Inspur Worldインターネットフォームを開催Inspurはカスタマイズ方式を通してIPDCの変革を促進

発表時間:2014年10月27日

10月23-24日に、Inspur技術大会Inspur worldは北京九華山庄で開き、「インターネット技術と変革」といったサブフォームで、InspurはAlibaba、Baidu、SOHU、Qihoo、Kingsoftなどインターネット企業のデータセンター専門家と次世代データセンターのテクノロジー・ロードマップとソリューションについて打ち合わせた。Inspurグループの副社長を務める王虹莉が、「クラウド時代でのインターネットサービスプロバイダは斬新なデータセンターが必要とし、変革の中でインターネットユーザーのためカスタマイズ製品サービスを提供するInspurは重要な役目を演じて、Alibaba、Baidu、NTESなどインターネットサービスプロバイダと提携してIPDC変革を推進した。

データセンターの変革はインターネットから着手

Inspurグループの副社長を務める王虹莉がテーマ発表会で発言している姿

インターネットはデータセンターの変革を牽引している。王虹莉が「データセンターの革新的技術は一番早くIT業界で使われて、その後他分野へ広がる」と言った。ボストン諮問会社の調査研究報告によりますと、2016年に至って、インターネット産業のGDPは中国GDPへの貢献度は2010年の5.5%から6.9%へ増加し、世界3位の国家になる見込みである。

それに伴って、データセンターの規模はますます大きくなり、2010年末まで、中国大型データセンターは47か所になり、約日本の1/2になった。2013年末まで、149か所に増やし、日本をはるかに超えたが、データセンターはやはりデータの転送速度・コスト・柔軟性などのストレスをを和らげることが困難である。言うまでもなく、新世代情報技術の発展はデータセンターに変革をもたらす。

三つの技術的対応方向に沿ってInspurが独自技術の開発を実現

王虹莉氏が「データセンターの変革は「エコ省エネ」、「データセンター配置対象の粒度値向上」、「リソース・プール」といった三つの技術的対応方向に沿って発展しておる」と述べた。Inspurが上述三つの方向では豊かなソリューションを有し、そのソリューションも大規模アプリケーションも実現させた。

多次元エコソリューション

エネルギー消費は依然として一番注目され、10万台サーバーを収納できるデータセンターの毎年の電気代は4億元以上だった。サービスプロバイダは全力を尽くして、エコ省エネデータセンターを建設し、低消費電力設備、新型給電プラン、自然冷却などの面で成熟した製品を有している。

Inspurインターネット産業部製品マネージャの孫波氏が新製品とプランについて説明している

アリババデータセンター熱エネルギー設計専門家の張曙氏が高温放熱技術について説明している

その中、Inspur高圧直流サーバーはA-S電源を使われているため、データセンターの給電システム変革を推進し、従来のIDCダブルUPSの給電構造を変えることで、データセンターのエネルギー消費総量を15%削減した。自然冷却型データセンターのために開発した高温耐腐食サーバーを通じて、大気中の硫化物は電子部品を腐食することが避けられ、40℃高温環境の下長時間運行できるため、自然冷却データセンターは初めて中国に向けロットで使用され、当該製品は世界中中国語版サーチエンジンの一番大きい会社で配置された。

データセンター大粒子の配置速度は10倍アップ

計算・記憶・通信など各種装置をもっと大規模のデータセンター粒子に融合されることで、データセンターの配置速度を大幅に高め、データセンターを通して突発的に拡張性のニーズをよりよい対応できるようになった。インターネットに関する業務の発展が早く、変化も早いであるため、短時間で大量のサーバーを配置する必要がある。それゆえ、当該データセンター粒子はプロバイダーに多く採用されていた。

Baidu北極プロジェクトマネージャの陳国峰氏は会議中でBaiduのカスタマイズ技術製品を説明している

その中で、最も主流的なソリューションはキャビネットサーバーであり、Inspurは国内において初めてキャビネットサーバーを開発したメーカーであり、Inspur Rack Scale Server SR Series 製品はもう第4世代に更新した。当該製品はサソリ2.0基準にかなって、一日で4500ノードを配置でき、従来のサーバーの10倍以上になった。そのうえ、配置密度を13.8%、配置速度を10倍以上を向上させることができ、電力消費を12%以上、TCOを15%以上削減することができる。Alibaba、Baiduなど大型インターネット企業はもう当該製品を数多く使用されておるため、市場シェアは60%を超えた。最近、Inspurは粒度値のもっと高いミニモジュールデータセンターMDCを開発し、真っ先に杭州テレコムとNTESで実際に使用された。

異なる資源のプール化

資源プール化は、計算・記憶・通信など機能モジュールの資源が含まれ、放熱・給電などサブモジュールも含まれている。集中化・資源プール化を通じて、設備が効率的に運用され、無駄な消費電力を削減できる。Inspur Rack Scale Server SR4.0は多種多様な資源を融合的に活用させ、計算・記憶・通信といった三つの資源プール化を実現させた。次世代のInspur Rack Scale Server SR Seriesはこれをベースにして三つの資源を統一的プール化させ、アプリケーションのニーズに応じて自動的配置することができる。

カスタマイズ化業務の全過程をカバー

インターネットデータセンターの技術革新は、サーバー業者がカスタマイズ化した製品とプランを提供する必要あり、研究開発・生産・出荷・サービスなど業務の全過程にカバーしカスタマイズ化する必要がある。Inspurのインターネットにおけるカスタマイズ化運行方式はもう数十年間存在しており、十分に成熟した。

技術の面では、Inspurシステムの研究開発能力はOEMからODMへの変化を実現させたため、顧客ニーズに迅速応答でき、最も短時間で製品に転換することができる。生産・供給の面では、南と北の二つの高効率な生産ラインを通して、ユーザーから正式にご注文を頂いてから3~7営業日以内に出荷することができる。サービスの面では、プロバイダは優先保証サービスを利用でき、優先に予備部品を保証できる。

最近、Inspurはインターネット業界におけるプロダクトラインが最も完備した業者の一つであり、サーバー出荷量が最も多い業者である。第1四半期の市場シェアは40%に超え、顧客はAlibaba、Baidu、NTESのほか、Sina、Sohu、CCTV、yhd、Suning、womai、360、zgpaw、chinacache、21vianet、Qunarなど全タイプインターネット企業も含まれている。そして、Inspurは伝統的な企業のためインターネット転換のためソリューションを提供し、オンラインとオフライン業務の融合を助けた。最も代表的なのはSuning、zgpaw、coolpadなどの企業との提携であり、インターネットと実体経済とのより一層の結び合いに伴って、Inspurは企業の将来性をより一層拡張させることもできる。