インテルE5 v3システムを発表しInspurダブルウェイサーバーM4シリーズは同時に市場で販売され

発表時間:2014年09月12日

9月9日午後、インテルは北京で新世代インテル®至強TMプロセッサE5 v3システムを発表し、インテルPSR戦略パートナーであるInspurは同時に当該システムのダブルウェイM4シリーズ品を発売した。Inspur関係者が「当該シリーズ品はすぐに大量納入できる」と言った。

E5 v3は効率、消費電力比例、価格性能比でもっとも競争力があり、運用時にもっと柔軟的・知的であるため、エンドユーザーが移動ネットワークとインターネットにおける業務へチャレンジできる。インテルデータセンタールート営業部長を務めるTerry Thornが「前世代製品と比べて、E5 v3は3倍性能アップさせて、遠隔測定法により重要な技術データを提供できるため、ソフトウエア定義のインフラ(SDI)に対する膨張的ニーズに対応できる」と述べた。

InspurM4シリーズ品はE5 v3システムの効率性と性能とを製品を通して完全な形で発揮し、ヒューマナイズ・信頼性・インテリジェントは当該製品の主な特徴である。

斬新な産業デザイン

新世代M4サーバーは、ユーザーの国産品に対する従来の認識を覆し、ヒューマナイズと工夫したコンセプトは製品外観の細かい点まで反映されている。全体的な外観は建物に適用するラーメン構造を参考とし、簡単かつ丈夫であり、製品の安定性と信頼性を表すとともに、前面計器盤の構造を増やしたため外観も美しい。計器盤にはロック機構を追加し、フロント側に配置しているハードウエアを保護し、データの安全性を向上した。

性能は2倍以上アップ

M4シリーズ品は斬新な知的加速化したコンピューティング技術を使用し、ユーザーの需要に応じ知的制御を通して最適化させることができる。新世代プロセッサとメモリを搭載しアプリケーション性能を顕著に向上させた。メモリの面でも、最新のDDR4記憶技術を使用し、メモリ帯域幅を50%向上させた。伝送速度は2~4倍向上し、エネルギー消費は57.1%削減したため、ユーザーのため仮想化性能を大幅に向上させると同時にエネルギー消費も削減した。

45℃高温に耐えられ、長時間に運行でき

45℃高温環境での長時間運用を図るため、Inspurは導風カバーのデザインを改善し、従来の構造にシートを増加して放熱効果を20%向上させた。同時に、マザーボードには環境適応性に優れた部品を採用し、プレート加工時に腐食性の高いコーティングを使用しているため、エコ省エネを推進した。

部品から省エネと高効率化を図り

プレート設計の面から、M4シリーズ品は給電の消耗を少なくため、プレートの構成に大電流専用高速回路を加えて、給電にPCB基盤構造を追加した。そのほか、デジタル給電モジュールを柔軟に選択でき、給電方式によって異なる負荷曲線に従い最高効率の所属区域で運用する手段を備えているため、Inspurはオプションの配置方案を選択することにより、理論上ではデジタル給電モジュールの給電方式を動的に変更することで機械の全体的作業効率を高められる。

細かい点からインテリジェントを考え

前世代のSmart Powerは効率に対する管理が起動段階を含まなかったが、効率管理はSmart Powerが機器エネルギー消費をコントロールするべき機能であり、国内の機関室或いはラック給電量が足りないため、サーバーのエネルギー消費最大限をセッティングするのが有効である。前世代の製品は、起動段階における消費最大限を超える恐れがあり、最悪の場合ラックパワーダウンをもたらしてしまう。新世代の製品はこのような問題を解決するだけではなく、消費最大限を超える時点を前もって予測できる。

M4シリーズ品の中で、NF5280M4はInspurの主流である2Uフラッグシップの製品である。それ以外、Inspurは2Uの主要製品であるNF5270M4、1Uフラッグシップ製品であるNF5180M4及び1U主要製品であるNF5170M4を発売する予定である。NF5280M4を代表とするM4シリーズ品はタイムリーに発売され、技術構成・エネルギー消費・メンテナンス管理などの面でも工夫を凝らしている。このような前進の理念を通して、一貫した製品づくりが 貫かれている。

第三者の研究機構から提供されたGartnerデータによると、ダブルウェイサーバーは依然として出荷量と売上高が多く、市場シェアの80%を占めている。2014年第1四半期にInspurダブルウェイサーバーの出荷量は71823台となり、売上高は2億ドルに近く中国市場1位になった。その中、ダブルウェイ製品の市場シェアは21%となり、増加速度は314%となった。「ダブルウェイサーバーを有する者は天下を取る」と言われるほど、InspurがタイムリーにE5v3製品を発表し、タイムリーに量産に入り、サーバー市場での優位を固めるため有意義な行動をとったと見なされた。