアップは、1台の予備機は他の任意1台のメインマシンの予備として使える。そのうちの任意1台メインマシンがダウンし、業務は直ちに予備機へ切替、業務の持続運行を有効に保証する同時に、この方法は購買と管理コストを大きく削減する。Nバックアップは、複数のノード間で二つずつバックアップし、サーバーの利用可能資源を最大限に発掘する。

顧客及び収益に適応

アプリケーションシステムはサーバー、オペレーションシステム、データベース、アプリケーションソフトウエアをベースにして構築し、シングルポイントの故障が多く、システムダウンの影響が大きい(収入が減る、生産力が落ちる、ビジネスチャンスを失う)。クライアント別に異なる投資収益のニーズがあり、信頼性のレベルに対するニーズも違う。一つのクライアントのアプリケーションシステムは多様なプラットフォーム(サーバー、オペレーションシステム、データベース)に基づくかもしれない。Inspurのハイアベイラビリティに関する解決方案は現在、政府機関、医療、教育等の数多くの業界で成功に応用され、クライアントの業務持続運行のために、完璧な解決方案を提供している。

事例リスト

Inspurストレージが秦皇島市都市管理局デジタル都市管理建設への応用は大成功

Inspurストレージが寧郷県財政局のディザスタリカバリシステム建設へ応用されるケース

Inspurストレージが天津市土地整理センターへの応用は大成功

Inspurストレージが宣城市行政ウエブサイト手続きサービスプラットフォーム建設に一助

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务