InspurはSAPと戦略的提携を結び Sybaseデータベースは天梭K1システムを全面的サポート

発表時間:2014年09月01日

8月27日に、SAP中国サミットでは、SAPとInspurは戦略的提携を結び、オンライントランザクション処理計算プランの開発と運用を共同して推進し、ユーザーのためより一層の業務革新に技術的原動力を提供する。二社は製品開発・ソリューション・マーケティング・販売など複数の分野で業務提携を行っている。今のところ、天梭K1システムはSybase ASEデータベースと両方ともシステム互換及び性能最適化を遂げた。

InspurはSAPと戦略的提携を結び Sybaseデータベースは天梭K1システムを全面的サポートする

InspurはSAPとの戦略的業務提携は国内のデータベース市場及びホスト市場へ深遠な影響を与える。天梭K1システムは中国初めての重要ホスト応用であり、既存の製品で運用されているK-UXは世界中でUnix03認証に合格した五個目のUnix制御システムであるため、両方の間の製品融合のため良好な基礎を打ち立てた。今のところ、天梭K1システムは金融・公安・交通・財税など重要な業界においてよく運用されており、猛烈な勢いで成長拡大を続ける。Sybaseデータベースは目下の市場における主流データベースソフトウエアの一つであり、世界で3万社を超えた企業はこのシステムを選び、特に金融・通信・エネルギー・交通と政治法律などの業界では優位性を持っている。

InspurはSAPと戦略的提携を結びSybaseデータベースは天梭K1システムを全面的サポートする

二社が戦略的業務提携を結んだ後、両者はオンライントランザクション処理分野での優位性を効果よく促進させることができ、重要業界における業務能力を高められる。二社が共同して提供したソリューションはユーザーのために移転条件とリスクを下げることができ、重要な業務システムが平穏で移転することを保証できる。Inspurはまた業務提携パートナーを募集し、当該システムをベースにして製品とソリューションの開発を図る。二社とも当該プランを金融・通信・政府・企業などの業務提携パートナーと顧客に推薦しようと考えている。

SAP大中華区域製品業務総経理を務めた陸大昕氏が「SAPはInspurとの業務提携を非常に重視しており、二社の業務提携によってもっと柔軟性かつ信頼性のあるオンラインリアルタイムアクセスについて研究しあい、中国のユーザーのためよりよい業務価値を作り上げる。将来、我々の業務提携はその他分野へ拡張することも望んでいる。」と述べた。

提携覚書きによって、SAP会社のESP、IQ、ASE、BO、Mobility、SQL Anywhereなどの製品も業務対象とされている。将来は、二社が共同して「製品開発と革新センター」を作り、ソリューションの開発と改善、データベースエンジニアの認証、アフターサービス技術的サポートなどを業務対象として、ユーザーのため移転などのサービスを提供することを図る。

天梭K1システムとSybaseデータベースとの融合は、K1に産業化と市場開拓の面で全面的サポートさせ、K1ECOシステムの建設に大いに役立たせている。Inspurグループの副社長を務める胡雷钧氏がこう言った。完全的な技術的ECOはK1システムがオンライントランザクション処理市場における優位性を確定する重要な保障であり、Inspurが開放的かつウインウインしたホスト産業技術ECOを建設することに専念している。今回、SAPはK1システムへの全面的サポートは、Inspur天梭K1システムと世界ホストECOシステムとの融合をより一層加速させる。