青島I都市365ネット

2013年11月22日午前、国内初のインテリジェント都市オープンプラットフォーム“I都市365”ネットが青島市で発表された。これは政府データ公開をもとにした社会向けに構築されたオープンプラットフォームである。市民にワンストップ式な総合情報サービスを与える。政府部門における事務処理の流れを公開するだけではなく、詳細な用事処理方法やこつなどを提供している。これで、青島市は国内初の政府データとサービスインターフェースを公開する都市となる。これは全国初めての政府データ公開をもとにした公共サービスプラットフォームである。

ホームページは「政府サービス」、「生活サービス」、「都市の声」、「応用センター」および“特定サービス」と五つのプレートに分かれてている。市民を中心し、公共、生活、政務などのワンストップ総合サービス情報を提供する。青島市を新型「インテリジェント都市」のモデルとして全国を向かわせる。

「I都市365」は国内のその他市民便利サービスプラットフォームと異なり、それの最大の革新点は政府が公開するデータに基き構築された、社会全体に向けた開放プラットフォームである。政府は天然の情報採集と管理者として、莫大なデータ資源を有しており、その中に金融、農業、衛生、教育、交通、地理と人口などの方面も含む。公共サービスデータの基礎の上に、「I都市365」ネットはクラウドコンピューティング、ビッグデータ、ユビキタスネットワーク、モバイルネットワークなどの新時代の情報技術を運用し、ユーザーの参加性と双方的協力を強調して、大衆はネットショッピングで買い物をするように、政務的、公共的、社会的なオンラインサービスを便利で素早く手に入れることができ、また市民と密接に関連があり、社会注目度の高い市民便利情報、教育トレーニング、公共事業、交通アクセス、コミュニティサービス、医療衛生、旅行環境、社会保障などの領域にまで関連している。

青岛爱城市网

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务